--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君は覚えているか m9っ`Д´)

23:26

覚えてないだろうな~。

いや、オハグロガイで盛り上がった話しですよ(*゚∀゚)=3
ほんとにお歯黒のオハグロガイはいるのか、いないのか!
探偵に依頼したいくらいですが、相手にしてくれるわけもないので、自分で探すしかありません。
話しが盛下がったそのあともしつこ~くオハグロ探してはブログにアップしてましたが、懲りずにまたUPします!
もういい加減、良いんじゃないのとか言わないでどうかひとつお付き合いください。

これまでも機会があれば生貝だけでなく死殻もなるべくチェックしてはいたのですが、
この前の干潟歩きでも口の白いオハグロガイばかり。
こちらは死殻ですが右の奴なんて真っ白です。左の奴はちょっと黒いかな?
オハグロガイ-死殻

オハグロガイと名が付けられたぐらいですから、それでも昔は口の周りが黒かったはずなんでしょうが、
最近はめっきり白くなってしまったようで。口の黒い個体は死殻をたま~に見るばかり。

美白でも流行ってるのでしょうか?
そういえば、人間世界でもガングロ女子高生はいまや絶滅危惧種です。
もしやオハグロガイの世界でも、ガングロ個体は消える運命なんでしょうか(´・_・`)
生貝発見!
体層のほうはかなり黒いんですが、かんじんの口の方は真っ白(゚∩゚*)
めざすは口の黒い生貝なんですが、出てくる気配がありません。
オハグロガイ-生貝-口白01

名前の良く知れた貝なので普通種かと思いきや、意外にも絶滅危惧種なんですね。生貝自体、数が少なくなってるようです。
それでも頑張って、生貝を探しました。だけどやっぱり白い個体です。
オハグロガイ-生貝-口白02

あきらめかけたその時、御大しゅりさんから手渡されたオハグロガイ、ひとつ!!
おぁああああああああああ、ガングロだぁ!!!!!!!!し、しかも、ちゃんと生きてるぅ~(*゚∀゚)=3
オハグロガイ-生貝-口黒

口の所に砂がつまってますが、よ~く見るとギザギザの蓋がのぞいています。
間違いありません。生きたガングロちゃん発~見!!

ついに、ついに、ガングロ発見できました(´;ω;`) 正確には口が黒いんですけどね。
貴重性でいったらガングロ女子に負けず劣らず。だからあえて、ガングロと呼ぶ。
ありがとうガングロ。ありがとうしゅりさん。

そして、オハグロガイ シリーズのとりあえずの完結をここに宣言したいと思います。

いや~、最初話題になったのが2012年のことでしたので、2年もかかってしまいました。
これまでの議論に参加して頂いた方々やコメントくださった方々にも遅ればせながらお礼申し上げます。
ああした議論の盛り上がりも楽しいですよね。また、別のネタで盛り上がりたいですね~。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    Buubuuさん、こんにちは

    私も前回のコメントや写真は別にまとめて保存してますよ~。貴重な資料です(^-^)

    ズバッと解決したいですね~。
    そういえば、スマホのアプリで魚の画像を送信すると種名を判別してくれるやつがあるそうですが、是非とも貝版を出して欲しいものです。
    オハグロガイとオハグロモドキなんて微妙なやつでは厳しいかもしれませんが。

    ただ、メジャーな種でもなかなか名前がでてこなくて、あれ、あれ、ほれ、あれだよとずっと言ってることしばしばなので、あったらとても便利だと思いませんか?
    この点はたくさんの方が賛同してくれるんじゃないかな~と(o^皿^)

  2. はらはち | URL | -

    OKUYAMAさん、こんにちは

    そう言えば、オハグロモドキなんて貝もいましたね。以前話題になったときもチラッと名前が出たのですが、情報がほとんどない謎の貝でした。沖縄にいるのかいないのかもよくわかりませんね。

    たしかにオハグロモドキで検索すると、口の白いオハグロガイみたいな貝がでてきますね。
    ただ、鳥羽水族館のオハグロモドキなんかは、なで肩で凸凹も少ない標本写真が載せられていたりします。
    さらに学名で検索すると、口の真っ黒いやつもヒットするので、何がなにやらです。
    謎の貝です(^_^;)

  3. buubuu | URL | T6oUs7vA

    前回のも思わずみなさんのあちこちコピっちゃいましたからね。でも納得いかず。
    まさか、DNA鑑定もできませんし...しかし、気になるものはきになる!

    御大みたいに「これは、これ!」と永年の経験をもとにズバッと答えていただけたら納得する気もあるんですが...。

    また、頭からケムリ、なんでしょうな...。

  4. OKUYAMA | URL | ImVphezs

    オハグロモドキ

    確か、オハグロモドキっていう亜種があったような。
    モドキの方は口が黒くならないっていうの特徴ですが、
    体層正面にも顕著なコブが出来、本家のオハグロガイは
    その部分がほとんどスベスベ状態っていう印象があります。
    よく見るとシルエットも微妙に違うような気がします。
    口白=ごつごつ
    口黒=スベスベ
    の法則は、かなり当てはまりませんか。

  5. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは

    こちらこそ、お休みのところ参加頂きありがとうございます(´∀`)
    潮干狩り中止はほんと残念でしたが、天気があれではしょうがないですね。
    まあ、たまには無駄話も良いのでは。
    次回こそは、潮干狩り行きましょう!次の大潮はもう梅雨もあけてることでしょう。

    環境によるのかわかりませんが、地域によってもだいぶ個性がありますよね。
    オハグロガイの死殻はあちこちあるんですが、生貝となるとなかなか見つけられないんですよ~。

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. しんけんパパ | URL | -

    昨日はありがとうございました。
    雨で潮干狩りが中止となって残念。カワラガイ狙っていたんですが。
    宮古では、オハグロガイ見たことありません。やっと拾ったと思ったらチリメンムカシタモトでした。
    沖縄島へ来たらコロコロ落ちている。でも絶滅危惧種なんですね。
    オハグロガイは個体差が大きいですね。勝連のやつはゴツイし。自分は同種とは思えませんでした。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。