--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイシボラ (フジツガイ科)

23:51

Cymatium comptum
レイシボラ-腹面

レイシボラ-背面

レイシボラ-殻頂

レイシボラあたりも私のような素人同定だと罠にはまってしまう可能性のある種類です。
ハチボラ、ククリボラ、ヒメミツカドボラあたりは要注意。擦れてたり、幼貝だったりするともうたいへん。

見分けるポイントですが、
レイシボラの螺肋(巻にそって入る横スジ)は他の種類に比べると細くなります。
縦張肋(巻きの所々で盛り上がっているところ。縦に入る畦状のやつ)の形状も他のそっくりさんと微妙に違うので図鑑などで見比べてみてください。説明は難しいのでパス。

この貝も本来であれば口の下に伸びる水管溝がもっと長くなりますが、
フジツガイ科の宿命で水管溝が欠けて半分ぐらいの長さに(T_T)。
とは言え、そんなに拾う機会もなく、これだけ綺麗な状態で拾えただけでも超ラッキー。

大きさ28mm。採集場所は例のA&Wの浜になります。

最近は寒さと忙しさですっかり活動が鈍くなってます。
それでも何とか隙を見つけては打ち上げ採集には行ったりしています。
その報告はまた後ほどなんですが、年末年始には久々に砂の持ち帰り企画なんかも考えてます。
今年ももう少しで終わりですが、がんばっていきましょう!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    おーちゃんさん、こんばんは。

    相当がんばったみたいですね。その分成果も上がったようでなによりです。

    娘さんは大手柄でしたね。
    興味なかった連れがレアものゲットは、よくありますよね。
    私のところでも初ゲットしたナシジダカラにアヤメダカラはどちらもうちの奥さんです(^-^;)。
    無欲の勝利でしょうね。

    それにしても、ジャノメダカラまでゲットするとは、娘さんはゴッドハンドの持ち主では。
    恐るべし。立派な貝マニアに育て上げてください(^-^)

    今度は夏にでも遊びに来てください。台風後にこれるといいですけどね~。

  2. おーちゃん | URL | dhc065uE

    行ってきました

     こんにちは。昨晩、沖縄から帰ってきました。A&W浜、なんとか行き着けました。本当すごい浜ですね。今までの沖縄での採集は何だったのかと思うぐらいの4日間でした。マクラガイ科やチドリダカラ系が特に、それにバラフシラタマも娘と二人で10個も。
     でも、真剣に探していた私は見つからなかったのに、最初、気乗りしない様子だった娘にはニクタケが5つ、スソヨツメ2コ、スレスレとはいえ、ジャノメダカラ、カエンダケらしいタケノコ(こちらは瀬嵩ですが)までもorz それでも、いくつもの初物や状態のよいものがあって、十分満足のいく成果なんですけどね。目の前に見せられるとorz
     とにかく、このブログであの浜の存在を教えていただけて、感謝です。

     

  3. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは。

    > このあたり難しいです。
    ですよね~。

    この貝、模様もおもしろいですよね。私も白と茶色のコントラストがおしゃれだと思います。

    年末年始は天気悪いみたいですね(T_T)。
    金曜日あたりは大潮だし、気温も高そうなので強行しようかな~と。
    日頃の行いがでそうですが(^_^;)

  4. しんけんパパ | URL | -

    このあたり難しいです。
    レイシボラというのもいるんですね。
    発色が綺麗です。特に口周りの白が!
    年末年始天気なら良いんですが。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。