砂を掘り、貝を撮る日々 - クダマキ編 -

11:11

砂掘り結果、今回はクダマキガイ編ですが完敗でした(T_T)
掲載が遅くなったのも、種名判別に苦戦したためでして、しかもこれだけ時間がかかったにもかかわらず。成果上がらず(T_T)
結局ぶん投げちゃいました。申し訳ないですが今回は不明種の行列が続きますm(_ _)m

クダマキガイはたくさんいるな~と思っていただければと。

シラサギツブ 大                       シラサギツブ 小
クダマキガイ科01クダマキガイ科02


不明種                           不明種
クダマキガイ科03クダマキガイ科05

不明種                           不明種
クダマキガイ科06クダマキガイ科04

不明種                           ハラブトコトツブ?
クダマキガイ科07クダマキガイ科08

チャスジコウシツブ → ツムガタコウシツブ                    不明種
クダマキガイ科011クダマキガイ科012

不明種                           不明種
クダマキガイ科013クダマキガイ科014

カスリコウシツブ                     不明種
クダマキガイ科015クダマキガイ科018

不明種 → ハブタエコトツブ
クダマキガイ科016

ムカドケボリクチキレツブ                キバコトツブ??
クダマキガイ科019クダマキガイ科024

不明種                           不明種
クダマキガイ科021クダマキガイ科022

不明種                           コガネフデシャジク?
クダマキガイ科025クダマキガイ科023

イトカケコシボソクチキレツブ             不明種
クダマキガイ科028クダマキガイ科020

チヂジマコウシツブ                   クロフコウシツブ?
クダマキガイ科027クダマキガイ科026

不明種                      不明種(クダマキガイ科かも怪しい)やっぱりフトコロガイ科でした。
クダマキガイ科029クダマキガイ科030

次回は、もう少し名前が書けるかと思います(゚∩゚*) 砂掘り結果の残り物一挙公開です。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんばんは

    年度末ですね~。お忙しいようで。砂掘りが、忙しい合間の息抜きですね。

    砂掘りはラベル付けまでたどり着けませんよね。同定だけで力尽きてしまいます。
    ブログにUPするという目標があるお陰で、同定までは何とかたどり着けるというか、正確にはたどりつけてはいないのですが(^_^)。手を付けることまではいけてるかな。

    たまる一方ですね。

  2. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    >クダマキ5000種!!

    ぎゃwww
    ほ、本当ですか!??!

    砂から選り分けるサイズのものは、同タイプかどうかの判別ですら厳しいのに、さらに名前を付けるとなると途方に暮れてしまいます。
    というわけで我が家でも、名無しのごんべ達が沢山、チャックポリの中にたまっていってます(笑

    ま、拾いだすこと(=新たな出会い)が楽しければいいんです。
    と、ついつい自分を甘やかしてしまいます(苦笑

  3. はらはち | URL | -

    はるさ~ さん、こんばんは

    はるさ~ さん、こんばんは。ご指摘ありがとうございます。

    これもハブタエコトツブなんですか~!もうクダマキは分けわかです(T_T)
    クダマキ5000種!!もすごい話ですね。う~ん、迷子になること間違いなしですね。

    21世紀のあれだけの砂で、これだけ種類が出るんだから、たしかに5000種も納得です。

  4. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    はいさい・真中あたりで一人ぽっちは、ハブタエコトツブだと思います。
    近海さん図鑑では?ですが、細かい波模様があります。
    ↑の画像はマモ~してわかりにくいかもしれませんが、
    wwwwwwが擦れた感じの彫刻があるので、ル~ペ等で確認してみてください。

    くだまき図鑑は私も出れば欲しいなとは思っていたんですが、5000種いると言われてますから、
    図鑑の中で迷子になっちゃいそうですよ・・・。
    パッと見の美らモノだけなら良いのですが、結構地味な種も多いですからね。

  5. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは

    袋1つで、乾燥からフルイがけ、選別、写真撮影、同定と作業は山盛。
    貝もたくさんでてきますので、暇つぶしには最高のネタですが、ハードルはなかなかに高いです。

    今回はハードルの下をくぐってしまいました(^_^;)
    眺めて、楽しんでいただければ、それで充分かと。

  6. はらはち | URL | -

    はるさ~さん、こんばんは

    泥遊び、楽しそうですね~(^_^)(たいへんそうですが)

    一番下のヤツはやっぱりフトコロガイ科でしたか~。そんな気もしてたのですが。
    最後の方は、もう頭がクラクラして、全部同じ貝に見えそうでした。

    >クダマキガイはたくさんいるな~と私も思います(^^)

    それしか、言うことがないですね(^_^;) クダマキ大図鑑とか出ないですかね~。

  7. はらはち | URL | -

    しゅり さん、こんばんは

    マモーとシローは歯が立ちませんね(^_^)
    たくさん採れたことだけでも伝わればと思います。

    昨日は、お疲れの所ありがとうございました。
    お土産おいしくいただきました。リピーターになりそうです。

  8. しんけんパパ | URL | -

    ここ数回は難しすぎてコメできません(TT)
    あの一袋の砂からこれだけの世界が・・・
    次回を楽しみにしてます。

  9. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    クダマキ作業

    おつかれさまですぅ・・・
    私も数日前より・・座間味のくだまきに手を出してしまった上に・・
    泥遊びまでしちゃって大変なことになっています・・・

    とりあえず・・一番下右は・・ノミニナ類です・・・

    クダマキガイはたくさんいるな~と私も思います(^^)

  10. しゅり | URL | -

    これは難しい!!

    色が付いてても良く判らないのに、
    マモーとシローでは全くお手上げです(笑)

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks