リュウキュウムシロ (ムシロガイ科)

22:35

Zeuxis margaritifer
リュウキュウムシロ-腹面

リュウキュウムシロ-背面

これはさすがに間違えようがないというやつをひとつ。
心安らかにUPできそうです(;-_-) =3

リュウキュウムシロは殻表面のイボイボとカスリ模様が特徴的だし似たヤツも他にないので、
さすがの私でもこれは間違えない(`・ω・´)キリッ 
名前もおぼえやすいですし。

なにより、この渋めの模様とゴツさがなんとなくカッコイイ!大好きな貝のひとつです。
普通種のようですが、みつけると嬉しい(^_^)/

大きさ25mm。採集場所は南部の海岸。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんにちは

    > リュウキュウムシロの生息環境は、沖縄県改訂版RDBによれば、
    > 「礁池干潟の中潮帯において陸水の滲出するサンゴ礫砂泥底を生息場所とする」

    文字数の多さからも、特殊な環境にいるのが分かりますね。
    言われてみれば、私が見かけた干潟も川のあるところばかりだったように思います。

    確かに、打ち上げポイントと生息域はほとんど重ならないですね。
    なるほど納得いたしました。勉強になります。



  2. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    >なぜか分かりませんが、打ち上げではほとんど見かけない種類ですね。
    >生貝は干潟で時々見かけるかな。

    リュウキュウムシロの生息環境は、沖縄県改訂版RDBによれば、
    「礁池干潟の中潮帯において陸水の滲出するサンゴ礫砂泥底を生息場所とする」
    とある通り、かなり限定的な環境ですよね。
    こういった場所の海岸は、多くの場合「打ち上げ採集」が期待できない環境ですし、また、普通に貝拾いに行く場所(波の当たりが良く、礫が堆積しやすい海岸)には本種の生息に適した環境が無いしで、結局は打ち上げではほぼ見つからない種類になっているのだと思います。

    なので、私のような「打ち上げ採集屋さん」にとっては、かなりのレアもの感です。
    (打ち上げでは、まだ見たことないんじゃないかなぁ~^^;)

  3. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは

    リュウキュウムシロのファンは意外と多いようですね(^_^)
    なぜか分かりませんが、打ち上げではほとんど見かけない種類ですね。
    生貝は干潟で時々見かけるかな。

    ちょっと頑張りすぎたようです(^_^;)>
    今日も体力回復を図ったのですが、腰痛まで再発してしまい、今回の連休はおとなしくしていたいと思います。
    いろいろ計画してたんですけどね~(T_T)

    しんけんパパさん、がんばって行ってきてくださ~い。報告楽しみに待ってます!

  4. しんけんパパ | URL | -

    リュウキュウムシロ良いですね。
    ブツブツのいいですが、口の白い光沢も。
    持っていません。
    余りがんばり過ぎないようにしてください。
    代わりに自分が行ってきます(笑

  5. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんばんは

    リュウキュウムシロ、良いですよね~。
    たしかに、私のつたない経験からすると、どこにでもいる感じではないですね~。
    見つけても1,2個程度ですし。

    実は私も今週末は厳しいかも。背中に大量の発疹が(T_T)。
    最近体力仕事が続いたので、疲れがたまってたんですよね~。夏バテかな(>_<)
    たまったネタ記事を書きながら、体力回復に努めたいと思っております。

    ただし、土曜日の回復次第では、微小貝狙いたいところではあります。

  6. ミズゴマツボ | URL | -

    私も、リュウキュウムシロは大好きな
    種類です(^^)

    いる環境って、限られてますよね?
    見つけると嬉しい貝です(^^

    ・・・・ちなみに、この連休は、北部は行かない予定です(^^;

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks