--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩場で貝探し GW編

23:37

今回の貝探しは岩場、転石帯と海岸沿いのゴツゴツしたところです。
場所は北部のどこかとだけ言っておきましょう。いつくかの海岸をはしごして貝を探しました。

まずはこちらから。海岸は切り立った崖。フリークライミングにいそしむ人達がいるような所です。
まだ満潮間近なので歩くところはほとんどありませんが、それでもがんばって貝を探します。
岩礁01-02岩礁01-01

今回もちょーーー長いです。心して開いてください。
さっそく生貝を発見。コマドボラです。岩場の波打ち際上の方でよく見かけます。
コマドボラコマドボラ2

水からちょっと離れたところにいたのはコシダカアマガイ。
コシダカアマガイコシダカアマガイ02

水際でウロウロしていたニシキアマオブネ。
ニシキアマオブネニシキアマオブネ02

アマオブネガイ科がつづきます。イシダタミアマオブネです。
イシダタミアマオブネ02イシダタミアマオブネ

オキナワイシダタミ・・・・・かな。実は普通のイシダタミと区別がついてません(T_T)。
同定はフィーリングで(^_^;)
オキナワイシダタミオキナワイシダタミ02

場所移りま~す。
こちらは道沿いですが、頭ぐらいの石がゴロゴロした転石海岸。
転石帯

蓋にイボイボがあります。エナメルアマガイです。
エナメルアマガイエナメルアマガイ02

こちらは蓋にイボイボなし。ニシキアマオブネもイボなしですが、
殻の模様が地味なのと口の方の白いところが丸く盛り上がらないので、ヌリツヤアマガイでしょう。
ヌリツヤアマガイヌリツヤアマガイ02

岩の隙間にいたのはフトスジアマガイです。青黒い色と太い螺肋が特徴。
フトスジアマガイフトスジアマガイ02
フトスジアマガイ03

ヨコスジタマキビモドキ、かな。1cmほどの小さい貝です。
モドキというだけあって、タマキビガイ科ではなくゴマフニナ科です。
ヨコスジタマキビモドキヨコスジタマキビモドキ02

ハナダタミ。
丸くてもっさりしてるけど、意外や意外、動きはすばやい。
ハナダタミハナダタミ02

あまり興味のないところですが、たまにはカサガイ系の貝も紹介してみましょう。
リュウキュウアオガイとコウダカカラマツの小さいヤツかな。
リュウキュウアオガイコウダカカラマツ

こちらは、オオベッコウガサ。
オオベッコウガサ

イボタマキビ。これだけたくさんいるとちょっと引く。数の多いのは苦手です(((;゜Д゜)))
イボタマキビ

場所も移動しまして、またちょっと雰囲気の違う転石海岸。
ここは波当たりがえらいこと強く、
波打ち際を歩いていると波しぶきは当然のこと大きな波が突如やってくるのであっというまにジーパンビショビショ(T_T)。
転石帯その2-1転石帯その2-2
だけど、海はちょーキレイ(´∀`)そんなところを歩いてみました。

実は今回は狙っている貝がいます!!
波当たりの強い転石海岸にいるというシャカトウダタミ(ニシキウズガイ科)!!
名前の通りお釈迦様の頭のような丸くてイボイボがたくさんある何やらありがたそうな貝です。
ただし、それ以上の情報を仕入れていないので、海岸のどのあたりにいるのかがイマイチわからない(T_T)。
しょうがないので、手当たり次第探します。果たしてみつかるのか!

波打ち際の湿った岩の上にいたのはオオアマガイ。
オオアマガイオオアマガイ
オオアマガイ02

こんなにたくさんいるのははじめてみました。クロタマキビモドキです。やっぱり数が多いのはダメだ(^_^;)
クロタマキビモドキ02クロタマキビモドキ

もしかしたらと思い、念のため岩場のあたりも覗いてみますが、
考えてみたらシャカトウダタミの大きさもよくわからない。遠目で見て分かるものなのだろうか・・・・(T_T)
岩場

命の危険を感じたので岩場は深追いせず、転石帯の方へ戻って貝を探します。
岩の陰にヒメテツヤタテを発見!岩の下でじっとしているのを見たことはありましたが、這い回っているのは初めて
ヒメテツヤタテヒメテツヤタテ02

ヒメテツヤタテを写真に撮ろうとかがみ込んだところ、石の影に見慣れない貝を発見!!
テツイロナツモモにも見えなくもないこの貝はもしかして・・・・・・・!
シャカトウダタミ、キタァアアアアーーーー!!!!+。:.゚ヽ(*´∀`) ノ゚.:。+゚
シャカトウダタミ03シャカトウダタミ04

こ、こんなに小さいんですね。1cmないぐらい。
小さくてもちゃんと螺髪そっくりのイボイボが。かなりの釈迦頭っぷりです。
ものがわかると、目も慣れてくるのかあちこちにシャカトウダタミが。図鑑「沖縄の海の貝陸の貝」では普通種となっていたのもちょっと納得。いるところにはたくさんいると言うことでしょうか。
それでもこの環境がなくなればあっという間にいなくなってしまうんでしょうね。
シャカトウダタミシャカトウダタミ02

シャカトウダタミをさがしてウロウロしていると、さらにテツヤタテが!!発見の連鎖なのか!
メタリックな輝きがたまりませんな(^_^)。
よく見ると、カサガイ類の殻の隙間にテツヤタテの水管が伸びています。これはもしや食事中!?
テツヤタテテツヤタテ02

タイワンタマキビです。模様濃いめ。この転石海岸はこの辺でおしまい。
タイワンタマキビタイワンタマキビ02

惰性で行った河口。体力的にはそろそろきつい(T_T)。
ここも一応転石海岸です。たいした貝は出てこないので流して見て頂ければと。
河口転石帯河口転石帯02

河口転石帯と言えば、ハナガスミカノコ。
ハナガスミカノコハナガスミカノコ02

こちらはマルアマオブネ
マルアマオブネ02マルアマオブネ

岩場のほうに移動。
河口岩場

コシダカアマガイ
コシダカアマガイコシダカアマガイ02

コウダカカラマツ
コウダカカラマツ

ふう~(;-_-) =3
ということで、岩場・転石海岸歩きはこれでおしまい。
シャカトウダタミ狙いでしたが、終わってみればアマオブネガイ科祭りでした。

目標も達成できたので満足ではありますが・・・
この日は干潮が日没ごろだったので、イザリもしようかとライトも準備してはいたのですが、
遠出と海歩きに貝殻さがしとメニュー満載だったこともあり、私の体力も限界。気力も尽き。青色吐息での帰還となりました。

GW特集は次回がラスト。最後は貝殻採集結果報告です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    buubuuさん、こんばんは。

    与東崎!
    略して書かれたら譲り受けた方ではなかなかわかりませんね。
    ちなみに与論島にも東崎(あがりざき)って所があるみたいですが、どうでしょう(^_^)。

    ラベルどころか袋にも入れていない貝が私のパソコンの周りにほったらかしで・・・・
    記憶のあるうちに整理しないと(T_T)。いかなあ~と思いつつ。

  2. はらはち | URL | -

    しゅり さん、こんばんは。

    シャカトウもテツヤタテもほんとの波打ち際だと、石の横あたりを這って歩いてました。
    濡れる覚悟であれば、石はひっくり返さなくて大丈夫みたいですね(^_^)

    しんけんパパさんは6月前半は厳しいみたいですね(T_T)。
    集会日時はまた後ほど調整しましょう。せっかくですから、たくさん人がいた方がいいですし。

  3. buubuu | URL | FHU8oHjA

    フトコロレイシダマシって buubuu のデーターにもあった。で、バザーでかったやつで、みると「与東崎」って書いてあった。
    意味わからんかったので、そのままにしてたらしい。これって「日本」であることは間違いないし、たぶん「与那国島 東崎」の略で、F氏から購入したものらしい。

    ほったらかしは、よくない。buubuu 反省 

  4. しゅり | URL | -

    日曜マックはどうですか?

    シャカトウシタダミは玉石を腰が痛くなるまで、捲って捲って、捲り倒す。
    体力勝負の採集方法だと思ってましたが、
    普通に歩いているんですね、知らんかった。

  5. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんばんは。

    お疲れ様です(^_^)
    貝拾いはされてるとのことなので元気ではあるようですね。
    また気が向いたらブログ更新してくださいね~。

    シャカトウってあんなかわいいヤツなんですね。ほんと見つけられて良かったです。
    みんなでレッツ転石海岸!!

  6. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    シャカトウ

    シャカトウ、いいなぁ~!!! (^^
    やっぱり居ましたか。
    今度、行ってみます^^

  7. はらはち | URL | -

    buubuuさん、こんばんは。

    カモン!沖縄!!(^_^)シャカトウやテツヤタテがあなたを待っています!

  8. はらはち | URL | -

    おーちゃん さん、こんばんは。

    ツヤツヤのメタリック系は私も大、大好物です!
    片男波!変わった地名ですね。おもしろいです。初見では絶対読めませんね。そんな力士がいそうです(^_^)
    沖縄の地名も人のこと言えたもんじゃないですが(^_^;)

    イトカケにウミウサギをゲット!なかなかいいとこ拾ってますね。

    同定については、ご指名頂いたので精一杯お答えしたいと思います。
    さ、参考程度にはなるかなと(゚ー゚;Aイヤハヤナントモ
    バッチコイです。

  9. はらはち | URL | -

    きつきつぼ さん、こんばんは。

    お久しぶりです(^_^)
    シイノミレイシ!!実はこれもいるとの情報をいただいていたのですが、潮が引ききっていなかったせいなのか見つけられませんでした(T_T)次回チャレンジですね。
    テツヤタテ、たくさん!!こちらではあまり多くはないようです。

    フトコロレイシダマシとはまた聞き慣れない貝です。そんな貝もいるんでね。
    近海産でも載ってないみたいですが、ネット検索でやっと見つけました。
    私好みの渋~い貝です。狙ってみたいところですが、そんな環境沖縄にあるかな~。
    情報ありがとうございました。

  10. buubuu | URL | T6oUs7vA

    いいな!いいな!いいな!

    ふん! うみ 行きたい!! シャカトウはそちらでしか採れませんものね...いつになったら行けるのやら...お誘いはあるのにね...

  11. おーちゃん | URL | -

    テツヤタテ

     こんにちは。テツヤタテ、kudamakiさんのところで見て以来、欲しいものリストにあがっています。あのツヤツヤした感じ、異彩を放ってませんか?まあ、万年初心者なので、欲しいのは山ほどあるんですが。
     ところで、先日ストレス発散するべく片男波に行ってきました。娘達は釣り、私は貝拾い。以前に書いたように、あまり期待してなかったのですが、イトカケガイ科数種にウミウサギ科、ミミズガイ科かなと思って拾ったけれどきっちり巻いているので他の巻き貝?などを拾いました。でも、なにぶん同定に自信がなくて。掲示板でお聞きするのは初心者すぎて恥ずかしいので、そのうちメールで見ていただいてもいいですか?

  12. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    シャカトウ シャカシャカ

    シャカトウシタダミは大きな玉石転石を捲りに捲ったその下にもいます。
    玉石の下の下のほうの特殊な環境ではシイノミレイシなどもいますので体力がいりますが、是非挑戦してみてください。

    テツヤタテは私のよく行くフィ-ルドでは、波当たりの強い洞窟内部の壁面の隙間に沢山付いています。
    同所にフトコロレイシダマシもありました。
    なかなかこう言う場所には危険で近付くことが出来ませんが、面白い環境です。

  13. はらはち | URL | -

    virol さん、こんばんは。

    貝一つに命を差し出すのもシャクなので、あきらめました。夏だったら飛び込んでたとこでしたけど。
    まあ、たかが貝、されど貝ですかね(^_^)

    つぎの採集結果ははボチボチです(^_^;)


  14. virol | URL | -

    こんばんは~☆

    命の危険を感じる思いをするとはご苦労様です~><北部方面は岩場が多いので1っ歩間違うと危ないですよね~それだけ面白そうな貝も多いんでしょうが・・☆次の貝殻採集結果報告楽しみにしてます~☆

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。