オゴクダイモ (イモガイ科)

22:55

Conus moreleti
オゴクダイモ-腹面

オゴクダイモ-背面

オゴクダイモ-殻頂

最近やたらと寒いです。今日は大潮なんだけど、あまりの寒さにテンションあがらず(´・_・`)
重い腰も結局あがりませんでした。仕方ないので、ブログの更新でも。

久々のイモガイ科はオゴクダイモ。
殻は細身で、殻頂から肩にかけてのイボイボがたくさんあり、その間が茶色くなるのが特徴です。
この標本はまだ成長途中のせいか図鑑に比べるとまだ太めのようです。殻底も少し欠けてるかも。
上等品はもっとシュッとしてて色も濃くツヤもあってかっこいいです。

オゴクダはあのオゴクダ浜のこと。名前が付けられるだけあって、オゴクダ浜では良く上がるそうです。
沖縄にも少ないですがいるようです。

大きさ26mm。採集場所は南部の海岸です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは

    返信遅くなりました(>_<)

    めっきり寒くなりましたね。
    コタツ!!良いですね~。うちの奥さんにもコタツの話を振ったら、却下されました。
    ますます、動かなくなってしまうとのこと。
    まあ、確かに。
    イザリも行きたい所ですが、寒さの壁が邪魔してます(T_T)

  2. はらはち | URL | -

    kudamaki さん、こんばんは

    オゴクダイモの掲載には、もちろんkudamakiさんのブログも参考にさせていただいたのですが、
    おっしゃるとおり雰囲気が本家と違うので、同定には一抹の不安がありました(^_^;)
    地域差なんですね~。
    和歌山県と沖縄県、これだけ離れればいろいろ違いも出てくるんでしょうね。
    北から南に標本を並べてみるのもおもしろいかも(^_^)

  3. しんけんパパ | URL | -

    寒くなりましたね。コタツを出しました( 笑
    ヒラマキイモに似ていますが、イボイボが違いますね。
    持っていません。

  4. kudamaki | URL | SFo5/nok

    こんばんは。
    本家のオゴクダイモとは、少し感じが違いますね。
    やはり暖かい所の貝と言う感じで、こちらの物より華やかな感じがします。
    こういう風に同じ貝でも、各地に物を見るのは、面白いですね。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks