アラムシロ (ムシロガイ科)

22:55

Nassarius festivus
アラムシロ 腹面

アラムシロ 背面

アラムシロ

内地では普通種となっているアラムシロですが、沖縄ではどこにでもいるわけじゃないようです。
しかも、内地にいるのに奄美にいなくて、沖縄島に生息するという、変わり種なんだそうです。
独自の進化をとげている、いわゆる地域個体群です。
たしかに、近海産の写真と比べると、沖縄島の個体は若干様子が違うような気がしますが、
これが個体差なのかどうなのか?そのうち、新しい名前がついたりするのかな?

採集場所は沖縄島。大きさ19mm。


最近採集いってるの?と思われているかもしれませんが、
ちょっとだけは行ってます。
ただ、みなさんがコメント書きづらいようなところにしか行ってないんで、記事も書きにくい(o^皿^)
そのうち、サラッと紹介するかもね。
梅雨に入るかと思ったら、今週は雨はなさそうですね。
今年も空梅雨かな?
スポンサーサイト

キジビキフデガイ (フデガイ科)

14:06

Scabricola martini
キジビキフデガイ-腹面

キジビキフデガイ-背面

マルアラフデみたいだけど、なんか違うな~と
ずっともやもやしていた標本でしたが、とりあえずこれじゃないかということで、ラベルに名前を付けました。
近海さんの2版で新称として追加された種類です。

マルアラフデじゃないですよね。ちょっと不安です。
螺肋の溝は浅いし、外唇が薄めだし。口の中茶色だし。
淡桃色じゃないのが気になるとこではあるけれど・・・・

[追記]

マルアラフデも捨てがたいですが、いまのところキジビキフデガイ優勢となっています。
情報が乏しく、なかなか判断も難しいところですが、そんな感じです('_')


大きさ22mm。採集場所は21世紀だったような。

4月キタ-ヽ(゚∀゚)ノ

23:12

春ですね。
次の大潮は浜下り(はまうり)といって、沖縄では毎年恒例の潮干がりの時期です。
そう、ようやく昼間に潮が引くようになったということです。
やっぱ行かないとね~(^-^)

行きましたよ、干潟。
浜下り前にもかかわらず、沖にはたくさんの人が。100人ぐらいいたでしょうか。
180331KTN-003.jpg

手前は泥々で微妙な浜なんですが、沖に出ると水はとっても綺麗。
緑色の海草とその上に黄色の海藻がびっちり。
貝を探すどころか、海藻を掻き分けないと下の砂地が見えないほどびっちびち。
180331KTN-004.jpg

さらに沖へいくと、黄色い海藻に混じってところどころに茶色の海藻が!!
180331KTN-001.jpg

も、もずくだぁ!!
180331KTN-002.jpg
ホントの事言うとこの日はこれ目当てでした(o^皿^)
他の100人もみんなモズク狙いです。

ずっと中腰のまま、モズクちぎって、ちぎって、洗って、ちぎって、袋パンパンになるまでがんばったら、
腰の筋肉もパンパンに(T_T) や、やばい。病み上がりだった(T_T)

いや、大丈夫。次の日は日曜日。
1日おとなしくしてれば、なんくるないさぁ・・・・

素潜り、砂掘り、堀之内(意味なし) その4

17:44

いい加減みなさんも飽きてきたかな?
私は飽きてきました(o^皿^) 
まだまだあるんですけど、とりあえず、ここでちょっと一段落。
もうちょっとだけお付き合いください。

左&中央:ヌノメモツボとかに近いなにかかな(オニノツノガイ科)
右:コウシボリチョウジガイ ?(ホソスジチョウジガイ科)
IB1711-02-054.jpg IB1711-02-050.jpg IB1711-02-056.jpg


素潜り、砂掘り、堀之内(意味なし) その3

22:07

どんどん行きま~すヽ(゚∀゚)ノ 

不明クダマキガイ科トリオ
いきなり、一個もわかんねぇ(T_T)
IB1711-02-035.jpg IB1711-02-036.jpg IB1711-02-037.jpg