--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミカンレイシ (アッキガイ科)

18:36

Pinaxia coronata
ミカンレイシ-腹面

ミカンレイシ-背面

名前の通り、きれいなミカン色のアッキガイ科の貝です。

ミカンレイシ-バリエーション
上の写真の小さい方は、黒いしま模様があり、カスリミカンレイシ(Pinaxia coronata coronata)と呼ばれている別のタイプです。
口のなかはどちらもオレンジ色ですが、カスリミカンレイシのほうが肩のところがより角張る感じになります。
近海産図鑑では同種とされていて、そのなかで模様がないのは温帯産無斑型、黒いしま模様があるのは熱帯有斑型にタイプ分けされているようです。

それでいくと、大きい方の標本は下の方だけ黒いしま模様があるので、中間型になるのかな?。
ぱっと見これだけ違う二つのタイプが同種とされるのは、こうした中間型がいるからなのかもしれません。

大きさは、大きい方が18mm。小さい方が14mm。
採集場所はどちらもA&W浜です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    はるさ~ さん、こんにちは

    その通りです(-_-) 

    A&Wはいかなる願いもかなえてくれることでしょう(^-^)(タカラガイ除く)

    南下の勢いも止まりませんね。千葉の海もやがてサンゴ礁の海なんてことに、なったりしてw(゚ロ゚;)

  2. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    むちかさんば~

    フトコロヤタテにつづき、お会いしていないような・・・
    幸いなことに、千葉でもちらほら見かけますが美ら物はまだ・・・
    悩んだ末のA&Wでしょうか?

  3. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは

    A&Wなら、必ず上がる!!そんな気にさせてくれるA&W浜です。

    A&W浜はシュノーケリングもいつかチャレンジしてみたいですが、今回はたぶん別の場所になりそうです(^_^)

  4. しんけんパパ | URL | -

    これはまた、みかん色ですね。
    希少種みたいで、さすがA&W浜ですね。
    シュノーケリングもA&Wですか。

  5. はらはち | URL | -

    きつきつぼ さん、こんばんは

    リーフエッジのあたりをサンゴモと砂を探してあるけば、見つけられるかもしれませんね
    稀産種のようですが、がんばって探してみます(^_^)/

    今月はシュノーケリング第2弾も計画中ですので、いろいろチャレンジしてみます!!

  6. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    チャレンジ

    サンゴモや短い海藻の生えた平らな岩盤や浅い溝で、砂の被ったような場所を探すと、サンゴモと砂に埋もれた状態で見つけることが出来ます。
    チャレンジしてみてください。

  7. はらはち | URL | -

    buubuuさん、こんばんは

    確かに、どぎつくない程度のきれいなミカン色で、ほんと美味しそうですよね(^_^)

    カスリは住む場所も違ってたりするのかなと。
    殻がトゲトゲしくなるのは波当たりの強い所にいるからかもしれないし、
    模様が入るのは海藻の間とかにいるのかな~なんて想像してみたりしてます。
    そうなると餌も変わってきたりしますよね。

    案外、ただなんとなく・・・・だったりして(^_^;)

  8. buubuu | URL | T6oUs7vA

    ミカンレイシって、ガスガスで水に濡れると、ほんと「みかん」色ですよね。
    綺麗というよりおいしそうな色です。
    カスリミカンレイシはオゴクダでも採れているらしいですが、buubuu は見たことがありません。
    どんどん、変わっていって「かすり」が入るのになにか理由があるんでしょうね。
    温度? 潮? 餌? 「ただ、変わってみたかっただけ!」とか...。
    buubuu は、餌、かな...。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。