砂を掘り、貝を撮る日々 -白い世界-

21:57

前回にひきつづき、21世紀の森ビーチでの砂掘り結果報告です。
今回からは、いくつかをピックアップしてひとつずつグググッと寄った写真をを載せていきたいと思います。

第一弾はリソツボ科とハナゴウナ科!
もうずっと白、白、白です。

1.不明種(リソツボ科)                   2.ケボリクリムシチョウジガイ 不明種 (リソツボ科)
リソツボ科02リソツボ科03

いきなりの不明種ですが(´;ω;`)、まだまだ怪しい同定結果が続きます。
間違いなどございましたら、やさしくつっこんでいただければと。お手柔らかにねっ(╹◡╹)
3.イサカイクリムシチョウジガイ(リソツボ科)         4.不明種 オニチョウジガイ(リソツボ科)
リソツボ科04リソツボ科05

5.フタスジチョウジガイ?(リソツボ科)            6.ホソスジチョウジガイ?(リソツボ科)
リソツボ科06リソツボ科07

7.ホソウネチョウジガイ?(リソツボ科)           8.ハブタエチョウジガイ(リソツボ科)
リソツボ科08リソツボ科09

9.ガンコチョウジガイ(リソツボ科)             10.カゴメチョウジガイ 不明種 (リソツボ科)
リソツボ科010リソツボ科012

11.カワリボリチョウジガイ(口欠け) (リソツボ科)      12.クリムシチョウジガイ(リソツボ科)
リソツボ科014リソツボ科015

13.オオカゴメチョウジガイ(リソツボ科)          14.ショウクリムシチョウジガイ(リソツボ科)
リソツボ科016リソツボ科017

15.カスリモミジヒトデヤドリニナ(ハナゴウナ科)     16.クロナマコヤドリニナ?(ハナゴウナ科)
リソツボ科013リソツボ科011


最後、ギリギリまでリソツボ科だと思ってたトウガタガイ科をひとつ。
危うくリソツボ科不明種とする所でした。念のためチェックしておいて良かった(^_^;)

17.ビーズダマクチキレモドキ(トウガタガイ科)
トウガタガイ科01

ビーズダマクチキレモドキは近海産図鑑では(新称)となってます。最近和名が付いたみたいですね。
分布は沖縄とクイーンズランドのみ!!

といった感じで、リソツボ科とハナゴウナ科、ちょっとトウガタガイ科の採集結果でした。
次回はたぶんフトコロガイ科あたりかなと。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    きつきつぼさん、こんばんは

    こうして眺めてるのが一番おもしろいですよね~。
    写真に撮ると、同じ者のように見えたヤツが別種だったり、また逆もしかりで。

    図鑑に載ってないものが多いのは、確かに難儀させられますね。
    それでも、今はネットお陰で海外のサイトなども参考になるのでたすかります。
    そうして種類が分かるのも、また楽しいですし。

    おっしゃるとおりで、楽しむことが一番ですね(^_^)。

  2. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    砂を掘り、貝を撮る日々 -面白い世界-

    微小貝はわからない物だらけですが、面白い世界ですね。
    リソツボ、シャジク、キリオレ、特にトウガタガイ科なんかは図と照らし合わせるのも難しいですが、図が無いものや未記載なども沢山あって、謎の多い世貝ですね。
    めげずに楽しみましょう!!

  3. はらはち | URL | -

    はるさ~ さん、こんばんは

    ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

    ケボリクリムシはやっぱり違いますか~(T_T)。細い螺溝だけで判断したのですが、殻頂ももっとすぼまる感じですね。

    ④はオニチョウジガイなんですか!!う~ん、これはわかりませでした。
     殻の厚さとかはオニっぽいですね。

    カゴメチョウジガイは沖縄いませんでしたね(>_<)またやっちまった~。
    これはちょっと自信あったんですけどね~(T_T)さっそく直しておきます。

    リソツボ図鑑が欲しいですね~。

  4. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    虫虫虫

    並んでますね~
    蛹になる前の幼虫みたいですぅ
    このへん・・磁器や、ガラスみたいですきですよぉ
    ちょっとと思ったものは・・

    ②ケボリクリムシってもうちょい細め肉厚でちっちゃいですよ

    ④オニチョウジだと思いますぅ

    ⑩カゴメってもうちょい細めで粗いですぅ
    近海産図鑑にも書かれている通り、私も千葉・福岡で採集していますが、沖縄では未採集ですぅ
    画像の物の方がポッチャリしていますね
    なんだかわからなくてすみません・・・
    砂遊びのつづき・・楽しみにしていますぅ・・・

  5. はらはち | URL | -

    buubuu さん、こんばんは

    “殻口外唇縦張肋”は“墾田永年私財法”なみにゴロが良いことに気付きました。Σ(゚д゚ )
    必殺技として使えそう!?

    それは置いておいて、フタスジさんは間違いなさそうですか!
    ちょっと口が大きく感じたので自信がなかったのですが、やっぱりフタスジさんでよさそうですね。

    図鑑の写真とピッタリ合うと、気持ちいいですよね~。よ~く分かります。

    ミツクチキリオレは今回ほぼパスしております(๑≧౪≦)ウチニハムリ

  6. buubuu | URL | T6oUs7vA

    いや~いいですねぇ。みごとですぅ。フタスジさんも“殻口外唇縦張肋”ってのがあっているように思うんですが、どうなんしょ。
    ハナゴウナ科はちっちゃかったら区別がつかん!といわれとりますが、拡大すると、案外わかるもんなんですね。
    カワリボリチョウジガイの造形が図鑑の文章ぴったりの様子で、見ていてほんと楽し!

    ミツクチキリオレ科のぽちぽちさん達に悪戦苦闘している buubuu とはえらい違いです。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks