ヒモカケシリキレボラ (コロモガイ科)

23:34

Tritonoharpa antiquata
ヒモカケシリキレボラ-背面

ヒモカケシリキレボラ-腹面

ハタガイ、マキザサ、チョウチンフデ、ハルシャガイと、最近ちょっと派手めな貝がつづいたので、
久しぶりに地味~なやつで。

この貝、ずっとセコバイ科だと思ってたら、コロモガイ科だったんですね。よく調べたらどうやら昔はセコバイ科だったようです
ヒモカケセコバイと混同しがちですが、それで納得。

写真の貝殻は東江の人口ビーチで拾いました。サンドポンプ物なので、穴があるのはご愛敬。
大きさ20mm。
通常拾うのは1cm前後なので、この個体はちょっと大きめです。

気が付いたら3月に入ってしまいました。更新が滞りがちで申し訳ございません。
ネタはあるにはあるのですが、記事をアップするヒマが無い状態でして、泣き言しか出てきません(´;ω;`)。

沖縄ももう、だいぶあったかくなって参りました。春というより、ちょい夏ぐらい(^_^)。
仕事の合間、空を見上げながら夏の採集計画をあれこれ妄想するのが最近の唯一の楽しみです。
通常運転は4月になってからだと思いますが、それまではボチボチお付き合い下さい。
それではまた。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks