コゲイロホラダマシ (エゾバイ科)

22:15

Caducifer truncata
コゲイロホラダマシ-腹面

コゲイロホラダマシ-背面

私の中では、この貝は前回のヒモカケシリキレボラと同じグループということになっていたのですが、
実はなんとエゾバイ科。
特徴的な形ではありますがエゾバイ科のイメージがあまりなく、いまだに何科だったかすぐに忘れます(T_T)。

しかも、図鑑によってはシリオレホラダマシと同種とされ、シリオレホラダマシということに Σ(゚д゚ )エッー。

もともとシリオレホラダマシとされていた物は茶褐色と黄色のまだら模様だし、殻も太めのような気がします。
ただ、近海産図鑑でも「たぶん同種」というなんとも煮え切らない書きっぷりだったので、
またひっくり返るなんてこともなきにしもあらず?

コゲイロでOKとの意見もあるようのなので、ここはあえて強気のコゲイロホラダマシということに。

大きさ14mm。採集場所はA&Wの浜

やっと、ひと山超えてきました(;-_-) =3 しばらく通常運転に戻れそうかな。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    寿星螺さん、こんばんは。

    この浜で拾えるコゲイロはみんなこんな薄い茶色というかオレンジ色なんです。
    この前の土曜日の採集でも2個拾いましたがやっぱりオレンジ色でした。
    地域差なんでしょうかね。

    寿星螺さんもコゲイロとシリオレは別種とされているんですね。
    シリオレで紹介しないで良かったです(;-_-) =3

    写真ありがとうございます。拝見させて頂きます。

  2. はらはち | URL | -

    virolさん、こんばんは。

    いえいえ、どういたしまして。

    でも、あの屋部中学校の裏の浜は、むかーし掲示板で貝がたくさん落ちてると書かれていました。
    私もそれを見て拾いに行ったような記憶があります。
    機会があれば、また行ってみましょうかね。行ったときはまた報告します。

  3. 寿星螺 | URL | t3VNPn8Y

    はらはちさん、こんばんは

    変わった色のコゲイロホラダマシですね。
    コゲイロというよりオレンジできれいです。

    ところで、コゲイロとシリオレは別物です。
    殻形状、殻質、色合いともに違いますよ。
    大きな写真にすると良く分かります。
    写真を掲示板に送っておきます。

  4. virol | URL | -

    ありがとうございます~☆

    屋部西交差点から少し海岸が見えるんで場所的には面白そうかなって思ってたんですが車を止める場所が見つからず何時もスルーしてまして・・(^_^;)情報ありがとうございます~☆

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. はらはち | URL | -

    茜ちゃん さん、はじめまして。

    コメントありがとうございます。

    私もブログ拝見させていただきました。
    加計呂麻島とても良いところですね~。海も山もとてもきれいです。

    採集結果も拝見しましたがヨダレが出そうです(^_^)。
    私設研究室はお宝ザクザクの気配が。入り浸りさせてもらいたいです。
    猫好きとしては、他のブログも気になるところです。後でゆっくり拝見させて頂きます。

    今後とも、よろしくお願い致します。

  7. はらはち | URL | -

    virol さん、こんにちは。

    ちょと一息ついたので、土曜日はたまったうっぷんをすべてはき出して来ました(^_^)。
    場所はもちろんあの浜です。小物ばかりでしたが、なかなかの収穫でした。
    時間に余裕も出てきたので、近々UPできるかと。

    屋部中の裏あたりはずーっと前に一度だけ行ったことがあります。
    初めてカンムリオトメフデを拾ったところなので覚えていますが、それ以外はあまり拾えなかった記憶があります。そのため、それ以後は行ってないですね。
    昨日は、屋部よりもう少し先の山入端あたりの砂浜も覗いてみたのですが、サンゴ片はたくさん打ち上がってましたが、貝の方は拾うほどではなかったです。
    最近はA&W浜が基準になってしまって、他の場所の評価は下がり気味ではありますが(^_^;)。

  8. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんにちは。

    足跡の場所は東江海岸のビーチです。もちろん砂は持って帰ってます(^_^)。

    コゲイロホラダマシは「沖縄の海の貝・陸の貝」ではシリオレホラダマシとは分けられいるようです。
    個人的には分けて欲しいという希望も込めて、あえて分けてみました。

    土曜日お疲れ様でした。やっぱり許田も行っておけばよかった(T_T)。
    私も前を通ったのでどうしようかとかなり悩んだのですが、最初の浜で力尽きスルーしてしまいました。
    まさかユキゲの完品が拾えるとは。

    あのアッキガイですが、見た感じではFavartia属あたりの名前の最後にヨウラクが付きそうな感じの種類じゃないかなーと。
    螺肋、縦肋が立体的に張り出しています。今のところ該当する種名はわかりません。
    掲示板に写真をUPしておきますので、よろしければご意見お聞かせ下さい。

  9. ご挨拶

    こんにちわ(^-^)
    私は現在、奄美大島の加計呂麻島に住んでおります。
    大津からアイ・ターンしてきました。
    現在1.5年経過の68歳の島人。
    ここ一年ほど貝拾いをしています。

    ブログも最近開設。
    http://ritounikki.amamin.jp/
    つたない成果披露してます。
    貴方のブログを最初から見させてもらっております。
    ほほえましい写真と文章。
    自らの体験と引き比べて、微笑んでおります。
    沖縄、先島は憧れです。
    これからもよろしく(^-^)

  10. virol | URL | -

    良い足跡で・・☆

    土曜日行かれたのですね??結果が楽しみで・・そうそう屋部中裏~屋部西の交差点までの海岸って行った事あります~??

  11. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    トップバナー変わりましたね^^
    微小貝の打上げの「筋」が気になりますね~!!

    あれ、こいつ、コゲイロホラダマシっていうんですか…!?
    確かに近海産図鑑のシリオレホラダマシとは違うなぁと思いつつ、ほッたらかしていました^^;


    ところで、土曜日はお疲れ様でした^^
    こちらは3時間半粘りましたが、念願のホシヤマは出ず…^^; (初物はナシ…苦笑)
    そのあと許田に回りまして、ユキゲイモの完品が拾えたので、まぁ良かったかな、と(^^

    そうそう、A&W浜でチラ見させていただいた「ヘンなアッキガイ科」は、
    コセンジュガイの可能性がありませんか?
    近海産図鑑では20~100mとあり、かなり深めの貝のようですね。
    でもA&W浜はかなり深めの貝も上がるようで、(近海産によると)30m以深とされているシワクマサカガイを拾ったことがありますので、可能性は十分あると思います。

  12. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  13. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks