年末最後の貝拾いへ

08:53

今年最初の結果報告は、昨年最後の採集結果です。

暮れも押し迫った30日。
なかば強引にしんけんパパさんを誘って、拾い納めをしてきました。

まず、向かったのは南部の海岸。
しんけんパパさんのブログで速報が伝わっているかと思いますが、この日の南部は大外れ(T_T)。
貝どころか砂も持って行かれてる状態でした。

明日は大晦日なので、南部海岸から西原キラキラを回って早めに帰ろうかとたくらんでいたのですが、
う~ん、今年最後の採集としてこれはいかがなものか。
ということで、急遽、北へ向かって長距離移動となりました。向かった先はA&W浜。

誰かいるかと思ったのですが、到着すると人影はなく、貝拾いをしにきたのはどうやら私達だけのようです。
浜にはほどよくサンゴ片がたまっています。独占状態のA&W浜を二人でゆっくり採集することに。
A&W浜

さっそく色つやバッチリ、欠けもほとんどなしのほぼ完品カンムリオトメフデを早々にゲット。
気をよくして、砂を掘る手も思わず力が入ります。
カンムリオトメフデ

まあまあのムシロフデ
ムシロフデ

かなり大きめシロフタケも礫の上にゴロンと打ち上がってました。大きさ10cmちょい。
リュウキュウタケに次ぐ大型種という図鑑の記述もなるほど納得の大きさでした。
シロフタケ

そして大好物のフデガイ科。色もきれいなニクイロフデのほぼ完品。
ニクイロフデには大きいタイプのやつもいるようなので、次はそれをお願いします!
ニクイロフデ

今回のA&W浜は、全体的に表面に打ち上がっている貝しか見あたらず、礫の下から貝を掘り出すことはありませんでした。
昨日今日打ち上がったものばかりといった感じです。
この前の日の土日であらかた採集し尽くされたのかもなぁと思いつつ、次の場所へ。

次に向かったのはお馴染みの名護のビーチ。
ここは個人的に砂を持ち帰ることが第1目標。
しんけんパパさんには付き合わせてしまった結果になりましたが、ご容赦を(>_<)
ビーチの反対側にはご同業の方が一人。こちらも負けじと貝を探します。
21世紀の森ビーチ

何はさておき、まずは砂。潮も上がってきており、慌てて打ち上げ帯を物色すると、波打ち際近くに良い感じの打ち上げ帯が。
シラタマやクダマキなどなど、貝殻の白いラインができていたので、根こそぎビニールの中へ。
それでもラインの範囲はそれほど広くはなかったのでビニール半分ほどに。とりあえずこれで正月の楽しみが出来ました。
とりあえず砂

ついでに打ち上げものをと、打ち上げ帯をざっと歩いていたら、口の欠けた見慣れないタケノコガイ科を発見。
どうやら、シロイボニクタケのようです。近年新種に分類された種類とのことで、やや少なめ。
タケノコガイ科については、口が欠けようが関係なし。しっかりお持ち帰りに。
シロイボニクタケ

ここでの打ち上げ採集は、さっきのタケノコとこのイロアセアシヤガマの2個のみ。
あとは砂に賭けることに。
イロアセアシヤガマ

この日は、昼頃からギラギラと日が射してきまして、気温はグングンあがり重ね着していた上着を一枚二枚と脱ぐ程の暑さに。
最後は、Tシャツ一枚での採集となりました。さすが沖縄12月に暑いとは。
お陰で、採集中は寒風の中ガタガタ震えながら貝を拾うということはなく、穏やかな採集ができました。

ということで、採集結果は以下の通りです。

〔21世紀の森ビーチ〕 シロイボニクタケ
〔A&W浜〕 サツマビナ ベニイタダキイモ クチムラサキダカラ ムクマンジュウガイ?
シロフタケ
20131230採集結果01

〔21世紀の森ビーチ〕 イロアセアシヤガマ

〔A&W浜〕
マルフトコロ ゲンロクノシガイ アカフキジビキガイ
カンムリオトメフデ ニクイロフデ ツノイロチョウチンフデ マユフデ
ヒシヨウラク ムシロフデ コガネヤタテ? レイシボラ(殻皮付き)
20131230採集結果02

初もののシロイボニクタケも出たし、カンムリやニクイロとテンションあがる採集もあったので、満足、満足。
しんけんパパさんも、ウハウハとは行かないまでも満足されていたようなので、ホッと一安心(;-_-) =3

