ウキダカラ (タカラガイ科)

15:34

Cypraea asellus
ウキダカラ-背面

ウキダカラ-腹面

ウキダカラ

成長痕がちょっと残念ですが、ツルピカです。
他のサイトとか見たらウキダカラは成長痕が出やすいようで、おおむねこんな感じでした。

種小名の asellus はラテン語で「子供のロバ」という意味があるそうです。う~ん、ロバ?
ロバのイメージといえば模様無しですが、画像検索してみると、灰色の体に黒いたてがみが背中と肩にかけて入っているようで、
そのへんのイメージから来たのかなと。あまり納得できないけど。
別の由来があるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんにちは

    なかなか拾えないですよね。私もツヤピカはこれだけです。
    しかも、シュノーケリングでした。タカラガイはやっぱり打ち上げより干潟、干潟よりシュノーケリングです!!

  3. しんけんパパ | URL | -

    これもたくさん拾えるのにツルピカは持っていません(泣
    成長痕が出るんですね。ツルピカを持っているからこそわかる情報です。

  4. はらはち | URL | -

    はるさ~ さん、こんにちは

    かわいさではカノコダカラとツートップと言っても過言ではないですよね(^-^)

    >良品になかなか巡り会えぬのも点数を上げる理由でしょうか・・・

    まったくもって、その通りだと思います。
    アマオブネガイとかも数が少なかったら、違ってみえるんでしょうね。

  5. はらはち | URL | -

    buubuu さん、こんにちは

    まったくもって、そうですなぁ(^-^)

    そちらでも比較的拾える種類ではあるんですね。でも、ウキに限らずタカラガイってどうしてこうすぐすり減っちゃうんですかね~。
    それも含めての魅力なんでしょうかね。

    貝の地域差ですかw(゚ロ゚)W なかなか面白そうですね。
    私も、オハグロガイでやってみたいな~と思いつつも、いざやるとなるとたいへんですよね。
    結局違いは特にありませんでした~なんて事になったら。それはそれで結果ではありますが、気持ち的にはとっても残念。
    buubuuさんのまわりには頼もしい師匠達がたくさんいるので、力を借りつつ是非成し遂げてください!!

  6. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    こころウキウキ

    このお姿ですから可愛いですね。
    良品になかなか巡り会えぬのも点数を上げる理由でしょうか・・・

  7. buubuu | URL | T6oUs7vA

    日本の「うき」はぴたっとくるように思いますが、「子供のロバ」はぴんときませんなぁ。

    これもたくさん拾っていますがピカは1っ個もなし。見れば全部ひろっちゃうのですが...ピカは奄美大島産を一つ、フィリピン産をたくさんいただきました。ほんとフィリピン産はぴっかピカですよ。今、貝の地域差を勉強するところですが、全然わかりやせん! なにせそんなに大量に貝をもってませんし、どうやって比べていくのか...問題が山積みです。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks