--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヽ(゚∀゚)ノ 山行って貝さがしてきたどーーー!!

17:48

ずっと前から公言しつつ棚上げされていた陸貝さがしをようやく実行することができました。

前にも書いた覚えがありますが、実は私、貝収集をはじめたのは陸貝からでして、
仕事がらみもあって、とある貝の先生に親しくさせてもらい、陸貝だけでなく沖縄の山歩きのイロハや楽しみ方までいろいろ教えていただきました。

今回は、その恩師への恩返しも込めて10数年ぶりではありますがその頃の記憶を頼りに陸貝探して山歩きです。

向かった場所は例によって秘密ですが、北部のとある山奥です。
20160824TN-001.jpg

ハブにバッタリなんてことにならないように、十分警戒しながら突撃です((((;゚Д゚))))

そうそう、今回は山歩きなのでニョロニョロ系や足が沢山系もでてきますので、ちょっと閲覧注意です。
苦手な方は心して開いてください。
まずは探しやすいところから。
山にいる陸貝は地面だけでなく、木の表面に付いてることも多いんです。
20160824TN-002.jpg

早速、発見!
20160824TN-003.jpg

フイリオキナワギセルです。キセルガイの仲間で、オキナワギセルの亜種にあたるそうです。
最近はスジイリオキナワギセルと呼ばれているようですが、私が習ったころはフイリオキナワギセルでした。
名前の由来は、オキナワギセルが薄い褐色なところ、フイリはその上に貝殻の巻きに沿って黒いラインが入るからです。
斑入りよりは筋入りのが正確ではありますね。
20160824TN-004.jpg20160824TN-005.jpg

特徴がわかりやすい個体です。黒いラインがはっきり見えます。
20160824TN-023.jpg 

クワズイモの葉もお好みのようで、いろいろな貝が付いています。
これは、うちの近所でもおめにかかれるオキナワウスカワマイマイ。殻が全体的に薄く、丸みがあります。
20160824TN-006.jpg20160824TN-007.jpg

樹の幹についた貝発見。その2。今度は一転、丸い貝です。
20160824TN-008.jpg

ですが、横から見ると笠のように非常に平べったい貝です。その名もオオカサマイマイ。
通常、右側の写真のように倒木の下など乾燥しにくいところにいるのですが、
今回訪れた森は木も下草もたくさんあり、湿度も比較的高い、貝にとっては住みやすい環境のせいなのか、
オオカサマイマイも木の上に付いている個体をいくつか見かけました。
20160824TN-009.jpg20160824TN-010.jpg

貝を探すには倒木の下などもチェックしないといけないのですが、そうすると当然こんなのも出てきます。
体長5cmほどのヤスデのなかま。
ホルストアマビコヤスデというようです。メタルチックな質感は、お好きな方にはたまらないのでしょうが、
私は4本以上足のある生物は認めていないので、写真を取るのも腰が引けてます。
20160824TN-011.jpg

5mmほどの白い卵塊が同じ倒木の下にありました。多分、陸貝の卵だと思います。
20160824TN-012.jpg

しばらく、森林をウロウロしていたら、見慣れない貝を木の幹に発見!!こ、これはもしや!!!!
20160824TN-013.jpg

今回の山歩きで一番のターゲットだった、キセルガイモドキを見つけてしまいましたヽ(゚∀゚)ノウヒャ~
今まで見たことがなく、ずっと見たいと思っていたやつです。
確かにキセルガイにちょっと似てますが、キセルガイは左巻きで、キセルガイモドキは右巻きです。
(右巻きは殻頂を上にした時、口が殻の右側に来ることで見分けます)
種名ですが、北部には3種類ほどのキセルガイモドキがいるそうですが、多分ウスチャイロキセルモドキじゃないかと。
20160824TN-014.jpg

これも、樹の幹に。
ちょっと自信ないですが、パンダナマイマイかな?
これもオキナワウスカワマイマイのように人里周辺の林なんかにいることが多い種類です。
20160824TN-019.jpg20160824TN-020.jpg
ちなみに、和名のパンダナはアダンのことを意味しています。アダンの属名がパンダナスというので、そこから来てるみたいですね。


樹の幹についた貝をさがしていたら、キノボリトカゲを見つけました。
警戒心が強く、近づくとすぐに木の反対側へ隠れてしまいます。遠くから望遠でなんとか。
沖縄島にいるのは亜種のオキナワキノボリトカゲというそうです。
20160824TN-015.jpg

木の葉についた貝がいました。
これもパンダナマイマイかな?と思ったのですが、殻の表面がうっすら白くなってます??
20160824TN-016.jpg

よく見ると、殻の表面に細かい毛が生えています。どうやらイトマンマイマイのようです。
これも昔はイトマン"ケ"マイマイと言っていたんですけどね。毛も生えてるし、そっちのがねぇ。
20160824TN-017.jpg20160824TN-018.jpg

黒くてでっかい貝を発見!
う~ん、これは微妙なところです。ヤンバルマイマイと言いたいところですが、シュリマイマイかな??
シュリが中南部、ヤンバルが北部に分布するとのことですが、実はどちらも沖縄北部に分布すると聞いたこともあります。
分布がわかれていれば簡単なんですが、よく似た種類で口もまだちゃんと出来てない状態だと、判別は難しいです。
20160824TN-021.jpg20160824TN-022.jpg

倒木をひっくり返したら、慌てて飛び出してきた長モノ系(((( ;゚Д゚)
一瞬飛びのきましたが、緑色の体色をみてホッとしました。
こいつは大変おとなしい蛇で、リュウキュウアオヘビといいます。、人が捕まえてもず咬んだりすることはまずありません。
写真を撮る間もしっぽを捕まえていたのですが、おとなしくしてくれていました。
20160824TN-024.jpg

こちらのが、むしろ触るのには抵抗があります。私の親指より太い、ヤンバルヤマナメクジです(((;゚Д゚)))
20160824TN-025.jpg

クワズイモの葉にベッコウガイの仲間がいくつもついてました。
左はベッコウマイマイ。右はグウドベッコウかな?
グウドのほうが小さくて半分ぐらいの大きさですが、巻きはグウドの方が多くなってます。
ベッコウマイマイは常に外套膜が殻を覆っているので、殻はツヤツヤしています。身を抜くと殻はべっこう飴のような半透明で、とてもきれい。
名前の由来もここからだと思っていたのですが、ほかのサイトをみるとべっ甲の方という意見もあるようですね。
20160824TN-026.jpg20160824TN-027.jpg


これもクワズイモの葉上にて。
1cmに満たない小さな貝ですが、よく見ると口に蓋がついています。名前はオキナワヤマキサゴです。
20160824TN-028.jpg20160824TN-029.jpg

さらに奥へ。
林床のあちこちに琉球石灰岩が露出していたり、岩がゴロゴロしてたりします。
貝にとっては絶好の環境になってまいりました(・∀・)」 蛇にとってもねw(゚ロ゚;)
20160824TN-030.jpg

これはまあ、見られるんじゃないかと思っていましたが、ちゃんと見つけられて良かったです。
ヤンバルの石灰岩地を代表する陸貝と言っても過言ではない、クンチャンケマイマイです。
20160824TN-031.jpg

オオカサマイマイに殻の形が似ますが、殻の周縁に細長い毛が生えて、薄い灰白色なのが特徴です。
20160824TN-032.jpg20160824TN-033.jpg
20160824TN-034.jpg

これも倒木の下より。
細長いフォルムと口が左巻きなのからすると、キセルガイの仲間ですね。ツヤギセルのようです。
20160824TN-035.jpg20160824TN-036.jpg

ラストです。
これもヤンバルらしい貝のひとつ、リュウキュウヤマタニシです。ヤマキサゴと同じように口に蓋がある、古いタイプの貝です。
林床にゴロンと無造作に転がっている、大胆不敵なやつです。それもそのはず殻が非常に厚くて硬く、人が踏んだぐらいでは割れません。
中南部にはオキナワヤマタニシという近縁種がいますが、こちらはそれより一回り大きくなります。
20160824TN-037.jpg20160824TN-038.jpg

以上、当ブログ初となる山歩きでした。
ヤマタカマイマイも見つけたかったのですが、今回は残念ながら見つけられず。次回のお楽しみとしたいと思います。

次回はいつになるかな~。涼しくなった頃にまた行ければと思ってます。
期待せずにお待ち下さい(^-^)



話はまったく変わりますが、みなさんシンゴジラ観ました?
私はまだ3回しか観てないのですが、まさかまだ観てない人とかいないですよね~(o^皿^)

劇場で見ないと絶対損しますよ~。ぜひご覧あれ(・∀・)/
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    F15のことかな?


    > 今、陸貝さんたちの間では、侵略者がでてきて、大東諸島のあたりでもかなりやられているとか、心配ですよね。

    上の件は初耳でした。ウズムシやヒキガエルが繁殖して、陸貝を捕食しているようですね。
    遠く離れた離島は、一旦ダメージを受けると回復は難しいですからね。
    厳しいですね~。小笠原もやばいみたいだし。外来種対策は、ホント緊急ですね。

  2. はらはち | URL | -

    しおしおのぱ~

    海貝、もうしばらくお待ち下さい。
    次回はもうちょっと塩が効いてますが、海はまだ遠くといったところです(o^皿^)

    台風でも来てくれれば、だいぶ状況も変わるんですけどね~

  3. buubuu | URL | T6oUs7vA

    実際遊びにいってるところでイーグルを見かけるのは怖いけど。映画で、本質から離れていない「守ってもらえてる」と思えたのはよかったかな。

    今、陸貝さんたちの間では、侵略者がでてきて、大東諸島のあたりでもかなりやられているとか、心配ですよね。

  4. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    しおしお

    潮不足じゃないですか?陸の貝には塩かな~
    貝盗り山あり谷あり
    より,荒波越えましょ
    あ~がじゃん
    あ~ひとでなかせ

  5. はらはち | URL | -

    しんけんパパさん、こんばんは

    陸貝はそれだけ知っていればたいしたもんだと思います。
    もし、ご興味があればお誘いしますよ(^-^)

    そんなことより、しんけんパパさんシンゴジラ見に行ってないんですか。
    自衛隊のお祭りまで行っていながら、シンゴジラを観ないなんてw(゚ロ゚;)

    今回は自衛隊とっても頑張ってます。男泣き必至です!
    自衛隊兵器でまくりですよ!(字幕で名称も表示されるほど)
    しかも、かなり忠実に描かれているようです。

    是非、お子さんにも見せてあげてください。
    ちょっと、難しいかもしれませんが。きっと、心に残る映画になると思います。
    是非、是非、観に行ってください。
    おすすめはライカムの映画館です。あそこがスクリーン大きいですね。

  6. しんけんパパ | URL | -

    山歩き良いですね。
    ヘゴの木も見えますし。
    自分も陸貝は・・・左巻き、キセル、平べったいもの以外は・・・十分ですか?
    シン・ゴジラ見ていません。
    自衛隊が街中でドンパチやりますかね?

  7. はらはち | URL | -

    buubuuさん、こんにちは

    buubuuさんは陸貝もイケますか!!
    陸貝の同定も難しいですよね~。ベッコウマイマイ系も歯が立ちません。

    おぉっ!シンゴジラ見に行きましたか!
    シンゴジラは観たあとにあーでもないこーでもないと感想言い合うのが楽しいですよね(^-^)
    対ゴジラシーンとかも最高ですよね。自衛隊が頑張ってました。
    しっぽ、やばいですね。
    続編がどうなるのか気になって仕方ないです。

  8. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんにちは

    陸貝はね~(o^皿^)
    コメントいただいただけでも、ありがたいです。

    陸貝は、ハブも怖いし、蚊も多いし。いろいろ大変です(T_T)
    貝も地味ですしね~。



  9. buubuu | URL | T6oUs7vA

    ちょうど今週、カサマイマイのところ見てます。カサマイマイ・タカカサマイマイ・オオカサマイマイを見終わったとこです。でもクンチャンケマイマイがないということは、まだまだ出てくる? 陸貝は区別しがたい! これで外国産が出てきたときにゃどうすればいいのか?!(でも海貝よりラベルが見やすい。帰宅して産地をネットで確認していると、妙に行った気分になれます)

    シンゴジ見ましたよ、河童と1号と三匹で。昔はよく試写会見に行きましたが、今回自腹です。でも「ペアでうんたら」と安かったので牛丼屋で食事して帰りました。

    河童と1号はゴジラシリーズは全作見てるし、オタクなので牛丼屋でおしゃべりが進み、しっぽの先の部分の件で話が盛り上がりました。(見てない人は絶対見る価値あるとおもいます。映像がとにかくすごい!!)

  10. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    陸貝…

    陸貝デビューですか!
    私はトンと陸貝には興味が湧かず…(苦笑
    でも、いろんな生き物に出会えるのは良いですね!

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。