--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツツミガイ (タマガイ科)

23:53

Sinum planulatum
ツツミガイ-上

ツツミガイ-下

ツツミガイ-横

ツツミガイ-巻きの感じ

この前の干潟歩きの二枚貝死殻拾いネタがいまだ整理できないため、それまでのつなぎネタをひとつ。

その干潟歩きで、まるで歩く寿司ネタのようなツツミガイの生体を見つけて驚愕したところでしたが、
せっかくなので、生貝では軟体部の中に埋もれて見ることのできなかった殻の方を紹介したいと思います。

軟体部に埋もれているだけあって、邪魔にならないように殻は非常にコンパクト。
横から見るとフリスビーのようです。
タマガイ科と言えば、丸い殻と相場が決まっているはずですが、これじゃタマガイ科とは思えませんね。
でも、考えてみたらマンジュウガイもこれに近い形してました。そう考えるとタマガイ科でも良いのか。

もちろん軟体部がこのフリスビーみたいな殻の中に収まることはないそうです。
そのくせ蓋はあるんですって。使わなくなっても、なかなかすぐに無くなるもんじゃないんですね。
図鑑によっては蓋がないと紹介されていたりしますが、非常に小さな蓋が残っているようです。

大きさ24mm。拾ったのは西表の南風見田の浜です。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. はらはち | URL | -

    きつきつぼ さん、こんにちは

    実はこの前干潟で見つけたツツミガイはお持ち帰りして標本にしたのですが、蓋らしきものをとることができました!
    25mmほどの殻にたいして、5mほどの薄茶色の蓋でした。ややくの字にまがっています。
    どこにあるのかもまったくわからなかったのですが、たまたま目についたちょっと堅い異物に気がついて、ピンセットで剥がしたら、上手く剥がせました。
    私の勘違いでないことを願ってますが、あとで写真を撮って掲示板にあげてみます。

  3. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    蓋なし

    この仲間の蓋は殻と軟体部の隙間の軟体側の隙間に張り付くように付いていますが、半透明で薄く、軟体と区別しにくいため見つけるのが難しいです。しかも、薄くて剥がすのが難しく、すぐに破ってしまいます。
    私もツツミガイは何個か採集しましたが、蓋は全部破ってしまい生貝標本ながら蓋付の標本は持っていません。
    この仲間では大型になるフクロガイが唯一蓋を取ることが出来ました。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。