--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ 掘~れ、掘りまくれ! 恩納村の砂お持ち帰り編 ファイナル

22:16

砂を掘り始めると、どうしても連投になってしまいますね。写真を撮って、間近で貝をみるのが楽しくて、
ついついたくさん撮ってしまいます。

ただ、楽しいのはここまで。種名の判別作業は頭がクラクラしてきます。
投げ出したくなるのをぐっとこらえて、なんとか種名をとがんばったのですが、
今回のクダマキ系については惨敗でした(´;ω;`)

手持ちの資料では歯が立ちません。海外サイトまでチェックすればもう少し成果も上がるとは思うのですが、
今回はこのへんでご勘弁を(o^皿^)

不明種ばかりのラストですが、どうぞ最後までお付き合いください。

ヒイラギシャジク (クダマキガイ科)
砂掘り結果0913SOG04-01砂掘り結果0913SOG04-02
ヒイラギシャジク に似たなにか(クダマキガイ科)         ヒシガタアラボリクチキレツブ ??(クダマキガイ科) 
砂掘り結果0913SOG04-04砂掘り結果0913SOG04-05

クダマキガイ科01                       チャスジコウシツブ(クダマキガイ科)
砂掘り結果0913SOG04-06砂掘り結果0913SOG04-07

クダマキガイ科01                 トウキビコウシツブ(クダマキガイ科)
砂掘り結果0913SOG04-08砂掘り結果0913SOG04-09

クダマキガイ科03                         Lienardia calathiscus (クダマキガイ科)
砂掘り結果0913SOG04-010砂掘り結果0913SOG04-011

ノミクダマキ(クダマキガイ科)                  ナナカドケボリクチキレツブ?(クダマキガイ科) 
砂掘り結果0913SOG04-012砂掘り結果0913SOG04-015

ヒメマンジ(クダマキガイ科)                     ちょっと細いし、色も違うけど、左と同じ?
砂掘り結果0913SOG04-014砂掘り結果0913SOG04-013

お手上げ(>_<)                       クダマキガイ科04
砂掘り結果0913SOG04-017砂掘り結果0913SOG04-018

クダマキガイ科05                   クダマキガイ科06
砂掘り結果0913SOG04-019砂掘り結果0913SOG04-020

カノコオトメフデ → イチレツカノコオトメフデ Vexillum (Pusia) goubini(Hervier, 1897)  (ツクシガイ科)
※ご指摘いただきました。ありがとうございます(´∀`)/
砂掘り結果0913SOG04-021砂掘り結果0913SOG04-022

モモイロオトメフデ(ツクシガイ科)
砂掘り結果0913SOG04-023

以上、微小貝シリーズ恩納編でした。長い間お付き合い頂きありがとうございました。
次回からはしばらく通常運転。マングローブネタとかも控えっぱなしなので、早く報告しないとと思いつつ。

台風明けの突撃もしたかったのですが、来週頑張って拾いに行ってみたいと思います。
残り物には福があるって言いますし。予定通り行けたら、そちらのほうもご報告します。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    はるさ~ さん、こんばんは

    ご指摘ありがとうございました(゚∀゚)

    やっぱり違う種類だったんですか。
    いや、良く見つけられましたね。確かに、学名検索すると同じ奴がヒットしました。
    亜種ぐらいかと思ったら、まったく別の種類なんですね。
    確かに、模様が一列なのは大きな違いですし、胎殻の色も違うみたいですね。
    となると、ただのカノコオトメフデも取りに行かないといけなくなりました。来年の夏が待ち遠しいです。

    それにしても、名前はもう少しどうにかならなかったんですかね(^_^;)

  2. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    はいさい
    微笑貝いいですよね~(^^)
    一列のカノコオトメフデはそのままイチレツカノコオトメフデです。
    Vexillum (Pusia) goubini(Hervier, 1897)
    点列一列と胎殻が大きいのが特徴で、カノコオトメフデより大きめです。
    私は各1入ってましたが↑のは美ら物ですね・・・。

  3. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんにちは

    カノコオトメフデで正解でしたか!!

    褐色の点列が1列しかなかったので自信がなかったのですが、良かったです(^_^)

    ミズゴマツボさん、タイマーズ正解!で~す(゚∀゚)よく分かりましたね~。
    世代が近いせいもあるんでしょうが、聞いてた音楽が結構かぶってますね。

    あらっ!今度の土日、貝のほうはお休みですか。
    正直言いますと、ちょっとホッとしております(o^皿^)。掘り返しのあととかあったらどうしようかとドキドキしてました。
    南部行って参ります!

  4. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    >カノコオトメフデ?

    いやー、ずばりカノコオトメフデですね!!
    垂涎モノです。見たことありません。いいなぁ~!!!
    がんばって掘り出した甲斐が(貝が?)ありましたね!
    ここの砂欲しい!!


    ところで、シリーズタイトルの由来は、「タイマーズ」ですか?
    違っていたら(何のことかわからなかったら)スミマセン^^;


    ちなみに、この週末は土日とも用事があって、どこにも(南部にも)出動できません。
    ぜひ、巡回監視してきてください(笑

  5. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは

    まさに、自然のアート(゚∀゚)ですね。
    呼んで頂けるだけでもありがたいです。
    みなさんのコメントやアクセスが、微小貝に立ち向かう勇気となっているんですよ(^_^)/

    そういえば、最近貝拾い行けてないな~(´;ω;`)
    それに、台風通過後はいきなり寒くなりましたね。
    せっかくシュノーケリングも始めたのに、来年まではお預けかな~(´・_・`)

  6. しんけんパパ | URL | -

    一種の芸術ですよね。
    残念ながら読ませてもらうばかりですが。
    ほんと大変な作業お疲れ様でした。
    ミズゴマさんの報告を見ると、南部も期待もてますね。
    報告を楽しみにしてます。

  7. はらはち | URL | -

    buubuuさん、こんばんは

    内地の貝バザー?という催し、行ってみたいです。
    貝殻とか貝砂なんかが売ってるんですよね(*゚∀゚)=3
    見て回るだけでも楽しそう!!

    buubuuさん、そろそろ沖縄の海が呼ぶ声が聞こえてきてるんじゃないですか~(^_^)
    貝砂たっぷりありまっせ~。なんぼでも、もってってや~。

  8. はらはち | URL | -

    なおき さん、こんばんは

    そお~っなんですよぉ(゚∀゚)/
    なんてったって、微小貝は写真に撮って見るのが楽しいっ!!

    ヒイラギシャジクだって写真で見ないと縦肋があるなんて気が付きませんからね。
    微小貝の砂はビーチなどの打ち上げ帯でも拾えますので、最初のハードルはとっても低いです。
    やる気さえあれば、貴方も微小貝ゲッターに!!
    是非次の機会にでもチャレンジしてみてください(^_^)

  9. buubuu | URL | T6oUs7vA

    もう何年もすくいにいってませんねぇ、貝砂。まあ、大阪では人口浜ばかりですので、海開き前や潮干狩り前の砂を入れたあと、波打ち際ぐらいしかないですが、2号が微小貝用に、黒いビロードのビーズ皿を買ってくれたのもまだ使えてないです。
    年末のバザーで「貝砂」でるかな~?

  10. なおき | URL | -

    状態の良い微小貝って、透明感と顆粒のつぶつぶ感が凄いんですね。写真に撮って、拡大して初めて見えてくる驚きの世界でした。微小貝シリーズ、私にはレベルが高いですが面白かったです。

  11. はらはち | URL | -

    buubuuさん、こんばんは

    >よく似た貝を図鑑でみて、学名でネットで検索して科名をまたコピーして画像検索して...

    あぁ、私も余裕があるとき上の作業をやるのですが、結構大変ですよね。
    家のネット環境もあまりよろしくないので、サイトを開いたり閉じたりする作業も結構疲れます(´・_・`)

    微小貝は、老眼には険しい山です。もう、メガネを頭に載せて、顔を限界まで砂に近づけながら、
    貝掘りするんですが、思わず出てしまったため息に砂が吹き飛ぶことも(T_T)。

    それでも、楽しいですよ~(^_^)いや、ほんとに
    グチばっかりですが、図鑑にも載ってないような貝が出たときは、シークレットが出た気分(^_^)
    また、どっかから砂ゲットしてこないとな~と。

  12. buubuu | URL | T6oUs7vA

    なげだしたくなる気持ちわかります。

    buubuu 頂いた宝箱のなかかには外国の貝があって、見ているうちは感激で胸いっぱいでうれしくてたまらなかったのですが、判別するのに資料が足らない...よく似た貝を図鑑でみて、学名でネットで検索して科名をまたコピーして画像検索して...でも説明文がほとんどないし、あっても英語・フランス語?・中国語? あってんのか、これ?わかりゃせんて。
    子供の御土産用・バザー用、傷や割れ、どこで線をひくのか、どれを自分のものにしてしまうのか(う~ん、全部自分のにしてしまいたい)割れているのは捨てる努力もせねば!(といいつつ捨てられない!)

    唯一よかったのは微小貝でなかったこと(笑。ご苦労様です。可愛くて綺麗で珍しいものいっぱいでうらやましいですが、老眼であきませんて)

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。