コゲツノブエ (オニノツノガイ科)

23:40

Ceritium coralium
コゲツノブエ-背面

コゲツノブエ-腹面

今年一発目の貝殻紹介は情熱の赤で行くぜ!(カラ元気)

ウミニナ系と混同しそうなオニノツノガイ科ですが、
口の上下端にある白い滑層(ツヤツヤ)がないところで区別します。

ゴツゴツの表面に褐色の殻、細長い殻頂が特徴です。
まさに「焦げ角笛」といった感じでなんともキャッチーな名前ですね(^_^)

マングローブに良くいるそうですが、今のところ見かけたことはないです。
探し方が足りないのかな?
内湾干潟にもいるそうでして、これはその干潟で死殻を拾いました。
1個しか持ってないので、大事なひとつです。

大きさ30mm。採集場所は名護の漁港そばの海岸。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんにちは。

    思いつくものもいくつかありますが、黒系統の貝は少ないような気もします。
    打ち上げやってると特に、白っぽいのばかりですからね。その印象も強いんじゃないかと。

    オニノツノガイ、ウミニナ系は難しいですよね。
    私で分かればコメントさせていただきます。お手柔らかに(^-^)

  2. しんけんパパ | URL | -

    イポイボ感が良いですね。
    黒系統の巻き貝貴重ですね。(自分が持っていないだけか^^)
    ウミニナ難しいです。自分もイボウミニナではないものはウミニナで(横縞黒、ごま模様・・・)

    オニノツノガイで分からないものを、ブログでUP準備していますのでよければご意見を(ジミなものですが)m(_ _)m

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks