ヒロウネレイシダマシ (アッキガイ科)

21:32

Cronia crassulnata
ヒロウネレイシダマシ-01

ヒロウネレイシダマシ-02

ヒロウネレイシダマシ-03

最近すっかり月刊投稿になってますね(^-^;)>
タイトル通りではあるっちゃあるんですがね。もう少し頑張らないととは思っております。

そんなわけで今月は投稿強化月間!!
さすがに毎日はあれなんであれしていただきまして、週一投稿を目指して貝の標本を久しぶりに撮影してみました。

テーマは「地味」
シリーズ第1弾にふさわしい地味っぷりですね。

名前の前や後ろにレイシダマシがついてると、見たことなくても「あぁ、地味なんだろうな~」と思わずにはいられないグループではありますが、こいつはそのなかでもトップクラス。
模様もなければ、イボイボもありません(T_T)
これよりちょっと細身のウネレイシダマシとの兄弟タッグはアッキガイ科最強じゃないでしょうか。

弟分のウネレイシダマシとよ~く似ているんですが、それよりも太丸く、名前にもあるように縦にはしるウネの幅が広くなってます。
ただ、拾う頻度は圧倒的にヒロウネのほうが少ないです。
ウネレイシは腐るほど生きたやつを見つけられますが、ヒロウネは死殻のこれ1コきり。
だからってわけじゃないですが、嫌いじゃないです。この太丸いところがなんとも。

大きさ33mm。採集場所はどっかの干潟。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. k | URL | -

    はらはちさん、buubuuさんありがとうございます
    釣具店なかなか侮れないですね
    アクセサリー作る人なんかが、釣具店に材料探しに通う人が割りといる
    っていう話聞いたことあるけど(ルアー用の羽が意外とお洒落なのが多いらしい)
    色んなお店いってみるもんですね
    危うく無駄使いするとこだった

  2. buubuu | URL | -

    ダメですよ!!

    ニスはだめですよ! 変色します。

    打上げのFD以下には、某所に書いてあるクレポリメイトを塗り込む方法が素人にはベストだと思います。

    うちのカモンもあせてきましたね~アヤメは見る影もないです。

  3. はらはち | URL | -

    k さん、こんにちは

    タカラガイ コーティングで検索したところ、
    下記リンクみたいなやり方もあるようです。参考にしてみてください。
    https://ameblo.jp/honkeyari/entry-11652410674.html


  4. k | URL | -

    はらはちさん、アキオさん貴重なアドバイスありがとうございます。
    自分は今までベビーオイルで塗って保存してましたが、
    ニスを試してみようと思います。
    今度の給料日で大容量のニス買っとこうかな。

  5. はらはち | URL | -

    アキオさん こんばんは

    むら無くきれいに塗るのは難しいでしょうしね。
    ハナビラダカラでチャレンジしてみようかな(^-^)

    今年の梅雨は、後半になってそれらしくなってきました。
    今週中はずっと雨続きです。水不足は当分大丈夫そうですね。
    梅雨が平年通りとなると、台風も期待できるんじゃないかと、勝手に想像しています。
    待ち遠しいですね~(・∀・)

  6. アキオさん | URL | Gw3Q8b32

    コーティング

    はらはちさん、今晩は。再度お邪魔致します。

    GWに行ってきた鳥羽水族館の有名な貝のコレクションでも退色はしていました。
    タカラガイにニスでコーティングする話も聞きますが、私はやったことが無いのでわかりません。
    お土産品コーナーの貝のような加工品に見えそうです。
    もちろん、好みの問題なんで、他人がとやかく言う事ではないのかもしれませんが。
     
    話題はそれますが、今年の梅雨はどうですか。
    台風が待ち遠しい季節になりましたね。

  7. はらはち | URL | EBUSheBA

    アキオさん、こんにちは

    アドバイスありがとうございます(^_^)
    退色はどうにもならないようですね~。
    とりあえず、写真には撮っておいた方がよさそう。

    透明のマニキュアとかニスを塗ってる人もいるそうですね。
    レアものタカラガイなんかは、そうしたくなるのもわかります。

  8. アキオさん | URL | h8yZTT9c

    退色する前提で

    専門家ではないので、こんなアドバイスしかできませんが、お邪魔致します。 
    タカラガイも他の貝も、生貝は自ら出す分泌物で殻の成長や補修をしています。
    このため中身が抜けた時点で退色はどうしても発生するものと、私は考えています。Wikipediaのタカラガイの項目にも紫外線の影響による褪色や脱水による色調の変化が書かれています。  
    対策① 写真で残す。これが一番ベストかもしれません。
    対策② 油類で艶を残す。(定期的に塗っても退色は防げません。)
    対策③ 定期的に状態の良い貝殻を採取してコレクションを入れ替える。

    アドバイスになりましたでしょうか??
     

  9. はらはち | URL | -

    k さん、こんばんは

    宝貝はショックですよね~(T_T)
    私の大事なアヤメダカラも色落ちしてきています(((( ;゚Д゚)))

    保存方法ですが、
    わたしはビニールパックに種類ごとに分けて入れ、それを、プラスチックの書類ケースに入れてます。
    書類ケースのガワは黒なんですが、引き出しのところは透明なので、光が入らないように黒い紙を貼ってます。
    それでもやっぱり多少は退色はしているようです。

    貝の退色は光もそうですが、貝と一緒にラベルなどの紙を入れておくのも良くないそうです。
    紙に含まれる成分が退色を早めるとかなんとか。
    それを聞いてから私はビニールパックの外側にシールを貼ってラベルにしています。

    あと、乾燥も良くないそうですが、これはもうどうしょうもないんでしょうね。
    ビニールパックでも完全には防げないでしょうし。
    真空パックにするとか?(-_-;)

    あとはもう、時の過ぎゆくままに・・・・です(-_-)

  10. k | URL | -

    はらはちさんは拾った貝の保存どうしてますか?
    自分が去年集めた貝殻(特にタカラガイ)が、暗い所に保存したにも関わらず色が
    消えてきてるのに気づいてショックうけました

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks