--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日焼け跡と二枚貝  (潮干狩り後編)

18:56

さて、前回にひきつづき、潮干狩りです。

良い眺めですね。歩いても歩いても藻場。きっと何かいがいる!!そんな予感のする干潟です。
藻場
実際、色々出てきます!早速いきまっせ~。
潮だまりをウロウロしていたら、水中眼鏡までして貝を探していたおっちゃんがいました。
声をかけると、カゴの中にはたくさんの二枚貝が。
おっちゃんに教わって、藻場の潮だまりあたりを手でゴソゴソやると、砂からだしてる殻の先っぽが感触がいくつも。
おっチャン曰く、1つ見つけたら、その周辺にたくさんあるとのこと。確かにこれはいくらでも採れそうです。
ただし、ムール貝ほどおいしくないとは、そのおっちゃんの弁です。
種類のほうですが、写真を見る限りホソスジヒバリガイじゃないかな~と。
ホソスジヒバリガイホソスジヒバリガイ

一方こちらは誰もがみんな狙ってる貝の一つ、リュウキュウサルボウです。寿司ネタにもなる赤貝なんかも、この仲間だそうです。
酢みそであえると最高とのこと。
リュウキュウサルボウリュウキュウサルボウ

カラフルかつユーモラスな魚が泳いでいました。ハコフグのなかま、コンゴウフグです。
アバサー同様、鈍くさいので簡単に捕まえられます。なかなかするどい角を持ってますが、威圧感ゼロですね(^_^)
コンゴウフグコンゴウフグ

海草の合間を悠然と移動市中の大きな巻き貝を発見!イトマキボラです。
大きいので、目につきやすい割には、いくつも見かけました。ネットでは食用可とのことですが、みんな採らないのでしょうかね。
イトマキボライトマキボラ

大の字になって、気持ちよさそうにしているのはコブヒトデです。大きさ30cm近くあるでしょうか。
藻場の一画に、ワサワサと集まってゴロゴロしてました。
コブヒトデ

なかにはこんなやつも。 + 左は、ウルトラセブンに出てきそうです。
コブヒトデコブヒトデ

こちらも、ご教示いただいた貝です。えっ、貝?とお思いでしょうが、立派な貝なんだそうです。
色味こそ違いますが、前回のツツミガイと同じタマガイ科?とも思いましたが、これがまた、違うんだそうですよ。
こちらは、キセワタガイ科の仲間とのこと。ツツミガイと同じように、殻は背中に乗せているだけで、軟体部はいつも露出している貝です。これも砂地に離すと、砂の中に潜り込んでしまいます。
キセワタの仲間キセワタの仲間

こちらは、あとで自力でみつけた同じくキセワタガイ科の仲間。種名のほうは殻の形状を見てみないことにはなんとも。
キセワタの仲間

しゅりさんに教えてもらって見つけたのが、こちら。左がトクサバイ。そして右はカゲロウヨフバイ。
カゲロウヨフバイは「沖縄の海の貝・陸の貝」でタテヤマヨウバイとされていた種類のようです。
トクサバイカゲロウヨフバイ

きれいなエビがいました。おいしそうです。
えびの仲間えびの仲間

生きたカゴガイを発見!!私は当然知らなかったのですが、大物だそうです。もちろん私が見つけたのではありません。
白と淡い橙色のとてもきれいな貝です。
昔はこの干潟では普通に見ることができた貝なのだそうですが、埋立が始まってから大量死が確認され、
その後死殻もなかなか見つからないようになってしまったとのこと(T_T)。
カゴガイ

ちっさいオニノツノガイ科を見つけました。顆粒状の螺肋の感じはヒメコオロギに似ていますが、
図鑑の写真に比べちょっと細いかなと。う~ん、分からん(>_<)
オニノツノガイ科オニノツノガイ科

これも同じ奴かな?色違い?でも、こっちには縦肋がいくつもあるな~。やっぱり分からないです。
オニノツノガイ科

大きな石を動かしたら、白い二枚貝がいくつもいました。赤いヒラヒラがたくさんでているのはたぶん、ユキミノガイです。
ユキミノガイ

これも同じ所にいました。殻の感じはユキミノガイですが、軟体部は全く違う色です。
そして、この色のない方のやつは、殻をパフパフさせて必死に逃げ出そうとしています。
殻から押し出した水を推進力に、スイスイと移動しています。先ほどの赤い奴は微動だにしませんでした。違う種類なんでしょうか?
ユキミノガイ?ユキミノガイ?

久しぶりにハナビラダカラやキイロダカラ、ハナマルユキ以外のタカラガイを見つけました。
黒いのは軟体部です。指でつついてやると、茶色に黒線の模様が見えます。ヤナギシボリダカラですね。
タカラガイはこれぐらいしか見つけられなかったのですが、
同行された方によると、私が途中で引き返したあっちの方にヒロクチダカラとメダカラがいたとのこと(゚∩゚*)む、無念なり(´;ω;`)
ヤナギシボリダカラヤナギシボリダカラ

タカラガイを探すついでにみつけたのが、こちら。一見、軟体部をまとったタカラガイに見えなくもないですが、二枚貝です。
この二枚貝も、普段は殻を軟体部でおおっているとのこと。種類のほうは、コハクマメアゲマキかな~と。
ウロコガイ科の仲間01ウロコガイ科の仲間01

これも上の貝と同じくコロモガイ科の二枚貝です。こちらはオシャレな水玉模様。
図鑑をひっくり返してたら、同じ水玉模様の貝がいました。ベッコウマメアゲマキです。たぶんそれと同じ奴じゃないかなと。
ベッコウマメアゲマキ?ベッコウマメアゲマキ?

これも同じ石の下。オオアシヤガイでしょう。
お尻の方に蓋がついてます。打ち上げでは蓋は見れないので、記念に一枚。
オオアシヤガイオオアシヤガイ

生貝は初登場じゃなかったかな。ミノムシガイです。勝連半島ではよく拾ってましたが、生貝を見るのは初めて。
あぁ、殻頂がちゃんと残ってる!!
ミノムシガイ

ラストシェルは、リュウキュウマスオです。普通種ですかね。殻はよく見ます。
リュウキュウマスオリュウキュウマスオ

とにかく、たくさんの二枚貝をみることができました。
食べられる貝もたくさんいたので、次回は是非ともホントの潮干狩りをしたいなと思ってはいますが、
気がついたら、またレアもの探して歩いてそうなきがしないでもない(o^皿^)

ということで、今回の潮干狩りネタはこれにておしまい。
今回、私を除く他のみなさんはいずれも貝収集にかけてはスペシャリスト。
質問には必ず答えが返ってくるし、聞いたこともないような種名が次から次へと出てきます。
何語でしゃべってるのかと思うほど、会話について行けませんでしたが、聞いてるだけでも勉強になりました。
そしてなにより、そうした会話を聞いているだけでも、楽しいんですよね~。

今回は貝のいる場所や見つけ方、色々学ぶことも多かったOFF会でした。

-追伸-
干潟では、主に二枚貝を中心に、死殻もたくさん拾ってまして、そちらの報告も後ほどしたいと思います。
中でもちょろっと触れたカゴガイを初め、珍しそうな二枚貝が出てくる予定ですので、お楽しみに
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    はるさ~ さん、こんばんは

    泳いだ方が効率良いかもしれませんね。体力次第なんでしょうが(^-^;)
    今回の干潟歩きの時でも、モズク見かけました。貝採りのおっちゃんにすすめられて食べたら、ちょうど良い塩味で美味しかったです。

    カゴガイ少なくなってる見たいですね。この干潟はまだかろうじて残っているようですが、開発の魔の手は容赦なくせまっているようです。いつまで見られることやらです。
    ニッコウガイも死殻はいくつも落ちてましたが・・・・・(-_-)
    ザクザクいきたいですね~。

  2. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    暑い時は

    夏の沖縄行はといえば・・泳ぐことしか考えていませんから干潟はあまり行かないんですよ。
    でもココ、去年の春もずく獲りに行ったところに似ている。
    カゴガイはね、2005年半片×2以来見てません。居るところには居るんですね。
    ニッコウガイ類ザクザクを期待するも、ただのニッコウガイも居ませんね??
    そのうちどこかでザクザク夢見て、潮干狩りしたいです(^^)

  3. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは

    生貝はじめ、ヒトデやエビカニの種類の多さに驚きでした。とても楽しかったですよ。
    今度の満月大潮もできたら行きたいと思ってます、予定がなかったら行きましょうね~(^_^)/



  4. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんばんは

    ヒメクワノミカニモリでしたかぁΣ(゚д゚ )言われてみれば確かに。
    うちのブログでも紹介している奴でした。なぜ今回はたどり着けなかったのか(>_<)
    ご指摘ありがとうございます。

    ガイミョウガイはたくさん落ちてました!
    ただ、カワラガイは劣化した小さい奴が1つだけしか見つけられませんでした。

    今回は、私が見つけたのはほんの少しで、だいたいが一緒に行ったベテラン方からご提供いただいた奴なので、今まで見たことない(私が)ようなのもありますよ~。お楽しみに

  5. しんけんパパ | URL | -

    お~生きているものいっぱいですね。
    ミノムシガイとかすごい。
    コブヒトデ、奇形多いですね。

  6. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    ご無沙汰しております。

    >ちっさいオニノツノガイ科

    ヒメクワノミカニモリでしょうね。

    >干潟では、主に二枚貝を中心に、死殻もたくさん拾ってまして

    干潟上の死殻は、新鮮なので嬉しいですよね^^
    きっと、カワラガイやダイミョウガイがワンサカ採れているものと思います♪

  7. はらはち | URL | -

    きつきつぼ さん、こんばんは

    南西諸島にたくさんいると聞くと、俄然やる気が出てきます(^_^)/

    マメアゲマキの仲間の写真是非みたいです(゜∀゜)
    以前いただいたのは、バライロマメアゲマキ、ニッポンマメアゲマキ近似種、チチノシタタリ、マツモトウロコ近似種です。もし他にありましたら、お願い致しますm(_ _)m

    シャベルと篩ですか~(´・_・`)
    うちのシャベルは西表に持って行ったとき、そのままあちらに住み着いてしまいました(T_T)。
    しかも私、両手に2つ以上物を持つと、かならずどちらかを置いてきてしまう悪癖がありまして、シャベルだけでなく、ザル、熊手、カメラなどなど、置き忘れた物は数知れず。無事戻ってきたのは半分くらいかな。カメラを置いてきた時は、冷や汗かきました。
    ちなみに今は、カメラも熊手も紐を付けてます(`・ω・´)
    これ以上、紐付きになるのもなかなか恥ずかしいです。がんばって篩が限界ですかね~。

  8. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    マメアゲマキ

    埋もれ石の下はマメアゲマキの仲間なんかいて面白いでしょう~~
    マメアゲマキの仲間は南西諸島にたくさんの種類がいますので探してください。
    埋もれ石を捲るのにはシャベルが役立ちます。
    てこの原理で埋もれ石を捲ったり、砂に深く潜っているニッコウガイ科の貝を掘り出すのに役立ちます。
    是非次の大潮の時は持って行ってください。
    それと、ショベルで掬った砂を濾す篩も忘れずに‼
    マメアゲマキの仲間の画像たくさんあるので送りましょうか?

  9. はらはち | URL | -

    ダカラ★ さん、こんばんは

    めちゃくちゃ楽しかったです(^_^)/

    え~、秋まで遠征禁止ですか!!それは厳しいですね~(>_<)
    近場はOKということであれば良いのですが。そうじゃないと爆発してしまいそうですね。

    赤いヒラヒラのやつも、泳ぐんですね。
    私が見た時は微動だにしなかったので、こいつは泳がない奴なのかな?と思ってました。
    たしかこの貝はにヒラヒラがたくさん出てるし、かなりアクティブに動くので、
    最初みたときギョッとしますよね。血を流しながらのたうち回ってるようにも見えなくもないですし(^_^;)

  10. はらはち | URL | -

    virol さん、こんばんは

    二枚貝おいしいのもあるらしいですよ。歩いてる時は、それどころではなかったのですが(^_^;)
    タカラガイがいそうなポイントもあるようなので、次回チャレンジしてみたいと思います。

    コブヒトデ、乾燥で検索してみたら、画像がいくつかありましたよ。多少縮んでるのかな?
    ネットの乾燥されたのは漂白されていて真っ白ですが、是非色は残して欲しいです。
    プラスのコブヒトデとか乾燥させたらおもしろそうですね(^_^)良いオブジェになりそうです。

  11. はらはち | URL | -

    しゅりさん、こんばんは

    みなさん、意外とマメアゲマキ系に食いつかれますね。次回はもっと気合い入れて探してみます。

    そう言えば、6月14日の土曜日もちょうど大潮ですね~!!
    是非行きましょう!!声かけしますので、また連れて行ってください(^_^)/

  12. はらはち | URL | -

    buubuu さん、こんばんは

    コハクマメアゲマキがお気に入りでしたか!このへんはみなさん、スルーかと思ってました。
    地味ですが、カワイイですよね。

    いつかその妄想が現実になると良いですね(^_^)

  13. ダカラ★ | URL | -

    藻場

    いや〜楽しそう^ ^
    天気も良くて、広大な藻場歩きは最高ですね〜
    沖縄に行かないとこの光景は拝めませんから、羨ましくてたまりません。
    う〜〜〜ん、沖縄に行きたいなぁ〜
    最近、遠征三昧だったので…遠征禁止令が発令されまして^^;
    秋口まで出かけられません。

    赤いヒラヒラの二枚貝は、シュノーケリング中に転石裏から凄い勢いで泳ぐ奴ですね。泳ぐようすがちょっぴり気持ち悪いです(笑)

  14. virol | URL | -

    2枚貝もこうやって見ると色々あるもんですね~☆食べたら美味しそう??タカラガイ系が少なかったのは残念ですがヒログチも居てたようで面白そうなポイントですね~☆あとコブヒトデ・・オブジェにもなりそうで・・(;^_^Aこれって乾燥すると縮むのかな??プラスのが欲しいな~☆

  15. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  16. しゅり | URL | -

    転石帯に行けばよかった

    マメアゲマキ類良いですね、あっちにも行けばよかった。
    次の大潮に、また行きましょう(笑)

  17. buubuu | URL | T6oUs7vA

    ダメです、よだれたらしまくりです。コハクマメアゲマキ! これは★★★! ホソスジヒバリガイも☆!
    ユキミノガイ? You tobe で泳いでいるのを見たけど、本物見たい、いいな、いいな いいなぁ!

    当分リアル海なしの生活。エア採集で、日々妄想に走る buubuu でした

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。