--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして、さようなら(´・ω・`) ノ" 大嶺海岸-後編

17:45

さて、大嶺海岸の後編です。

1時間以上かけてようやくリーフエッジが見えてきました。時間は最干潮を過ぎたあたり。
大潮なのですぐに潮が満ちてくるということはないのでもうしばらくは大丈夫。
この辺まで来ると釣り人やプロ?っぽい潮干狩りの人達もチラホラ。まだ余裕はありそうです。
リーフエッジ

思えば遠くへ来ておりまして、振り返るとエントリー地点は点でしか見えないところに。大丈夫?帰れる?
と、とりあえずあそこまで戻ることも頭の片隅におきつつ、後編スタートです。
スタート地点が遠い
岩場をウロウロしていると、砂に埋もれたイモガイ発見!ヤナギシボリイモです。
ヤナギシボリイモ01ヤナギシボリイモ02

岩の隙間に二枚貝。ミノガイ科のどれかかな。
ミノガイ科

岩礁の上にあったかカラッカラに乾いた石の裏に抱卵中のコガンゼキボラ発見。
殻も卵もカラッカラでした。大丈夫?
コガンゼキボラ01コガンゼキボラ02

模様が横に流れているコモンダカラ発見。
コモンダカラ01コモンダカラ02

さらにヒメホシダカラ!と思ったら死骸でした。それはそれでお土産が出来て嬉しいかぎりです。
ヒメホシはこの前紹介したばかりですが、「ヤマネコダカラ」と呼ばれてるこげ茶色系のヤツとは別のタイプかな。
ヒメホシダカラ01ヒメホシダカラ02

奥の岩礁がリーフエッジの端っこです。この辺まで来ると水も澄んで青色です。
リーフエッジ02

大きめの珊瑚もあちこち見られるように。
珊瑚珊瑚02

ヒメジャコです。 右の写真は一つの石の下からコモンダカラ×3とアジロイモ×1を発見したところ。
ヒメジャコ岩の下にコモンダカラとアジロイモ

擦れ擦れのジャノメダカラ発見!!!w(゚ロ゚ )ワオ
ところが、ここでまた悪い癖がでまして、ボロボロだからまた今度と思わずポイッ。
いま、とってもとっても後悔しています。バカ、自分のバカ(T_T)
ジャノメダカラ

砂の上を這うキヌカツギイモ。
キヌカツギイモ01キヌカツギイモ02

岩の上で藻まで生やしてみごとにとけ込んでいるキイロイガレイシ。乾いて白くなってなければわからなかったはず。
キイロイガレイシ01キイロイガレイシ02

こちらは口の模様からするとツノレイシでしょう。
ツノレイシ01ツノレイシ02

ペースがあがってきたのでついつい夢中になってしまいました。
そろそろ帰ろうかと周りを見渡すと、さっきまでウロウロしていた釣り人や潮干狩りの人達が一人もいないΣ(゚д゚ )
あれ、ヤバイのか。急遽お帰りモードに。時計を見たら最干潮からすでに1時間以上が経過。(゚ー゚ ;)う~ん、ヤバイのか。
帰宅時間です。

岩場を歩く足取りも思わず早足に。しかし、踏み出した足の先にハートマークが!
リュウキュウアオイ発見!!!生貝は初めて(^-^)/ まだまだちびっ子ですが。形はちゃんとハート型。
ほんとに岩の上にゴロンと転がっているんですね。あまりに無防備。
リュウキュウアオイ01 リュウキュウアオイ02

浅瀬の海水が波打ってきました。潮があがって来ています(((;゜Д゜)))イヤー
そんなときに限って貝が目に入るんです(T_T)。コオニコブシ発見。
コオニコブシ

ボロボロの死殻ですがクモガイです。 と、とりあえず写真を。
クモガイ

今頃になって藻場発見!!アマモ類がまばらですがパラパラと生えています。
見つけてしまっては探さない訳にはいかないので。ドキドキしながら貝を探します。
藻場

それでも初物発見!!生貝では初めてのサラサミナシ。よし、もう十分。いい加減本気で帰らないと帰れなくなりそう(>_<)
サラサミナシ01サラサミナシ02

スタート地点がだいぶ見えてきました。この辺まで来ればちょっと余裕もあるかな。
とりあえず満ち潮に流されることはなさそうです。それでも車まではまだ1km以上あるんですけどね(T_T)。
ゴールはもう少し

帰りのハイペースがたたって、足が棒のようです。貝を探す余裕もなくただテクテクと歩くだけ。
とりあえず無事到着。すっかり夕方です。今回の海歩きもこれにておしまい。
すっかり夕方

それにしても今回はかなり歩きました。正確かどうかわかりませんが、携帯の万歩計によるとなんと1万1千歩越え!
いつもの海岸での貝拾い4時間コースで3千歩前後。普通の磯歩きでも6~7千歩ぐらいでしたから、歩いた歩いた。
驚異の1万歩越え
でも消費カロリーはたったの243kcal。ケーキ1個でチャラなのか(-_-)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    KEN子さん、こんばんは

    さっそくタイムス記事読んできました(^_^)
    あれだけのボリュームをきっちり書かれるとなると、まして新聞のHPですからね。すごいですね~。
    うちのおちゃらけブログなんて足元にも及びません(>_<)

    情報提供もしていただきありがとうございます。
    名和さんは貝の世界では有名な方ですのでお名前はもちろん存じ上げておりましたが、
    貝の展示もあちこちでされているんですね。機会をつくって見に行ってみたいと思います。

    さらに、お誘いまでしていただきありがとうございます。
    ご返事のほうは、メールしま~す。

  2. KEN子 | URL | OPFDC7cw

    「タイムスクロス」と「観察会」

    はらはちさん、おはようございます。
    早速のレスポンスありがとうございます!(≧▽≦)

    <タイムスクロスについて>
    早速で馴れ馴れしくて失礼かもしれないですけど、
    私、最近から沖縄タイムスの電子版「タイムスクロス」の原稿を書いています。
    1号目は12/17、辺野古埋立の話題だったので
    2号目は沖縄の海岸の話を書くつもりで、
    本当は1月リリースだったのにまだまとめきれないでいるんですけど(^^;)
    大嶺海岸の部分ではこのブログのリンクを貼ってもいいですか?

    <観察会について>
    実は、名和さんという貝の研究者の方が2010年に調査して作った
    沖縄本島の「干潟と人工ビーチ」のマップを使わせてもらおうと思って電話したら
    今浦添で貝の展示館をしてると聞いて、彼も誘って観察会したいです!
    ★鹿谷さんブログ→http://amantheater.ti-da.net/e5451468.html
    ★名和さんが貝展示している児童館→http://oonajidoukan.ti-da.net
    泡瀬干潟にも「ウミエラ館」という博物館カフェで彼の収集した貝の資料が展示されています。
    もしご存知なければと思って情報提供です☆
    ★「ウミエラ館」ブログ→http://umierakan.ti-da.net
    いろんな知識持ってる方が横の繋がりで情報交換できたら最強だなと❤

    というわけで、善は急げで、
    どうせなら観察会の日時を決めて、
    そのコラムでも広報しちゃいたいのですが
    次の大潮辺りで潮と日付が合いそうな日はありませんか?
    名和さんにも改めて連絡しようと思います。
    突然でぶしつけなお願いとは思いますがご検討頂ければ幸いです。
    詳しくは直接メールでも頂けたら幸いです!

  3. はらはち | URL | -

    KEN子さん、こんにちは

    はじめまして。コメントありがとうございます(^_^)/ 

    コメント欄までチェックされてるとは、なかなかマニアの方とお見受け致します。
    うちのブログの神髄は、じつはコメント欄にありと自負しております(`・ω・´)

    ウミウシも種類豊富で、見てて楽しいグループですよね。
    そういえば、先日コメントいただいた方も石垣島でウミウシ三昧を楽しんでこられたとのことでした。
    慶良間の海にもたくさんいそうですね。

    南部に残る貴重な干潟、是非とも残したいものです。
    自然と観光で持ってる沖縄なのに、飯の種を削って空港拡張とは本末転倒ですよね。
    このときの大嶺海岸でも、内地から来たおばちゃん達がわざわざ干潟を見に来たと行って、楽しそうに貝をさがしていました。

    観察会みたいなイベントも開催してみたいですね~。沖縄の貝好き集合~みたいなことは一度やってみたいです。
    コメント投稿の重複は大丈夫そうです。
    コメントは許可制ではないので、たぶんこちらのブログのシステムの方がおかしくなってたんだと思います。
    ご迷惑おかけしました。また、遊びに来てくださ~い(o^皿^)

  4. KEN子 | URL | -

    観察会希望❤

    (あれ?一度投稿したつもりだけど許可制なのかな?重複してたらすみません。)
    私も大嶺海岸大好きです☆
    ここのブログ、コメント欄までマニアックで超素敵すぎます☆
    去年の3月頃だったかな、珍しいウミウシを見つけて
    調べてみたら、ケラマの種類だったみたいです!(名前忘れた…orz)
    慶良間諸島が国立公園に指定された今こそ、
    その対岸にあたるこの大嶺海岸が
    観光客の入り口、飛行機から最初に見る海としても
    守られるべきだと思ってます❤
    ぜひ、観察会に連れてって下さーい☆

  5. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは。

    ついにしんけんぱぱさんも始動ですね。
    西原のキラキラビーチで貝を探すにはかなり、気合いを入れてしゃがみ込みつつはいつくばるように打ち上げ帯をジワジワ移動しないと見つけられないかもしれません。
    そうすれば、オレンジ色のシラタマやウマノサワラビ、ウスイロナツモモ、チドリガサなど状態の良いものが打ち上がっていることがあります。

    あと、コメント欄でいただいたアドバイスにもあったのですが、打ち上げ採集の場合(特にサンドポンプものの場合)は、大潮より小潮に行った方がキレイに打ち上げ帯が出来てるような気がします。ここ最近、連日西原のビーチに出かけた結果からもその様に感じました。
    潮が大きく動く大潮のときでは、打ち上がった貝が散らばったり、波で戻されてしまうのかもしれません。
    まだ、今月だけの結果なので、たまたまかもしれませんが、参考までに。

  6. しんけんパパ | URL | -

    virolさん、申し訳ありませんm(__)m
    意気地なしなんです^^
    距離より、車の優先度が嫁さん、子供が高い(割合的に自分一人で使うことはほとんど無し)が一番のネックです。
    夕方行っても無いと思うし・・・宮古は遠いと言っていたトゥリバーが10km強で自転車で行っていました。近いビーチは歩いて5分(笑

  7. しんけんパパ | URL | -

    はらはちさん、こんにちは
    今日、中城モール裏、西原きらきらビーチ行ってきました^^
    でも、収穫は無く・・・と言うところですが、モール裏でホシダカラが(*`・ω・´)ゝ敬礼っ
    中身があり(☆になってありましたが)迷ったんですが、打ち上げの際の傷1つだったのでとりあえずキープ!
    破片はいくつも見てますが、形あるものは初だったので・・・何処に置こうかな?

  8. virol | URL | -

    遠い??

    しんけんパパこんばんは~☆宜野湾からA&Wまで高速使って40分位??下道で1時間って処でしょうか??ロマンが詰まってると思えば意外と近いもんですよ~(笑)でも収穫が薄かったら帰りは遠く感じますがね~☆たまに行く串本へは家からだと通常3時間程掛かるのですがワクワクしてる時は早く着きまして・・(^_^;)距離は意外と気持ち一つで変わりますよ~☆

  9. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは。

    ど、同士よ~(T_T)。
    日々増える貝殻に、頭を悩ませつつもやめられないこの身としては、
    出来るだけ持ち帰りを少なくしたいという思いがどうしても働いてしまいますよね。ね。
    とりあえずジャノメは持ち帰るが良しのようですね。

    ここは、遠いですね。その分、いろいろ出るようではありますが、ここより労なく行けるところがまだありますからね。今度オフ会やるときにはその辺の情報もいろいろ交換しましょうね~。


  10. しんけんパパ | URL | -

    ジャノメ写真では綺麗に見えますが・・・
    やっぱり大きいと悩みますよね。自分もジャノメポイした組です。(割れてはいなかったのですが、ガスガスだったので。でも皆さんの反応では持ち帰るべきだったのか)
    A&W浜確認しましたが通過しました(笑
    宜野湾からでは遠い!遠すぎる!往復のパワーがすごいですね!感心します^^

  11. はらはち | URL | -

    おーちゃん さん、こんばんは。

    (^_^;)まったくもって、もったいないですね。
    帰って写真を見たときも、あれっなんでこれを持って帰らないのと思いました。今さら遅いですね。
    稀少価値がわからないのも問題ですが、「とりあえず持って帰ろう!」を今年のスローガンにしたいと思います。

    沖縄もここをはじめどんどん環境は悪くなっているみたいです。
    どっかの塾のCMじゃないですが、「いつやるか? 今でしょ!」なのかなと思います。
    是非、みなさんで遊びに来てください。

  12. おーちゃん | URL | -

     こんばんは。ジャノメ、上までちゃんと模様が残ってるじゃないですか。もったいない。
     私は、下の方だけかろうじて模様が残ってガスガスのやつをタルかなんかだと思ってポイしようとした娘に持って帰らせました、A&W浜で。それさえもうらやましかったのに。
     今回も、ジャノメといい、リュウキュウアオイといい、うらやましいものばっかりです。また、沖縄に行きたくなってしまいます。でも4人となると、先立つものが(汗)。

  13. はらはち | URL | -

    寿星螺 さん、こんばんは。

    は、半透明!!そんなイワカワトキワ(ミフウズラガイ)がいるんですね~。成貝はあんなに殻が厚いのに。
    ちょっと想像できませんね。
    持って帰るのにも気を使いそうですね。自分だったら速攻割ってしまいそう。
    そんな、変わった殻やトゲトゲーやうすうすーのヤツはやっぱり潜らないとだめでしょうね~。
    今年の夏は、ついにシュノーケリングに挑戦しようかと考えています。
    とりあえず、度付きの水中眼鏡を購入しようと物色中。目指すはあのA&Wの浜。死なない程度に頑張ります。

    あぁ、リュウキュウアオイはただゴロンとしてる訳じゃなかったんですね。
    ということは、あの殻の形も波に乗るためにあんなにせり上がっているってことなんでしょうか。それならあの形も納得です。
    ベニソデ!!まだ未見の貝です。次に砂地に行くときは頭にイメージしながら歩いてみたいと思います。
    いつもご教示くださりありがとうございます。たいへん勉強になります。

  14. はらはち | URL | -

    茜ちゃんさん、こんばんは。

    あちゃー。ブヨでダウン。たいへんでしたね(´・ω・`)
    ブヨのつらさはちょっとだけわかります。私の場合、山のなかでよく刺されてました。それほど酷くはなりませんが、かゆみはなかなか引かないですよね。

    リュウキュウアオイはなかなか見つからないですよね。わたしも成貝はやっと見つけた感じです。次の狙いはインドアオイです。

    でかっ!キヌカツギイモの10cmは相当の大きさではないですかΣ(゚д゚ )!
    ちょっと細身ならもしかしたらサオトメイモとかかもしれませんが、キヌカツギだったらすごいですね。

    連休前半の大潮、楽しみですね(^_^)/
    どこへ行こうか考え中です。連休中は人出も多いだろうし、競争は厳しいでしょうね。
    いつもは行かない穴場を狙ってみるのも良いかもしれませんね。
    茜ちゃんさんの報告楽しみにしています!

  15. 寿星螺 | URL | t3VNPn8Y

    広いですね~。

    はらはちさん、こんばんは

    大きく引いてうれしいですけど、すごい広さですね。
    これだけ広いと行く度に新しい発見がありそうですが、足腰は・・・つらい!

    リュウキュウアオイはごろんといますが、狭い隙間から数本の足糸で岩にくっついて、波に流されないようにしています。そして多分小さいうちは自分で足糸を切って棲みやすい場所が見つかるまで移動してるように思います。(波で切れて流れているだけかも知れませんが。)

    ちなみにこんな砂地にベニソデがいると思います。砂に潜ってるやつは無理ですが、今頃の季節死んだばかりの殻も見られますので、注意深くチャレンジ頑張ってください。

    私の最近のヒット、砂地で成長端から殻の半分くらい透明に近い1cmほどのイワカワトキワかミフウズラガイの幼貝に出会えました。乾燥すると半透明になりました。あまりに薄く触ると割れそうで指で触れません。
    これでは打ち上げは無理だなと感じました。

  16. 茜ちゃん | URL | -

    虫に刺されてダウン! (^~:)

    こんにちわ
    <リュウキュウアオイ>良いですね。これ欲しいんですが、なかなか見つからない。
    <キヌカツギイモ>?の10cm位のを拾いました。殻皮が厚くただ今漂白液の中。

    先日暑い海岸を歩いているとき、1mm程度の<ブヨ?>に首を数多く刺され
    遭えなくダウン。(劇症性アレルギーなので、蚊でもOUTになるのです)
    3日間自宅で待機・・・顔は浮腫むは痒いはで、大変な目に遭いました。
    風のある日しか海岸は歩けない悲しさよ(^~:)

    月末の大潮はどうなるのでしょうかね。
    雨が降れば、雨天決行! ・・ですです。
    皆さんがんばってください。
    珍品が採取できればよいのですが、競争相手が多いから。

  17. はらはち | URL | -

    しゅり さん、こんばんは。

    そのジンクスは頭にたたき込んでおきます(T_T)
    ジャノメにつぎ会えるのはいつになることやら・・・・。

    しゅりさん、連休中はお忙しいですか?
    磯歩きでも川歩きでもご一緒できればと。いかがでしょう?

  18. しゅり | URL | -

    あそこはそうなってたんだ!

    いや~ご苦労さんでした!
    初物はとりあえず破片でも持って帰る!
    そのうち良いのが採れると言うジンクスが
    在るとか、無いとか(笑)

    ジャノメは以前ブセナの裏で、3個。
    もうちょっと綺麗なのが落ちてましたよ。
    今でも在るかな(笑)

  19. はらはち | URL | -

    virol さん、こんばんは。

    私がたどり着いた所は岸から1kmないぐらいですが、端までいったら2kmぐらいありそうです。
    ちょっと、勇気がなくてそこまで行けませんでしたけど(T_T)。
    だいぶ早い時間からスタートすればいけそうな雰囲気はありました。
    何度か通ってポイントをつかめれば、かなり魅力的な所になりそうなところではありますね。

  20. はらはち | URL | -

    buubuuさん、こんばんは。

    おっしゃることはごもっともです。
    あのジャノメは欠片も含めて、見るのは初めての殻でした。
    あの時の私はきっとどうかしてたんでしょう。
    もしタイムマシンがあるのなら、あの時に戻って自分を後ろからひっぱたいてやりたいぐらいです(>_<)。

    タカラガイはハナマルユキとかハナビラダカラとかの擦れ個体しか拾えなかった頃の影響で、
    ツルピカでないと持って帰らない癖がありまして、時々その発作が出てしまいます(T_T)。
    なんとか完治させたいと願っております。
    今しばらく温かい目で見守ってください(^_^;)>

  21. virol | URL | -

    お疲れ様です~☆

    結構距離ありますね~☆岸からだと2キロ程あるのかな??この時期の大潮は恐るべしですね~☆一歩間違うと危なそうですがこんなに奥まで行けると魅力たっぷりですね~☆

  22. buubuu | URL | T6oUs7vA

    ありえませ~ん!!!(あさきちさん風に)
    ありえないですよ、You are a bad person!(これは誰か忘れたなぁ) ですよ
    ジャノメですよジャノメ! こっちじゃほとんど拾えない。
    いいな、いいな、いいな、まぁ、たぶんいいの拾ってらっしゃるからポイっなんでしょうな。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。