--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東の果てのある村の海岸にて貝を拾う

11:54

今回はパイナップルの里、東村にて来ています。

集落の前の長~い砂浜。
日射しを遮るのは、時々通りかかる小さな雲だけ。ギラッギラの太陽。焼き殺す気かー(`Д´)/
東村の海
出来る限り頑張りたいと思います。それではレッツごー。
長い浜ですが、その両端に突堤があるので、どうやら浜が浸食されて砂を足してる雰囲気。
ざっと見たところ、サンドポンプものらしき二枚貝やら巻き貝がチラホラ。全体的に貝は少なめ。
ただ、なぜかノボリガイ(次の次の写真参照)だけはいくつも落ちてる。

第一貝殻発見!このへんも悩みどころですが、たぶんコベルトカニモリかな。
コベルトカニモリ

そしてこれ!なんだかわからない(;д;)
わかるのはマクラガイ科まで。ガッツリ三角斑がありつつ、口の中が黒いです。そして殻頂が高い。
ジュドウマクラには三角斑があるやつもいるそうですが、口こんなに黒くないですよね。
殻頂もこんなに高くないし。
もしかしたら、ヘドロで黒く染まったタカサゴビナもありじゃないかな~と。サツマビナではなく、あえてタカサゴ!
外唇の厚さとか、縫帯の所の細い縦線模様とか。う~んでも、こんなでかい三角斑がでるのかが疑問ではあります。
海外サイトも見て回りましたが、ギブアップ。どなたか謎解きを~
謎のマクラガイ科02謎のマクラガイ科01

いろいろご意見いただきまして、侃々諤々ありましたが、わたしの独断と偏見によりまして、
サラサマクラではないかな~ということにさせていただきました。
黒くなっているのは、やっぱり死殻があとで黒く染まったものじゃないかなと。
これだけ摩耗も激しく、着色されたとなると、判断難しい所ではあります。
簡単に不明種としてしまいたい気持ちもありますが、それではみなさんの気持ちもスッキリしないだろうということで、
エイヤァッと決めさせていただきました。
ご意見頂いた皆様には改めてお礼申し上げますm(_ _)m



さらにこちら。
左側のやつがノボリガイ。それとは似て非なるものを発見!
右側のニシキウズガイ科ですが、これまた謎の種類でして、たいへん困っております。
当初、臍孔の大きさからキヌシタダミか!と思ってたのですが、どうも様子が違うような。
穴の開き方はオヨギシタダミの方が似てるかな。でもオヨギシタダミともまた違うような。
これまたギブアップ(T_T)

こちらも、ご指摘いただきました。右の貝はどうやらヘソワゴマガイのようです。
キヌシタダミとノボリガイ謎のニシキウズとノボリガイ02


あまり見かけない貝が、ポツポツ出てくるので、ついつい長居を。
それでも二の腕あたりがジリジリしてきたところでタイムアップ。

以下採集結果です。

謎のニシキウズガイ科 ノボリガイ×2
謎のマクラガイ科 コベルトカニモリ? コベルトカニモリ カザリダマ → ハギノツユ
東村の海岸

<画像をクリックすると大きなサイズでみられます>

少数精鋭ではありますが、謎の貝やあまり見かけないコベルトなんかも拾えたので、なかなかおもしろい浜ではありました。
今度は、冬場にでも時間をかけて端から端まで歩いてみたいところです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    はるさ~ さん、こんばんは

    養浜、突堤、人工リーフの3点セットは、最近ほんと多くなりましたね。
    これがほんと見苦しいぐらい、人工的で生物臭が皆無の浜です。

    こうした整備には砂の浸食防止だけでなく、高波対策などの理由もあるようですが。

    漁港が近くにありますが、あれが出来たせいで沖からの潮の流れが変わり、
    奥の浜に砂が来なくなったんじゃないかな~と想像してます。

    名護の済井出の浜でも、養浜と突堤、護岸工事が行われましたが、あれは漁港が出来たせいで砂が流されたという話しを聞いたことがあります。

    貝拾いでは人工ビーチからも恩恵を受けている身としては、たいへん複雑な気持ちです(T_T)

  2. はるさ~ | URL | -

    はいさい

    こちらも人口リ~フが入っているんですよね。
    国頭・名護・久高島まで・・・
    流れが変わって砂が流失しちゃうんですかね?

  3. はらはち | URL | -

    茜ちゃん さん、こんばんは

    沖縄もなんとか、年寄りのしょんべんみたいな雨が降り始めました。
    台風も近づいていますが、もう少し降って欲しいところです。

    カニモリ系もかなり迷いまして、実際ほとんど自身はありませんでした(T_T)。
    近海産図鑑は必須ですが、それでも難しいのにはかわりは無いんですよね~。
    おっしゃるとおり、数を見ないと同定は難しいのでしょうね。

    今年の日射しは尋常じゃないですね。顔のシミぐらいならいいですが、熱中症には要注意ですね。

  4. 茜ちゃん | URL | -

    難しい???

    やっと史上初の渇水期間を終わりまして、毎日雨が降っております。
    台風が先島辺りで居座って居るとか。

    難しい貝ばかり見つけましたね。どう見ても同じにしか見えません。
    <XXXカニモリ>・・にはGive Up してます。 <xxイモ>も敬遠状態。
    貝採りの初年生にはレベルが高すぎます。

    貝殻図鑑も余りあてにならず。その内、東海大の「近海XXX図鑑」を買わなければ
    博物学は経験がものをいいますね。
    お互いに紫外線と熱射病には気を付けましょう。今年は危険です!

  5. はらはち | URL | -

    ■謎のマクラガイ科について■

    みなさんおご意見ありがとうございました。

    みなさんの意見を拝見した限りでは、タカサゴビナはとりあえず、外しておいた方が良さそうですね(>_<)

    問題は、クチグロマクラかサラサマクラかと言うところですが、
    この二つにしぼっていろいろ検索かけてみたら、サラサマクラも大きめ三角斑があるし、クチグロマクラはないかとおもったら、これも三角斑らしきものがあって、擦れたらはっきり見えるのかな?という標本が紹介されていました。

    ぶっちゃけどちらとも判断つきかねたのですが、とりあえず、わたしの独断では、あの黒い色は後で着色されたものと判断しており、白系も有りじゃないかと考えてます。
    決め手は、http://www.femorale.com で紹介されていたサラサマクラ。外唇の上端から縫合にかけての雰囲気や殻頂あたりの模様の感じ、色帯の出方などからサラサマクラじゃないかということにしたいと思います。

    細かなご指摘をいただきたいへん感謝しております。改めてお礼申し上げます。
    次こそ、みなさんがあっと驚くレアものをご報告したいと思います。

  6. はらはち | URL | -

    おーちゃん さん、こんばんは

    マクラガイ科もなかなか難しいグループですね(T_T)毎回こんなこと言ってるような気がしますが(^_^;)>
    私も、この黒い色はあとで着いた色のような気がします。
    ホンサラサマクラはなかなか良いヒントになりました。ご意見ありがとうございました。

    キサゴの身の抜き方ですが、わたしもオススメはリキシマンさんのやり方がいいのかなと。面倒な時はハイター漬けで長期間放置とかもっと乱暴なことしたりもしますが(^_^;)
    身を腐らせるときは腐った汁が殻に付かないようにした方が良いみたい。殻が変色したことがあります。

  7. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボさん、こんばんは


    私はこの辺を通ったのも久しぶりだったので、工事があったのも知らなかったのですが、
    グーグルマップの写真でみると工事やってたみたいですね。私が行ったときには工事は終わってたようです。
    タカサゴいいな~。
    サツマビナがあまりにも多いので、見落としてる可能性も高いでしょうね。いつ拾える事やら。
    でも、ミズゴマツボさんが拾われているなら、ちょっと希望もでてきました。

  8. はらはち | URL | -

    リキシマンさん、こんばんは。

    ご意見ありがとうございました。

    ほんと暑いですね~。今年の夏はちょっとおかしいです。
    入道雲がわき出したのも今年は8月に入ってからでした。雨も降らなきゃ、台風すら発生しないですからね~。どうなってるのやら。
    タカサゴ、狙ってるんですがなかなか。採集情報もあるようですので、いつかきっと!

  9. はらはち | URL | -

    fts5272さん、こんばんは。

    ご意見ありがとうございました。
    ヘソワゴマガイ、私がこれまで持っているのは臍孔の周りが薄く赤くなり、盛り上がっていて、もっと小ジワが細かく入るものばかりでしたので。
    ところが、いろいろ他の標本写真を検索してみたら同じような臍孔のヤツもヘソワゴマとして紹介されていたりしました。上面は疑うことなくヘソワゴマなので、ヘソワゴマガイになりそうです。

    タマガイもおっしゃるとおりハギノツユですね(>_<)ご指摘ありがとうございます。
    私も今年海中での採集を計画中ですが、心配なのがクラゲです。猛攻とかシャレになりませんね。そんなにクラゲ出るんですね(((;゜Д゜)))
    秋になる前に行かないと~。

  10. しんけんパパ | URL | -

    今週は雨予報だったのに、今日も晴れそうですね。
    今は、子供の宿題が我が家の課題でして、自由研究をやり直し中です(T_T)
    がんばれ、嫁さん!(他人事)
    マクラガイはさておき(話に参加できません(笑))、カザリダ、ツルピカで良いですね。ツルピカ大好きです!

  11. リキシマン | URL | WuNSV72g

    困りましたな。

    fts5272様
    なんとほぼ同じタイミングで私が異なった見方を出しちゃった、ということみたいですね。
    確かにサラサは白が基調といえばそのとおりですね。
    ただ、大小の三角形がマチマチに接続しながら同じ方向に並ぶ・・・まさにサラサガイと同じパターンですが、これがサラサマクラには個体により顕著なことがある。逆にクチグロマクラではそのようなタイプは私は未見です。
    螺塔が少々”convex"な高まり方をするのもサラサの方ではないでしょうか。
    「口内が黒い」とはらはちさんが指摘されてますが、これはどうも本来の黒色ではないのでは?
    そんなことから私の都合の良いように判断したのですが、どうでしょうかネ。
    まあ、はらはちさん、参考にしてもらえるやろか。

    おーちゃんさん、もう腐りかけのキサゴですな。私だったら不透明なプラケースか何かに入れて、1日外に置いときます。この暑さでドロドロに・・・あとは水でジャジャっと・・・乱暴かな。

  12. おーちゃん | URL | dhc065uE

     こんばんは。お久しぶりです。
     こんなにややこしいのは、私のような素人には手に負えないです。でも、確かに仰るように口中は黒い色が沈着したように見えなくもないですね。ネットで検索して、素人目ではホンサラサマクラの模様が一番近い気がしました。だから、リキシマンさんのサラサマクラはありそうだと思いました。こんなど素人の一票は、なんの足しにもなりませんが。
     ところで、キサゴの身の抜き方を教えてください。痛んでると思うので、ゆでる方法以外がいいのですが。先日片男波で打ち上がっていた中から、あまり見かけない感じのを3つほど拾ってきたもので。お願いします。
     

  13. fts5272 | URL | -

    リキシマン様

    タカサゴビナはサツマビナですからもっと太く、縫合の下にキール状のスジが出ます。基本白っぽい種で擦れてどこまで行っても白っぽいのではないでしょうか。
    サラサマクラも基本白っぽく前種と同じようになると思いますし、三角斑は小さくないでしょうか? 縫合下の大斑も見えません。

    あとは、はらはちさんの判断です。
    どうします。

  14. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    そういえばタカサゴ

    東村ですか! 名護より遠い~^^;
    ここって、ずっと、護岸工事してたところです?
    サンドポンプ砂を入れてるなぁ~と思いつつ、まだ降りたことがありません。
    (ドライブがてら通りかかった時には、工事中でフェンスがあって降りれませんでした)


    そういえば、たぶん今年の前半だったと思いますが、
    エンダ浜で念願の「タカサゴビナ」、1個だけ拾いましたよ^^


  15. リキシマン | URL | WuNSV72g

    タカサゴビナ?

    はらはちさん、
    ゴブサタ、あんまり暑いんで雲隠れ決め込んでましたが、ようやく沖縄の海がかき回されるシーズンになって来たんでちょっと覗かせていただきました。
    このマクラは、残念ですが行き着くところは結局サラサマクラじゃないでしょうか。口の中が黒い?それも本来の特徴というより、打ちあがるまでの時間の中でどうかなっちゃったんじゃ?外形や色斑はサラサに合います。
    打ちあがるマクラの大半は、サツマビナ、クチグロマクラ、サラサマクラ、そしてジュドウマクラ、このどれかに落ち着くことが多いようです。そのうちにタカサゴがアップされることを期待していますよ。

  16. fts5272 | URL | -

    はらはち様

    マクラですが写真ではよくわからないのですが大きなクチグロマクラではないでしょうか?特徴的な三角斑と口中の黒さが決め手?体層か次体層にキズが無いでしょうか。途中から変な成長してませんか?
    ニシキウズはヘソワゴマガイ、タマガイはよく見えないですがハギノツユだと思いますが。

    明日は採集に行ってきます。なんと3週連続で週末スキンブ採集です。体力が限界です。先週はクラゲの猛攻に会い大変でした。なんとムヒアルファEXが1週間でなくなりました。自己新記録です。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。