--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワカワウネボラ (オキニシ科)

22:53

Bursa granularis
イワカワウネボラ-腹面

イワカワウネボラ-背面

リーフを歩いていると死殻は比較的多く見かけるイワカワウネボラですが、
ヤドカリ使用率が高く、いつもくやしい思いをさせられてました。
打ち上げでも時々みかけはするのですが、上等なやつとなるとなかなか手にすることができず、ボロボロだったり、口がちゃんと出来てなかったりばかりでした。
まあ、イマイチパッとしない外観なので私の興味もそれほどでして、あまり気合い入れて探してなかったせいもあったのかも。
台風明けに打ち上げで見つけたのが今回紹介したやつで、オキニシ科の特徴のひとつである口の周りの滑層もちゃんとできてる手持ちはこれだけ(^_^)/
こうして、写真に撮るとそれなりによく見える不思議。

大きさ40mm。採集場所はA&W浜。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    はるさ~ さん、こんばんは

    なぜか縁のある貝ってありますね。私の場合なんだろうな~。
    なぜか縁の無い貝はたくさん思いつくんですけどね(^_^)

    たしかに、リーフに落ちてるやつは灰色で石ころみたいですね。
    そのせいもあって、持ち帰る気にならないんですよね~。
    なによりヤドカリが最大の敵には変わりないですけどね(^_^)

  2. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    どういうわけか

    この貝にはご縁があって時々お会いしてます。
    180°ごとに殻口ができるのでちっちゃくても殻口有り殻頂有り、
    又は大型のものは殻頂欠損ありますが、殻口滑層広いです。
    はらはちさんのは綺麗ですが、付着物があって殻口が下向きになっていると、
    石ころって感じです。

  3. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは

    そうなんですよね~。
    なんでか、ちゃんとしたヤツは拾えないんですよね。
    オキニシのなかでも、このイワカワウネボラは、アッキガイ科のようでもあり、
    フジツガイ科のようでもあり、イトマキボラ科のようでもありと、一見何にでも見えますが、
    口のヒダヒダがオキニシ科だぜとちゃんと主張している所がちょっと独特な雰囲気なんじゃないかなと、
    個人的には思ってます。

  4. しんけんパパ | URL | -

    拾えそうで拾えない一品です。
    自分も貧弱な物だけです。
    オキニシ独特な雰囲気イイですね。

  5. はらはち | URL | -

    buubuu さん、こんばんは

    私もそのうち、蓋付きゲットといきたいものです。

    ホネガイ、いいですね~(^_^)。
    私も漁師さんと仲良くなって深い所の貝殻もらえたらな~とか思いつつも、
    人見知りなたちなので、ほぼあきらめてはいるんですけどね(o^皿^)

  6. buubuu | URL | T6oUs7vA

    よく拾うんですけどねぇ、今まで蓋付きは採集したことがなくて、欲しかったものの一つでした。ある方からいただき、大変うれしかったです。まだいただいたときのラベルのままで buubuu のラベルにはしてませんが...。

    今回は打ち上げではまったくいいものがなかったのですが、みなべ堺漁港でホネガイとイトマキボラ(ヒメ?)などをいただきました。すぐに処理できず今冷凍室です。キンギョガイやケガイなど二枚貝が欲しかったんですけど、人が見当たらず作業中の漁師さんのお邪魔をしてしまいました。ただただ、ありがとうでした。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。