ニクタケ (タケノコガイ科)

23:40

Dimidacus cingulifera
ニクタケ-腹面

ニクタケ-背面

ニクタケ-アップ

沖縄も急に寒くなりました。そろそろイザリの季節です。
ということで、今回はイザリで見つけた貝をご紹介します。夜の干潟で見つけたニクタケです!(゚∀゚) 

ところで、ニクタケは漢字で書くとやっぱり肉筍ですかね?どの辺が肉なんでしょうか。
色が肉色だから??肉というと赤身の赤黒い色じゃないかと思うのですが。
ネットで調べてみたところ、黄色がかった淡紅色や肌色のことを肉色というそうです。
このニクタケの色も確かに肌色に近いと言えば近いかなと。それでニクタケなんでしょう。たぶん(^_^)

大きさ66mm。なかなかの大きさです。
採集場所は恩納村の干潟。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    はるさ~ さん、こんばんは

    海面から這い跡をさがすのはたいへんそうです。
    干潟を歩いていても、なかなか見つけられないのに(>_<)

    付着物がたくさん着いたやつはよく見ますね。繊細な貝ですから、殻頂もかけてしまうことはあるでしょうね。
    身抜きのことも考えると、ハードルは背丈以上の高さがある難関ですね、この貝。

  2. はるさ~ | URL | -

    作り物のような・・・

    均整のとれた綺麗なお姿でございます。
    この大きさだと這い跡が弱くて、海面から見つけにくいですぅ。
    殻頂が傷んだもの、付着物のあるものが多いように思います。
    身抜きが難しいのがこの仲間の欠点かもしれません。

  3. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは

    生貝でも、マモーしている場合がありますからね。

    イザリ行きましょう!!
    ただしですね~、年内は潮のタイミングが非常に悪いようで、ガッツリ引く時に土日にがあたらないみたいです(T_T)
    それでも、12月中頃の土曜日はいけそうなので、計画中です。声かけしますので、時間が合えばご一緒しましょう(^_^)/

  4. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんばんは

    タケノコガイ系に関しては、打ち上げはほとんど期待できないですよね(T_T)
    唯一の望みがA&Wなのかと思いますが、それでもやっぱり確率は非常に低いですね。

    イザリ、私は今年も行く気満々です(^_^)
    私も、今年の夏は結局行かなかったので、イザリでチャレンジしたいところです。

  5. しんけんパパ | URL | -

    自分はマモーして、どうにかニクタケではないかというものしか持っていません。
    口の中もツルピカそうですね。
    殻が新鮮かどうか(表現がおかしいですが)殻の内側を見ます。外側がボロでも口の内側が綺麗であれば新鮮と考えます。(特に二枚貝は)
    イザリ誘ってくださいね。

  6. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    美しい個体ですね~^^
    やっぱり、打ち上げだとこれだけの状態は無理でしょうね。
    イザリかぁ、でも夜は眠いし(爆

    来年の春以降の大潮に、行ってみようと思っています^^
    (結局今年は、行こうと思いつつ、ここの藻場へは行きませんでした^^;)

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks