--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュウキュウタケ (タケノコガイ科)

00:11

Terebra maculata
リュウキュウタケ-腹面

リュウキュウタケ-口

大物シリーズ第2弾は148mm。タケノコガイ科最大級のリュウキュウタケです。

この標本はほぼ頂き物みたいな感じなんですが、干潟歩きでここにいるよ~と教えていただいたものです。

いただいた方には見抜き大変だよとは言われたのですが、ホント大変でした。
もちろん湯がいた程度では口からひと巻き分ぐらいしか身を抜くことが出来ず、後はもうハイター漬けの日々。
最初のうちは週1回で、後半は1~2ヶ月ごと、殻の中のハイターを捨てそこに新しいハイターを注ぎ込むという作業を繰り返すこと約1年(T_T)。
最近ようやく見抜き完了となりました。

口のギザギザはその間に欠けた部分です(T_T)
やっぱりタケノコガイの生貝は持って帰るもんじゃないと骨身に染みました。

ちなみに、種小名の maculata  は「斑点のある」という意味なんだそうです。見たまんまですね。

採集場所は中部の干潟です。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    はいさい、はるさ~ さん

    ホースの先端に取り付けるノズルが使えるのでは?会社で使ってますが、シャワーとかジェット水流とか切り替え可能で、
    かなり水圧がつよくできましたよ。外でしか使えないと思いますが。
    教えてもらった話ですが、ホースが使えるなら、水を張ったバケツのなかで水流をあてれば、飛び散らないそうです。

    なるほど乾燥させるには乾燥剤を使ってるんですね。確かにそれが効率良いでしょうね。
    あと、アルコールに漬けると水抜きできると聞いたことがあります。

    みなさん、いろいろ試行錯誤されているみたいですね。


  2. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは

    大物は置き場所に困りますね(-_-)
    スイジガイとかクモガイとかは、きっと一生持ち帰ることはなさそうです。

  3. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    RQ筍

    はいさい。家の水道の圧力がもっと欲しいはるさ~です。
    ケルヒャ~欲しいけど、中身が飛び散るかも・・・?
    身抜きは難儀しますね~。
    這い跡は長くて(速くて?)太い、行動的なのか、がちまや~なのか。

    身抜き不完全標本多数所持です。乾燥剤のお世話になってます。
    乾物屋になれるかも・・・。

  4. しんけんパパ | URL | -

    リュウキュダケですね。
    自分も立派なもの、宮古でもらいましたが、実家に送りました(笑
    自分で持っているのは10cm位の手ごろなものです。(爆

  5. はらはち | URL | -

    なおき さん、こんばんは

    生貝なんていつ又会えるか分からないですからね。身抜きのたいへんさも散々考え、葛藤の末お持ち帰りとなりました。
    でも、まさかこんなにかかるとは思いませんでした。

    おっ!来沖されるんですね。台風来ないと打ち上げは難しいかもしれませんね。
    ただ、そのせいもあってみんな腰が重くなってることでしょうから、独り占めできるんじゃないでしょうか。
    ウハウハとはいかないかもしれませんが、レアものはゲットできたらいいですね。
    私も来週あたり、川とか行こうかな~と検討中です(^-^)

  6. はらはち | URL | -

    buubuu さん、こんばんは

    ほぉ!タカラガイって土に埋めても色がおかしくなったりしないんですかw(゚ロ゚;)

    そうそうそう。うちも冷蔵庫に貝を入れるのは針のむしろ状態です。
    自然に腐らせるほうが早く身抜きできそうな気はしますが、あの臭いががまんできないんで結局ハイターなんですよね。
    ウジ~(>_<)

    音波洗浄機かぁ。試してみたいです。洗浄機+ハイターとかすごそうですね。

  7. なおき | URL | -

    スゴイ迫力!

    148ミリですか!それはホントに大物ですね。
    一年かけての身抜きは大変ですけど、でもこの貝見つけたらどうしたって持って帰りますよね。
    迫力と存在感がすごい。ほしい!
    来週また沖縄にお邪魔する予定です。もう一つくらい、台風が近くを通過して海を掻きまわしてくれるとよかったんですが・・・。

  8. buubuu | URL | T6oUs7vA

    タカラガイ以外だと土に埋めると色がうつっちゃうし、ウジを飼うのは嫌だし、ジェット水流でもなかなかとれない。凍結は解凍の仕方でひびはいっちゃうし、ましてや家庭の冷凍庫で腐りかけの貝をおいておくという暴挙はなかなかできません。(やってない、という否定ではありませんが)
    遠心分離機や、眼鏡・入れ歯の洗浄用の音波振動洗浄機なんざ、欲しくたって買えません。

    ただ日々精進!(笑)

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。