--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イボシマイモ (イモガイ科)

21:58

Conus lividus
イボシマイモ-腹面

イボシマイモ-背面

イボシマイモ-殻頂

今回はイボシマイモです。
イボシマイモと言えば、ニセイボシマイモに似ていると話題ですね(-_-)・・・・
なぜなら、どちらも殻頂が白く、体層が茶色、殻の下部に細かいイボイボの列があるからです。

ただし、よーく見るとイボシマイモの方は殻頂から肩にかけて白くなるのに対して、
ニセイボシマイモは殻頂の結節(トゲトゲしてる所)の部分だけ白くなるので見分けられるかと。

種小名のlividusはラテン語で「鉛色、青味がかった灰色」という意味があるそうです。
どの辺がそれに当たるのかは各自考えてくるように(*'-')ゞ

大きさ35mm。採集場所はA&W浜です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    茜ちゃんさん、こんばんは。

    ご返事いただきありがとうございます。
    写真のヤツは死んでしまったんですね(T_T)。残念です。次回採取を楽しみにしたいと思います。
    青色の軟体部とか(゚∀゚)是非見てみたいです。

    茶色系のイモガイは結構微妙ですよね。私も貝と名前はまだ一致していません。
    図鑑を見ながらでないと、なかなか一発同定は難しいです。

  2. 茜ちゃん | URL | -

    アサガオガイ

    こんにちわ
    ブログの<アサガオガイ>は15mm位でしたが、自宅まで運ぶ途中で死んでしまいました。60cmの水槽の中の<アサガオガイ>は7mm程度ですが、どこかに隠れているようです。なかなか見つかりません。水の中は難しいですね。今度、新しく採取できたら、コメントします。 軟体部は濃い青黒い色をしておりました。弱いですね。他の生貝は丈夫なんですが。
    <イボシマイモ>の類は難しいですね。似た他の種類が沢山あるようで。私には見分けが付きません。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。