カヤノミガイ (オオシイノミガイ科)

21:11

Pupa sulcata
カヤノミガイ02-腹面

カヤノミガイ02-背面

模様もぼやっとしていて、ツヤもないので擦れ擦れなのかと思ってたのですが、
先日みつけた生貝も、たいして違いはなかったです。
ネット上で紹介されてるカヤノミガイもたいがい模様はうっすらなので、通常こんな感じのようです。
見つけた生貝は砂の中の這い跡にいました。砂の中を動き回ってるときに擦れてしまうのかもしれませんね。

ところが、なかには模様のはっきりした個体もいるようで、左下の個体は黒いまだら模様が結構はっきりしています。
実は、どちらも同じ日、同じ場所で拾った個体です。
カヤノミガイ-2
採集場所は恩納村。大きさは左が18mm。右が21mm。


ここでちょっとお知らせを!

このたび、当ブログでお世話になっている常連の方々が所属されている 阪神貝類談話会 様と
相互リンクさせて頂くことになりました。

せっかくですので、ご紹介させて頂きます。

名前の通り、関西の兵庫県西宮市を拠点に貝好きが集まる会です。
小学生から大人まで、ビギナー、ベテラン入り乱れての楽しい会のようです。
例会や機関誌の発行もされているそうです。

ただいま絶賛、貝仲間募集中とのこと!
興味がある方は一度リンク先のホームページを覗いてみて下さい。
HP内にあるギャラリーの貝写真を見るだけでも一見の価値有りです。

阪神貝類談話会のホームページはこちらです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks