アンボンクロザメ (イモガイ科)

13:09

Couns litteratus
アンボンクロザメ-腹面

アンボンクロザメ-背面

アンボンクロザメ-殻頂

大物シリーズで紹介し忘れてたあまりネタです。大物イモガイのアンボンクロザメです。

クロフモドキと似てますが、茶色(黄色?)の色帯が3本あって、殻底が灰紫色(黒っぽい)に染まる点で、見分けられるとのこと。
写真の標本は身抜きの処理を失敗して殻底の色が白っぽくなっちゃいましたが、よーく見ると黒いところも残ってます(o^皿^)>

ちなみに和名のアンボンはインドネシア東部にあるアンボン島の名前が由来らしいとのこと。
また、この島の旧称はアンボイナというそうで、あのアンボイナもこの島が由来になるんじゃないかと。

その島はきっとイモガイだらけなんでしょうね。
行ってみたいような、みたくないような。アンボイナだらけだったらと思うとちょっとあれかと。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    はるさ~ さん、こんばんは

    シュノーケリング班の人たちは持ち運び重視ですかね(^_^)

    アンボイナは軽いですが、持ち運びは別な意味で要注意ですね。

  2. はらはち | URL | -

    buubuuさん、こんにちは

    物忘れなら私もまけませんよ~
    ボケてきたんじゃないかと、ちょっと心配になるぐらいです(^_^;)

    別の事をはじめると、一つ前のことが途中だったのを忘れてしまうんです。
    今回のアンボンクロザメのネタにはじまり、まわしはじめた洗濯機、朝忘れないようにと机においておいた財布とか(T_T)。
    挙げだしたらきりがないので、この辺にしておきます。
    脳トレやりますか(o^皿^)

  3. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんにちは

    ダイミョウイモもクロフモドキも縁がありません(T_T)
    クロフモドキはともかく、ダイミョウイモはいつかきっとと思ってます。
    その日が来るんでしょうかね~。

    マングローブや河川のネタは数の少ない貝も多いし、採集の対象となりやすいので時限式にしました。
    あしからず(^_^)

  4. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    重い想い

    でかくても軽いアンボイナに1000点お願いします。

  5. buubuu | URL | T6oUs7vA

    あれ? データを見たら「ない!?」

    拾ったのと買ったのがあったハズ!? あわてて見に行きましたよ。あんな大きい物なくすのはおかしい。

    そうです、buubuu おかしい...。アンボンクロザメはあったし。しかも、3号がみあたらないので探したら、2階のトイレにいた。ドアを閉めるとき、入れ違いにはいったと思われる...気づけよぉ、もう何十分閉じ込めてたのか...。

    忘れ物得意な buubuu でした...。

  6. しんけんパパ | URL | -

    干潟記事がなくなっちゃいましたね。

    あらあら、白くなっちゃいましたね。
    柄も個体差がありますね。
    自分が持っているのは、点が太く、間隔もあらいものです。
    自分が持っているもので、クロフモドキ(これがまた大きい)の次に大きいです。
    ダイミョウガイは縁がありません(笑

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks