--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イロアセアシヤガマ (ニシキウズガイ科)

23:29

Pseudostomatella decolorata
イロアセアシヤガマ-殻頂

イロアセアシヤガマ-殻底

イロアセアシヤガマ-横

標本紹介はかなり無沙汰していたニシキウズガイ科です。ほんと、ひさしぶり。
そういえば、最近は打ち上げでもニシキウズガイ科の初物にはお目にかかってないような気がします。
もう打ち止め?Σ(゚д゚ )サンドポンプのあるビーチにでも行ってきましょうかね。

さて、今回はもう少し無駄話を。学名の話です。
まずは、種小名のdecolorataの意味を調べようと検索したけど、ヒットせず。
しばし学名とにらめっこしていたら、ピカ~ンと閃きが!!和名がヒントとなりました。
学名を見ると文字の中にcolorの単語があるじゃないですか。その前には打ち消しや否定を意味するdeがついています。
つまり、色無し→色褪せ ということで、イロアセアシヤガマになったんじゃないかと推理してみました。
どうですかね?イイ線いってるんじゃないでしょうか。

ちなみに、この標本は撮影終了後の片づけ中、見事に真っ二つに(T_T) この写真が最後の姿です。
またコメント欄で怒られそうです(>_<)

大きさ17mm。採集場所は名護のビーチです。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    なおきさん、こんばんは

    誰もが通る道ですね(^_^)
    これで何度初物、美品をダメにしたことか(T_T)そういうやつほど、砂粒どけたくなるんですよ。

    極たまに、ネットで殻口に砂粒がつまったままの貝殻の写真をみることがありますが、
    この人は誘惑に打ち勝った心の強い人なんだと感心してしまいます。

  2. なおき | URL | -

    殻口につまっている砂粒を取ろうとして口を欠けさせてしまう失敗、皆さんもやってるんですね。
    私も大喜びで拾った上等の殻でやらかしたことがあります。もうホントに「自分のばかばか!」って感じでした。
    「洗浄あるある」、クスッと笑えますね。

  3. はらはち | URL | -

    はるさ~ さん、こんばんは

    こんばんは、うふそ~です(^_^;)

    あ~、わたしも殻口砂粒除去→撤去はかなりの確率でやってます(>_<)
    わかっているけど、取らずにはおれません。でーじふら~です。

  4. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    私は怒りませんよ(^^)
    この仲間あまり見かけないのに、手に取るとかなりの確率で割れてますね。
    ジョ~ト~拾ってや~で壊しちゃうふそ~むんやいび~が。
    私は針皇室部系微笑種の殻口砂除去中に外唇を破損。ふら~だな~。

  5. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは

    奇麗な色してますよね。
    アシヤガマやクレナイアシヤガマの色が濃すぎるせいだと思います。

    残念ですが、また拾ってきたいと思います(´;ω;`)

  6. しんけんパパ | URL | -

    色あせしていますかね?
    十分鮮やかなんですが。
    シルエットにプレミアム感あります。
    はかない運命でしたね

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。