FC2ブログ


スソキレガイ (スカシガイ科)

23:13

Emarginula crassicostata
スソキレガイ-背面

スソキレガイ-横

スソキレガイ-背面02

笠状の殻に細かい格子状の彫刻が入った仕事してる感じの貝です。

格子の放射状の筋(放射肋 ほうしゃろく)の数を太いのだけ1本おきに数えると20前後になるのがこのスソキレガイです。
放射肋の本数がぐっと増えて、肋の間隔がきゅっと狭まった感じになったのはコウシスソキレ。
コウシスソキレは、殻高も1.5~2倍ぐらいになります。

大きさは10mm。採集場所は・・記録無しでした(T_T)


リュウキュウオトメガサ (スカシガイ科)

23:07

Scutus unguis
リュウキュウオトメガサ-背面
↑背面 ↓腹面
リュウキュウオトメガサ-腹面
↓横
リュウキュウオトメガサ-横

ただのオトメガサは九州までしか分布してないので、沖縄でこの形をみたら即リュウキュウオトメガサで問題なしです。
オトメガサより細長い形をしてるので、それでも判断できるかと。
しかし、この形は知らないと貝とは思えないです。

大きさは18mm。採集場所は屋我地の海岸。

オネダカサルアワビ (スカシガイ科)

17:56

Tugalina plana
オネダカサルアワビ-背面

オネダカサルアワビ-腹面

オネダカサルアワビ-横

放射状の太い筋があり、特に真ん中の1本が太く高く発達するのが特徴です。
ヒノデサルアワビという似た貝がいますが、放射状の筋の間隔が狭いので、オネダカサルアワビで間違いないかと。

大きさは12mm。採集場所は西原のビーチです。

スカシガイ (スカシガイ科)

20:48

Macroschisma sinense
スカシガイ-背面

スカシガイ-腹面

スカシガイ-横

こんな形ですが、巻貝の仲間です。大きさは1.5cmぐらい。
生きてるやつはナメクジが頭に笠を乗せてる感じ。身を守るつもりはあまりなさそうです。

この種類の仲間は主に岩場に生息しています。岩場だと身を隠す場所が多いので、あまり殻で身を守ることをしなくてすむんでしょう。

採集場所は、西原のビーチです。