ミノムシガイ (ツクシガイ科)

13:14

Vexillum balteolatum
ミノムシガイ-腹面

ミノムシガイ-背面
今回はミノムシガイです。

下の写真は同じミノムシガイを小さいのから大きいのまで並べてみました。
ミノムシガイは大小様々な大きさの殻が拾えるので、成長過程が見られないかと思って捨てずにとっておいたのですが、色がバラバラで、イマイチきれいに並びませんでした(T_T)。
ミノムシガイ--大小

ミノムシガイは色彩変異により、しま模様の色の違うものがいくつかあるようです。
写真のやつは茶色、白、灰色の組み合わせですが、そのほかにも黄色と黒、あるいは灰色と黒の組み合わせによる模様の貝殻もネット上で紹介されていました。
私はこの茶色系のものしか拾ってないので、他の色彩も拾ってみたいところです。
地域差もあるかもしれませんね。

大きさ38mm。採集場所は勝連の海岸です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    茜ちゃん さん、こんばんは。

    ミノムシガイ、時間差ゲットですね(^_^)。おめでとうございます!

    微小貝を探し始めるとぐっと種数が増えるので楽しいですが、眼の疲労は相当きますよね。
    私なんてピント合わせが出来なくなって、作業しながらテレビが見れません(T_T)。

  2. 茜ちゃん | URL | -

    捕まえた<蓑虫>

    こんにちは
    ここ数日は何のかんの言いながら、浜を彷徨っております。
    本日、このブログを見た瞬間????
    <この貝持ってるぞ!>
    自宅の貝箱から出してきて・・・シゲシゲみる・・・<間違いない>

    径が20mm、長さ50mm・・少し磨耗してますが、間違いなし。
    でも、こんなにバリエーションが有るんですね。
    最近余り貝が採れない日は、微小貝探しをしております。
    こちらの方が行動半径が狭く、効率良しですね。
    微小貝は無限の世界に突入したような感じ。
    でも目が疲れるのが・・難です (^-^)

  3. はらはち | URL | -

    buubuuさん、こんばんは。

    みなさん、おしゃれだと感じてるんですね~。私だけかと思ってました。
    アデヤカミノムシもシックでおしゃれな雰囲気がプンプンですね。
    雄叫びを上げたくなる気持ちわかります(^_^)。
    それにしても、誰かが捨てたんでしょうかね。意外と流れ着いちゃった貴重な1個かもしれませんよ~。
    温暖化もあることですし。

  4. はらはち | URL | -

    おーちゃん さん、こんばんは。

    私の経験では、ミノムシガイのほとんどは勝連半島の海岸で拾ってます。
    あそこは泥が黒いので、貝も黒くなってしまうことが多くて、なかなかキレイなのが拾えないのが難点です(T_T)。

    イエッス(*゚∀゚)、よくわかります!ツクシガイ科は模様がおしゃれですよね。
    私もツクシガイ科大好きです。

  5. buubuu | URL | T6oUs7vA

    蓑虫(ミノムシ)っていうからには茶系が主なんでしょうね。おーちゃんさんの言うとおり、おしゃれさんです。大型も拾ってみたいものです。
    (一度和歌山産湯でアデヤカミノムシのピッカピッカ拾って雄叫びをあげそうになりましたが、すぐに気づきました、「あるわけないだろう」図鑑見るまでもなく「これは南方の貝だ」捨てた方は悪気はなかったのでしょうが、大きく上げた拳はそのままなおれ。一人顔真っ赤にしてその場を去りました。もちろん、いまでも持ってますが)

  6. おーちゃん | URL | -

     こんにちは。いいですね~。でも、見つけられなかったんですよ、たぶん。すれていて気付かなかったのかもしれませんが。たくさんあってうらやましいです。ハデ~と言う感じではないけれど、シックで密かにおしゃれさんって感じ、しませんか?はでなものも地味めなものもツクシガイ科はみんな好物なんですけどね。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks