--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナガシマイモ (イモガイ科)

23:10

Conus muriculatus
ナガシマイモ-腹面

ナガシマイモ-背面

ナガシマイモ-殻頂

これといった特徴がないところが、スタンダードといってもいんじゃないかというのはあくまで個人の感想ですけど、
そうするとヒラマキイモが黙っていなさそうです。

それでは、これぞイモガイというと何が適当なんだろう?ということで、試しにグーグル先生に聞いてみました。
画像検索ではやっぱり海の危険生物として名を馳せるアンボイナやタガヤサンミナシあたりが多くヒットします。
次点はなんとマガキガイ(^_^)
たしかにマガキガイといえば「イモガイと間違えそうですが・・・・」でお馴染みです。
そのあとはアンボンクロザメあたりが目につくぐらいで、他はどんぐりの背比べといった様相。

キーワードの検索件数だと、やっぱりアンボイナが5万5千件オーバーでぶっちぎりでした。
海の殺し屋アンボイナさんの名前は世界中にとどろいていることでしょうが、どうも納得できません。

近海産のイモガイ科の解説を要約すると、イモガイとは「螺塔が低く、円錐形。通常は殻が堅く、殻口は狭くて長い。殻皮を有する。模様やシワは種によって様々。」とのこと。
螺塔が低くて円錐形とくれば、やっぱりヒラマキイモ師匠が一番ピッタリくるんじゃないですかね~。
とりあえずまとまったところで、無駄話はこのぐらいに。

主役のナガシマイモですが、見た目の通り印象も薄いので、あまり拾った記憶もありません。
それほど多くはないのだと思いますが、他の奴と見間違っている可能性も否定できない。

標本の大きさ35mm。採集場所は名護のビーチ。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    buubuu さん、こんにちは

    人生初(゚□゚;)の風邪とは、さぞつらいことでしょう。
    寒い日が続きます。大事になさってください。

    猫布団の時期ですね。嬉しいけど、きついんですよね。重いし腰は痛くなるし。
    風邪の日にのられるなんて(^_^;)

  2. buubuu | URL | T6oUs7vA

    buubuu のは高知の頂き物です。kudamaki 会長のとこに出てたので「拾ってるかも」と思いつつケースをみて、やっぱ、1個しかない。案外レア物だったの? と今さらながら思います。いつもなら物置ひっかきまわすんですが、生まれて初めて風邪ひいて3日寝込んだら意気消沈。
    (あまりの息苦しさに目をさましたら、リアル猫上布団。目の前に猫の顔が...部屋に入れる元気がなくてほったらかしにしていたら、ず~と布団の上でごろごろ、せめて横に寝てくれぇ...お、重い...)

  3. はらはち | URL | -

    なおき さん、こんばんは

    みんな最初はスルーしてしまったはずです(^_^;)

    ポイントはなにより、肩の白い部分が広いところと全体的に黄色っぽいところで、
    ん?と思って手に取るかどうかにかかっているかと思います。

    そこに気づいて手にすることができれば、肩の結節も気づけるんじゃないかな~と。
    A&W浜とかヒラマキゴロゴロしてますからね。全部拾うのも大変ですし、後半はもうチラ見でスルーなんて事もあるんじゃないでしょうか。
    他の物がザクザクしてると、特にヒラマキイモあたりは視界に入りにくくなりますよね~。

    タカサゴビナも同じ理由でサツマビナと勘違いしてスルーしてる可能性ありです(((;゜Д゜)))ウワァー
    要注意です。

  4. なおき | URL | -

    私は、たとえこの貝を浜で見つけたとしても、間違いなくヒラマキイモとしてスルーしている自信がありますね。肩の部分に低い結節があるところがヒラマキとの相違点ですか?

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。