--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンセルタマガイ (タマガイ科)

16:29

Natica mancelli
マンセルタマガイ-腹面

マンセルタマガイ-背面

マンセルタマガイ-殻頂

今回は近海産図鑑には載ってないタマガイです。
とはいっても、特段珍しいわけではなく、最近のビーチの砂からは時々拾える程度には落ちてます。
拾った当初は謎のタマガイだったのですが、何度目かの打ち上げ報告の際に、コメントくださった方から和名を教えていただきました。

この貝の特徴は、中央にある太い色帯とその色帯の上下にある揺らめき立つような点列の模様です。
あと、巻きの中心(臍盤:さいばん)のところが褐色になるのもポイントです。
他にも特徴はあるのですが、いかんせんサンドポンプものなので退色が進んでいて、模様もボヤッとしてしまっています。
ちゃんとした標本が確認したい方は、鳥羽水族館のギャラリーを参照してください。
学名もそちらを参照しています。

和名のほうは学名をそのまま引用しているだけで、どうやら仮名らしいです。
そのうち誰かがちゃんとした名前をつけるのかな?

来そうで来ない台風にやきもきしている今日このごろですが、
先日ちょこっとだけ打ち上げ採集をして、そのあとコレクターの方に貴重な標本をいくつも見せていただきました。
お陰でモチベーションはほぼほぼMAXに。台風はともかく、次の大潮が楽しみです。

そうそう、この時いつもの海岸から持ち帰った砂から超レア物もでてきましたよ~(o^皿^)
何が出たかは次の更新までのお楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    buubuu さん、こんにちは

    外国産ですか。それも気になりますね。

    同定はもう海外サイトを回るしかないんじゃないですか。微小貝好きのひとは頑張ってネット検索してるみたいですね。


    レアもの紹介については、もうしばらくお待ちを。

  2. buubuu | URL | T6oUs7vA

    buubuu も気になります!!!

    ご近所の人口海浜で1号に拾ってもらったのが全然図鑑で見つからなくて、あの御方に聞いたら、「最近は外国から砂を買うので、実物見てもわからないかも」と言われました。

    ああ、「貝のウィキペディア」がわからないって、あとはⅠ先生に聞くしかないけど「わからん!」ってつっぱねられるんだろうな...。どうしましょ...。

  3. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんばんは

    超はちょっと言い過ぎだったかもしれませんが、レアものなのは間違いありません。
    種名の検索結果は3件。そのうち2件はうちのブログのコメント欄。こんな貝もいるよとの話のなかで出ただけですが。
    砂のお持ち帰りなので、写真撮影やら同定作業やらでご紹介までは今しばらくお待ちください。

    マンセルは雨雲ですが、臍盤の色が褐色になるので、違いははっきりしてるかなと。
    うちのぼろい標本だと、そんな疑いも出てきますが、
    鳥羽水族館のギャラリーをみると臍盤以外の違いもはっきりわかりますよ(^-^)/



  4. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    超レア物!?

    き、気になります(^^;
    早く教えて下さい!(笑)

    ところで、マンセルタマガイというのは、アマグモとはまた違うものなのでしょうか?
    ちゃんと見直さねば(^^;

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。