南の島でウハウハスペシャル (o^皿^)!! 西表ちゃんぷるー 編

21:02

西表スペシャルもあと少し。

今回は、小ネタを集めて、一挙放出。大物は出てこないので、あしからず。

早速行ってみましょう(^-^)/
一発目は、ウコンアマガイ狙いで行った河川河口。
河口01河口02

もちろん、狙った獲物は見つかりませんでした(T_T)が、景色は最高です。
河口03
とりあえず、見つけた貝をご紹介。
まずはハナガスミカノコから。
ハナガスミカノコ01

口の方です。本島でもおなじみの貝ですね。
ハナガスミカノコ0

虎じま模様のマルアマオブネを発見!
マルアマオブネ02

口の方。
ここのマルアマオブネはまわりの石が赤いせいか、赤っぽいやつが多かったです。
マルアマオブネ01

長もの系。
久しぶりの登場は、リュウキュウウミニナです。いつもはもっと泥っぽいところや砂っぽいところで見た記憶があったので、
こ、こんなところに!と、ちょっとびっくり。
リュウキュウウミニナ01

リュウキュウウミニナの黒っぽいやつ。
リュウキュウウミニナ03

リュウキュウウミニナの色の薄いやつ。
リュウキュウウミニナ02

川の方も少し入ってみたのですが、貝を見つけること叶わず。
すぐに深くなっていて上にも行けそうになかったし、日も沈み欠けていたので、あまり粘らず終了。
河口05

つづいて、トゥドゥマリ浜にあった琉球石灰岩のゴツゴツした岩場。
ノッチ

ここで見つけたのはコンペイトウガイ。
コンペイトウガイ

トゥドゥマリ浜の帰り道で見かけた蝶々。リュウキュウアサギマダラかな?
リュウキュウアサギマダラ

さらに場所変わりまして、港の防波堤。
港

消波ブロックにつく貝を発見。
テリタマキビ01

大好物のテリタマキビでした。
テリタマキビ02

これも港の近く。干潮時に干出したデコボコした岩盤。
港近く

たくさんいたカニモリ系(ほとんどカヤノミカニモリ)のなかに、やけに黒いカニモリガイを発見。むぅ(-_-)
クチムラサキカニモリ01

口ががっつり紫色です。これは、もしかしたらクチムラサキカニモリでは!!
図鑑と違うだろ~とツッコミはいりそうですが、学名で検索すると海外サイトではこちらがでてきたりします。
とりあえず、クチムラサキカニモリということで。
クチムラサキカニモリ02

たくさんいました、カヤノミカニモリ。
カヤノミカニモリ01

口のほうです。黒いイボイボが特徴ですね。
カヤノミカニモリ02

こんなヤツもいました。
ウミニナやクワノミにしては、イボイボがはっきりしているし、オオシマにしては細すぎる?カヤノミでもないだろうし。
そうなると消去法でヒメクワノミカニモリに?大きさ3cm弱。ちょっと大きいような気もしますが・・・・・
ダテマキカニモリ?

さらにこちら。
模様の色はオオシマカニモリだけど・・・・。だいぶスリムなのがひっかかるところです。
同じように学名検索をいろいろしていると、海外サイトではこれもヒメクワノミカニモリとして紹介されていたりします。
(Cerithium zonatumこの学名で検索すると似たようなのが出てくる)
ダテマキカニモリ

〈追記〉
コメント欄にてご指摘いただきました。
上の2つはやっぱりヒメクワノミカニモリで間違いないようです。
「沖縄の海の貝陸の貝」でダテマキカニモリ(別名ヒメクワノミカニモリ)として紹介されていました。
カニモリ系は変異が激しいので、要注意ですね。

ご指摘いただきありがとうございましたm(_ _)m。


まあ、ちょっとツッコミどころ満載?かもしれませんが、覚悟はできています。バッチコーイ!です。

さあ、ついに次回は西表スペシャルの最終回!!

感動のフィナーレは打上採集結果報告で〆となります。
ついにあれの完品とか、必死に歩いて一個だけとか、成果のほうは良かったんだか悪かったんだかよく分かりませんが、
ボチボチ拾ってきましたので、お楽しみに(^-^)/
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    はるさ~ さん、こんばんは

    あら~、避けてたんですか!河口面白いですよ~(^-^)

    ここはたまたま、種類がでてませんが、いるところにはいろいろ出てきますので、河口だけでも十分楽しめると思います。
    そこにしかいない貝もたくさんいますし。マングローブがあれば、またそれで違うヤツがでてくるし。
    カニモリ、アマオブネとザクザクパレードです。オススメでーす(^-^)/!

  2. はるさ~ | URL | eqKiWYbc

    美品蟹盛

    ついつい避けてしまう河口なんですが、行ってみようかな?
    と思っています。
    カニモリパレ~ド観に、ちょっとだけね(^^)

  3. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんにちは

    いやいや、つい最近西表で拾ったやつなんです。ちょっと、期待させてしまったでしょうか。
    特別に、先行発表しちゃいますと、
    トゥドゥマリハマグリの合弁で大きいやつが拾えたという程度です(^_^)
    巻き貝系は今回の西表はどこも空振りでして、巻きフェチとしては寂しい限りでした(T_T)

  4. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    ついにあれの完品って

    いろいろ考えていたのですが、
    シロフタケに1000点!(^^)

    違うかなぁ(^^;

  5. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんばんは

    > ウコンは、沖縄本島でゲットしてくださいね(^^

    そうしたいと思います(T_T)


    黒のシマシマ。「沖縄の海の貝陸の貝」に載ってますね。ちゃんと別名ヒメクワって書いてありました。
    チェック忘れてたー(>_<)
    ご指摘ありがとうございます。

    > めっちゃ気になります!!

    それほどたいした物では(^_^;)
    前回も一応は拾ったヤツですので。明日にはUPできるかなと。

  6. はらはち | URL | -

    茜ちゃん さん、こんばんは

    リュウキュウアサギマダラの大群ですか(゚∀゚)
    すごい光景ですね。そんなに蝶が集まってくる所があるんですね。
    どっちかと言えば私も夜の蝶が・・・・

    私が行った時は、ちょうど蝶がたくさん飛んでくる?時期だったようで、虫屋と呼ばれるマニアの人も宿に泊まっていました。
    西表も集合するとこありそうですね。もちろん昼間の蝶の話しですよ(^_^)

  7. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    ウコンは、沖縄本島でゲットしてくださいね(^^


    >クチムラサキカニモリでは!!

    確かに、口がしっかり紫ですね~!
    「近海産図」と「沖縄の海の貝陸の貝」の掲載タイプとは形が違っていますが、
    自分はクチムラサキカニモリを持ってないので、何とも^^;
    口以外は、ヒメクワノミカニモリに似てますが・・・

    >消去法でヒメクワノミカニモリに?
    >模様の色はオオシマカニモリだけど・・・・

    両方とも、ヒメクワノミカニモリで良いのではないでしょうか^^
    黒白模様の個体、「沖縄の海の貝陸の貝」に同タイプが載ってますし。(ダテマキカニモリとして掲載されてますが)

    >ついにあれの完品とか、必死に歩いて一個だけとか

    めっちゃ気になります!!
    早く、続きを~!!

  8. 茜ちゃん | URL | -

    リュウキュウアサギマダラ

    お久しぶりです。
    西表島大探検の報告が続いていますね。
    <リュウキュウアサギマダラ>が居ましたね。
    一昨年、島の外れでこの蝶の大群の中に紛れ込んだ事が有ります。
    千匹か数百匹か解りませんが、幻想的な風景でした。
    世の中にはこんな所も有るんですね。
    まるで自分が妖精になったような気分。
    (実は私は蝶は大の苦手で。夜の蝶は大好きですが)
    西表島にはモット凄い所が有るかも。(^-^)

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks