--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採集結果 20100726

17:09

8月に入りました。あまりの暑さに外に出る気がしませんが、貝の採集だけは暇を見つけて行ってます。

7月26日の採集結果です。今回も北部での採集になります。
二箇所で採集したのですが、一箇所は本部半島の横にある屋我地島、もう一箇所が辺野古の干潟海岸です。

下の写真は辺野古の海岸です。打ち上げ帯には小さな二枚貝がたくさん打ち上げられてました。
その二枚貝をかき分けながらじっくり探すと、フデガイやツクシガイ、タケノコガイの小さいやつが紛れてました。
大きめのやつは、もう少し陸側の倒木や海草がたくさん打ち上がってる所に落ちてました。
辺野古の海岸

屋我地島では時間もなかったので、お持ち帰りは一個だけ。
辺野古の方は前にも採集した場所です。

採集結果 屋我地&辺野古-0720
<画像をクリックすると大きな画像がみれます。>

暫定ですが、種名は以下のとおりです。
《屋我地島》リュウキュウオトメガサ

《辺野古》ウスキセワタキセワタガイ科の一種シチクガイ、→シチクモドキ。殻表に入る縦ジワが殻頂付近までしっかりあること、図鑑のシチクモドキは淡黄色だけど解説では暗紫色もあるとのことから、シチクモドキに訂正です。

ムラクモツクシ、コトツブ、クビキレガイ、クロヒラシイノミガイ、ニシキノキバフデ、クロオトメフデ、カザリコトツブ?、クチキレガイ科(中央付近の白く細長いやつ)、ツクシガイ科?、ゾウゲツノガイ目、不明種2個

クロヒラシイノミガイですが、模様はマダラヒラシイノミガイみたいですが、殻表面にしわがないのと、口の中のトゲトゲがガッシリしているのでとりあえず、クロヒラシイノミガイとしておきました。
クロヒラもまだら模様がでる個体があるようなので、ややこしいです。

ツノガイの仲間も似てるのが多くて、お手上げです。
写真中央付近の小さいやつも、科の判別すら怪しかったので不明種としてあります。

結果としては、初物のキセワタガイ科の一種、シチクガイ→シチクモドキ、ニシキノキバフデなんかが拾えたのでまあまあといったところです。
きれいなウミウサギやタカラガイが拾いたいところですが。なかなか難しいです。

そういえば、台風・・来ないですね。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。