とっておきの砂掘り結果については、また来週にでも。なかなか楽しい収穫なりましたよ~。お楽しみに(^_^)/
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、先越された~(>_<)

    実は私も・・・・・・
    昼過ぎでしたので一番乗りではないだろうとは思いましたが、ミズゴマツボさん行ってましたか~。
    む、無念(^_^;)

    たしかに、去年はザックザクの成果はなかったですね。台風のコースが良くなかったせいなんですね。
    当分はボチボチ上がるって感じですかね~(;-_-) =3

    とっとと年度末が過ぎ去り、春が来ないですかね~。

  2. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    こちらの記事に刺激を頂いたこともあり、この土曜日にエンダ浜に出撃してみました^^;
    まぁ結果は大して・・・ (苦笑
    あわよくばシロフタケ、と思ったりしていましたが、タケノコ系は全然でした。


    >礫の下の方に貝がなかったのが気になる所です。

    多少掘りましたが、やはり全然ダメですね。
    護岸の方は全く礫がなくなってますし、貝殻を含んだ新たな礫の供給がほとんどないんだと思います。
    堆積している礫の上っ面にだけ、浜前面にある(礫より軽い)貝殻が供給されてるんでしょうね。

    とはいえ、生きてる二枚貝や、クモガイとスイジガイの生貝(幼貝ですが)も多数打ち上がっていたので、季節風に起因する波浪による攪乱→打上げはそれなりにあるようです。
    ただしそれはリーフ上(浜前面)の砂底に限定されていて、以前のようにリーフ斜面からも貝混じり礫が大量に供給されるためには、南西方向から大規模な「底うねり」が継続して入ってくる必要があるように思います。
    そのためには、本島西側を大型台風が北上するしかありません。
    去年はこれが無かったので、昨年秋以降はエンダ浜では全般的に貧相?になってしまっているものと推察します。

    ということで、エンダ浜は、台風シーズンまではあまり期待できないように思ってます。
    ただし、なにかのはずみで「奇跡の打ち上げ」はあるはずですから、やっぱり気になるには違いないのですけどね^^;

  3. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは

    いえいえ、こちらこそm(_ _)m

    ソメワケーーーーーうらやましい。

    寿星螺さんのお土産は別腹ですので、手持ちの貝と比べちゃダメです。
    眺めて楽しんでください。そして、いつかきっと自分もとモチベーションにしましょう(^-^)

    そっちメインか~い!

  4. しんけんパパ | URL | -

    こちらこそ誘ってもらってありがとうございました。
    自分もソメワケヤタテと希少種をゲットできホクホクでしたが、ジュセイラさんからの頂き物を見ると・・・
    ジュセイラさんからの頂き物を整理するのが大変でした。(整理しきれていませんが)

    自分のブログは成果報告ではなく、はらはちさんとのペアルックがメインとなってます^^

  5. はらはち | URL | -

    virol さん、こんばんは

    ボチボチってとこでしょうか。
    礫の下の方に貝がなかったのが気になる所です。これからかな~。

    スソヨツメ、狙いますか!
    椅子を蹴り飛ばすほどの勢いでスクランブルしてくださいね(^_^)

    > ちなみにオレンジシラタマは2つと読みましたが・・☆

    ふっふっふっ(*゚ー゚)どうでしょうね~。結果は見てのお楽しみ!

  6. はらはち | URL | -

    buubuu さん、こんばんは

    そうそう、クチムラサキもツヤツヤでした~。ツヤツヤの表面に男前が写ってます(^_^)

    ご依頼いただければ、次の機会にでも砂取ってきますよ。
    取るならやっぱり21世紀の森かな。西原キラキラもたくさん採れるとは思いますが、バリエーションの豊富さでは21世紀かな~。

    しんけんパパさんの報告も楽しみですね。

  7. virol | URL | -

    お疲れ様です~☆

    やっとA・Wも本領発揮ってとろでしょうか・・☆夏場から秋にかけては少し風向きも悪かったようでこの冬は楽しめそうな??サンゴ片も帰ってきてるようでいよいよって感じですね~☆次回はスソヨツメ発見の便り楽しみにしてますね☆そうなるとスクランブル発進しますので(笑)その前に砂堀り結果も楽しみですね~☆ちなみにオレンジシラタマは2つと読みましたが・・☆

  8. buubuu | URL | T6oUs7vA

    いや~、クチムラサキ、ピカピカですやん。カンムリさんもモロ好みですし。
    buubuu としては、袋の中身もすご~く興味が、いいな、酒のアテに一袋欲し!
    (しんけんパパさんとこも見とかな...)

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks