--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オハグロシドロ (スイショウガイ科)

23:27

Strombus plicatus
オハグロシドロ-腹面

オハグロシドロ-背面

白い体にヒラヒラの袖を広げて、まるでジュディオングみたいです。
子供の頃シーツをかぶって「女は海~♪」とか歌いながら真似をしてたのを思い出してしまいました。
おっと、年がばれてしまったかな。お察しの通り、ベストテン世代です(o^皿^)>ニヒッ

全体的に白ですが、口の方が茶色くなってます。ほんとうなら真っ黒になるそうです。
それで「お歯黒」と名前に付けられている訳ですが、サンドポンプものでは全部真っ白になっていることもあるので要注意です。
なにしろ、コメント欄で指摘されるまでずっとコブシドロだと思ってたぐらい(T_T)。
背面の方も、もっと模様が出るようですね。上等品が拾えたらまた更新させてもらいます。

大きさ20mm。採集場所は東江の人工ビーチ。もちろんこれもサンドポンプもの。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    茜ちゃんさん、おはようございます

    いよいよ大潮の季節ですね~(^-^)私もワクワクしています。
    4月になれば仕事も一段落つきそうですし、遠征(といっても名護より北という意味ですが)もしたくてウズウズしています。
    ぼちぼち、川歩きも再開させたいところです。

    ベニソデとマイノソデですか。難しいところ来ましたね~。
    マイノソデは持ってますが、ベニソデまだ拾ったことがないのです(T_T)
    図鑑を見る限りでは、口の中のスジの有無や背面の凹凸の違いなんかで分けられそうですが、
    ベニソデは口の中にスジが無く、背面もマイノソデに比べ凹凸が無いのかなと。
    口の中の色は、個体差、色落ち等あるのであまりあてにできないのではと思います。
    どうでしょうか?

  2. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、おはようございます。

    コソデガイとかもかなり危険なエリアですね。慎重に判断した方が良さそうですよ。
    箱詰めされているとなると引越準備中かな。それとも荷ほどき中かも。いずれにしろオフ会が楽しみです(^-^)。

  3. マイノソデ

    こんにちは (^-^)
    いよいよ大潮の干潮が月末にやって来ます。奄美は0程度ですが4月末は-20程度まで来ます。何とかハチジョウダカラを捕獲したいと思います。

     さて、オハグロシドロの殻の裏の筋は<ウラスジマイノソデ>に似ております。加計呂麻島ではベニソデ、マイノソデ、ウラスジマイノソデのいろいろな異種が取れますが、ベニソデとマイノソデの見分け方がいまいち分かりません。どちらも腹が紅色です。ウラスジマイノソデは腹は黄色でハッキリ筋が入っていますので、区別が出きますが。腹が赤で筋のないのもあります。これがベニソデですか?教えてください。

  4. しんけんパパ | URL | -

    上品ですね。透明感があり、淡い茶色がうっすら透けているところとか。
    自分も似たもの持っておりコソデガイと同定していますが、オハグロシドロかな?箱詰めしているので、確認できません^^

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。