ヒラマキイモ (イモガイ科)

21:58

Conus planorbis
ヒラマキイモ01-腹面

ヒラマキイモ01-背面

ヒラマキイモ01-殻頂

場所によってはザクザク打ち上がるいたって普通の種類です。
私のなかだけの話しですが、これがスタンダードなイモガイということになってます。なんとなく、そんな気が。

さてこのヒラマキイモ、模様にバリエーションがありまして、
上の個体は薄茶色のべた塗りですが、下の個体はうっすら白帯が入ります。
ヒラマキイモ02-腹面

ヒラマキイモ02-背面

さらに、こちらは小型ながら色濃いめの個体。
ヒラマキイモ03-腹面

ヒラマキイモ03-背面

さらにさらに、色のバリエーションはとどまるところを知らず、
 ↓ 白地に焦げ茶色のまだら模様(逆かも)が入ると、サラサミナシモドキという名前まである別タイプのヒラマキイモになります。
一番上の普通のヒラマキイモと下のサラサミナシモドキはだいぶ雰囲気が違いますが、両タイプの中間型やさらにその間のタイプなど徐々に変化し、様々なバリエーションとなるようです。
サラサミナシモドキ

サラサミナシモドキのほうはまだボロカスの個体1個のみなので、ちゃんとしたヤツを手に入れたらまた紹介したいと思います。

ちなみに、ヒラマキイモの学名の planorbis は、ラテン語で planus (平たい)と orbis (円形)を合わせたものだそうです。
殻頂のことかな。

大きさは上から34mm、33mm、29mm。最後のサラサミナシモドキもたぶん30mmぐらいかな。
採集場所はA&W浜。

A&W浜は先日も行ってきたばかりですが、やっぱりザクザク落ちてました(^_^)/
梅雨もあけたし、そろそろ川や海へとくり出したいところですが、
最近は移動と2時間程度の貝拾いだけで腰がバキバキ(T_T)。みなさんのように弾丸ツアーは無理だと悟りました。
地元の利を生かして、コツコツ稼いでいくしかないなと(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは

    保管スペースが限られている者にとって、適当な大きさって大事ですよね。

    渦の模様というと、殻頂の渦の所ですよね。
    渦の模様も種によって特徴がありますね。図鑑にも是非その辺を載せて欲しいところです。

    殻頂の高さも同定をする際のポイントではあるんですが、ヒラマキの場合、ビカリヤさんへの返信で紹介したリンク先を見るとわかるように、結構殻頂が高かったり、低かったりはあるみたいです。
    和名とは違う特徴になってしまうんですけどね~。

  2. しんけんパパ | URL | -

    宮古でもザクザクではありませんが、たまに見ました。
    光沢があり、適当な大きさなので好きです。
    自分的には、渦の模様も特徴のような気がします。(自分のは白黒のメリハリがあります)
    ヒラマキイモも地域なのか個体差が大きいみたいですね。
    2番目のもヒラマキイモにしてはとんがりが高いですね。

  3. はらはち | URL | -

    ビカリヤさん、こんばんは。

    はじめまして。コメントありがとうございます。

    ヒラマキイモがよくわからないとのことですが、大丈夫です。
    私もよくわかってませんから(^_^;)>

    ヒラマキとサラサミナシモドキはとにかく中間型がいるようなので、きちんとした線引きは出来ないような気がします。こっちはヒラマキに近いタイプ、こっちはサラサミナシモドキに近いタイプといったふうに分けるしかないのかなと。

    こちらのサイトにヒラマキイモからサラサミナシモドキへの変化っぷりが紹介されてます。参考にどうぞ。
    http://www.kanpira.com/iriomote_museum/shell/hiramakiimo-sarasaminashimodoki.htm

    そして、ユキゲイモとスジヒラマキ。確かにこれはやっかいですね。
    スジヒラマキと思えるやつは拾ったことがないので、スジヒラマキについては、私も近海産以上の事は言えません。ごめんなさい。とりあえず近海産図鑑で書かれているように口の中が真っ白でなければ、ヒラマキイモ(サラサミナシモドキ)にしています。

    ユキゲイモについては、ヒラマキイモがかなり二等辺三角形な形をしているのに対し、やや膨らみのある二等辺三角形って感じになるかなと個人的な感想です。
    ほんとはユキゲイモも一緒に紹介したかったのですが、地雷を踏みそうで引っ込めてしまいました(T_T)
    ヘタレでスイマセン。

    ヒラマキイモのバリエーションの違いなんかもお見せしたかったのですが、
    手持ちのヤツは結構似たり寄ったりが多く、ブログで紹介したヤツで今のところ精一杯(T_T)
    また、違うタイプ、そしてちゃんとしたサラサミナシモドキが拾えたらリクエストにもお答えしたいと思います。

  4. はらはち | URL | -

    virol さん、こんばんは。

    ジャイアントコーンはうまいこと言いますね。確かにそんな感じです。

    ナルト!来てますね~。そちらの海もにぎわしそうですね。
    だがしかし、私は土日仕事が入りそうです(T_T)。
    何とか調整出来ないか検討中。行けるか微妙な所ですが、まだ希望は捨てておりません。

    先日のA&Wはザクッくらいかな。

    沖縄までの道ですか(^_^)
    私も、内地までトンネル掘ってくれないかなと思います。
    リニアのトンネルをどーんと、ひとつ。

  5. virol | URL | -

    いいな~☆

    A&Wではよく見かけるイモガイでジャイアントコーンのような容姿が好きですね~☆そうそうナルトが来てますよ~(→o←)ゞこの土日は日柄的にも美味しい??先日もザクザクとの事で・・道が繋がってたら行くのにな~σ(^_^;)

  6. ビカリヤ | URL | -

    いつも楽しく拝見させていただいています。
    こちらにコメントするのは初めてですが、よろしくお願いしますね。

    このイモガイ、串本でも拾えるのですが、バリエーションがあって私には良くわからないです・・
    スジヒラマキとかサラサミナシモドキ、ユキゲイモ・・近海産図しかないので鑑定不能に陥っています。
    ただのカラーパターンよる違いだけなんでしょうか。
    こちらでも、少ないですがサラサミナシモドキといわれる個体は拾ったことがあります。
    そちらではポピュラーな貝だと思いますが、いろんなバリエーションが見てみたいです・・・初投稿なのにリクエストしちゃった・・・許してね。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks