--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採集結果 121125 その1

00:00

この前、採集状況だけUPした11月25日の採集結果報告します。
とりあえずA&Wの浜から行きます。東江のビーチの方はもうちょっと先になりそう。

さて、まずは数の多かったタカラガイから。なんと言ってもスソヨツメダカラですが、ナシジダカラのツルピカ!
そしてヒロクチダカラのツルピカもじつは初めて(=゚ω゚)/
121125採集結果-03
<画像をクリックすると大きなサイズでみられます>
ゴマフダカラ×2 アジロダカラ(^_^;) ツマムラサキメダカラ シラタマガイ科たくさん
サバダカラ マメシボリダカラ サメダカラ イボダカラ メノウチドリダカラ チドリダカラ ナシジダカラ
ヒロクチダカラ×2 スソヨツメダカラ カモンダカラ ナシジダカラ×2
つづいて、二枚貝と大物。二枚貝についてはゴニョゴニョ・・・・
かなり螺塔の高いベニアラレボラなんかは地味にスゴイと思ってます。
気になるのは、とりあえずコロモガイ科??とした不明種。実のところコロモガイ科も怪しい。なんじゃこりゃ?
と思ってたら、コメント欄より神の声が!!
このコロモガイ科とした貝はアッキガイ科のテツレイシモドキという、なかなかレアな品だそうです。ヤッター\(^-^)/
121125採集結果-01
<画像をクリックすると大きなサイズでみられます>
ベニエガイ? ハナヤカワスレ シロスジナデシコ クロフトマヤガイ ヤカドツノガイ
ミミズガイ×2 バライロレイシダマシ ベニアラレボラ カタベガイダマシ×2 イトマキボラ科??
ベニタケ サツマボラ スジグロニシキニナ テツレイシモドキ! クチベニレイシダマシ ハルシャガイ

今までで一番の大きさと色の濃さ、そしてツヤを誇るスミレダマ!(左側の奴)
アラゴマフダマも久しぶりに拾ったような気がします。初物もゲンロクノシガイとクロマキアゲエビスげっとー!
121125採集結果-02
<画像をクリックすると大きなサイズでみられます>
ムシエビ マルフトコロ カサネフウリンチドリ コゲイロホラダマシ×3 ゴママダラノシガイゲンロクノシガイ×2 イモガイ幼貝(キンランイモ?)
ニシキウズガイ科? キヌヨフバイ×4 オキナワキヌヨフバイ イガムシロ ヨフバイモドキ
ヘソアキアシヤエビス クロマキアゲエビス カゴサンショウガイモドキ×2 ヤサガタムカシタモト ムカシタモト フトスジムカシタモト
アラゴマフダマ モクメダマ テマリダマ スミレダマ×2

エビチャもダルマもやっと2個目をゲット。しかも前より上等品。
ノミクダマキも初物!コンツクシもかなり状態良し。
ツクシガイ科、クダマキガイ科は好きなグループなので、この辺がザクザク拾えるとかなり嬉しい(^_^)。
121125採集結果-04
<画像をクリックすると大きなサイズでみられます>
ハマオトメフデ ノミクダマキ アミドコウシツブ ムシボタル
オオシマヤタテ ヒメイモフデ×2 コベニフデ×2 カバスジツクシ ダルマコウシツブ
ツノクダマキ ヒレツノクダマキ ヒメウミクダマキ ハマヅト ツクシガイ科 コンツクシ エビチャオトメフデ ミヨリオトメフデ

といった感じで、初物こそ少ないもののレアものや久しぶりに拾ったもが多く、それなりに満足の採集結果でした。
やっぱりスゴイ、A&W浜!!

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    sidatami さん、こんばんは。

    陸貝は地味ですからね~(T_T)地味なりの良さはあるんですけどね。

    一応、私もカテゴリーには「陸貝」も入れているので、そろそろ陸貝採集も行きたいなーとは思うのですが、
    沖縄はハブがいるので陸貝採集はどうしても躊躇してしまいます(川にもでるんですけどね)

    スソヨツメ人気高いですね。個性派ですしね。
    マメシボリも時々見かけますが、擦れ擦れしか見たことないです。
    これもツルピカ行きたいところです。

  2. sidatami | URL | zjYrGLtU

    ご無沙汰致しました。
    最近陸貝ばっかりやっているせいか、海の貝(特にこのタカラガイは)の美しさが大変よくわかります。
    私はやっぱりスソヨツメですかね?マメシボリも可愛らしいです。
    早く海に行きたくてウズウズしています。
    採集お疲れ様でした。

  3. はらはち | URL | -

    fts5272さま、こんばんは。

    阪神貝類談話会の写真、さっそく見てきました。
    唯一といっていい標本写真ですね。情報ありがとうございます。

    仰るとおり私が拾ったものは摩耗がひどく、だいぶ雰囲気が違いますが、
    それでもアウトラインや縦肋、螺肋の入り方などを見ると、間違いなくテツレイシモドキだと思います。

    ただ、この写真をみるときれいな個体がほしくなりますねー。
    微細な彫刻はレアっぽさがプンプンします。

  4. fts5272 | URL | -

    テツレイシモドキ

    はらはち様

    昨日のお便りで書き忘れてしまったのですが、
    テツレイシモドキの生貝の写真があるのを忘れていました。

    阪神貝類談話会のホームページに出ていました。
    この種は和歌山、高知、沖縄と広範囲に分布しているようですが
    現在確実に取れるのはここぐらいしか知りません。

    生貝と打ち上げではかなり趣が違いますので面白いですよ。
    よろしければ覗いてみてください。

  5. はらはち | URL | -

    おーちゃん さん、こんばんは。

    迷える子羊よ。
    どうやら、まだあの場所がわかってないようですね(^_^)。
    ここはグーグルマップでみれば入り口はちゃんとわかるはずです。

    日々、良い行いをしていれば、いずれ神の声が届くでしょう。神のお導きがありますように。

  6. おーちゃん | URL | dhc065uE

     こんばんは。前回の分だけでもうらやましい限りでしたのに、もう目の毒の域です。そうそう海に行くわけにも行かないので。
    これはますます、A&W浜には是非行かなければ。たとえ師匠のように拾えなくとも、あきらめがつくというものです。でも、行ける自信がorz ストリートビューも見てみたんですが、いまいちよくわかりませんでした。師匠!こんな私でも無事に行き着くことができるでしょうか?

  7. はらはち | URL | -

    な、なんと!

    fts5272 さん、こんにちは。

    テツレイシモドキ!!!!( ゚д゚)ナヌー!
    コメント拝見してこちらも興奮してしまいました!

    情報もほとんど無いようですね。そんなレアものが拾えるなんて(T_T)←もちろんうれし泣き。

    イモガイ幼貝は確かにキンランイモっぽいですね。
    幼貝となると、小さいうちだけ殻頂がとがってたりなんて事もあるので、難しいですよね。

    アミドコウシツブも初耳です。近海産図鑑では該当する種がなかったのでお手上げ状態でした。
    和名検索→学名検索でようやく画像を見ることができましたが、確かにこれっぽいですね。
    うちに帰って、よく見てみます。

    毎回ご指摘いただき、ありがとうございますm( _ _ )m
    やっぱりすごい場所ですねここ。しゅりさんが拾いに行くくらいですからね(^-^)。
    この場所は名護に住んで毎日行きたくなります。

  8. はらはち | URL | -

    しゅりさん、こんにちは。

    ついに、しゅりさんも打ち上げに目覚めましたか!!打上採集も一緒に行けますね。

    クチムラサキタマガイ!!私もこの前ここで拾いましたが、レアものがこんなに頻繁に拾えるとは。
    カバホシもツルピカはまだ持ってないので狙いたいところです。
    うーまた行きたくなってきました。

    しゅりさん、微小貝に打ち上げとかなり守備範囲が広がってきましたね。

  9. はらはち | URL | -

    virol さん、こんばんは。

    スソヨツメ良いですよね~。個性的なフォルムと模様がグッときます。
    カスレピカって状態があるんですね。
    そういえば、私のイボダカラとかスソヨツメもそんなでした。あの写真は差し替えたいです(T_T)
    チドリのとなりはナシジでしたか。ちょっと口がゆがんでるみたいです。

  10. fts5272 | URL | -

    すばらしい。

    はらはち様

    この度はすばらしい成果でしたね。
    興奮のあまり勤務先からコメントしてしまいました。

    まず、2番目の画像でコロモガイ科?とされているものですが、
    これはテツレイシモドキといいます。邦産のこのグループの中では
    ダントツに少ない希少種で自己採集されている方は大変少ないと
    思います。
    水深5m前後の岩礁帯にいますので打ち上げにくく磯採集もできず、
    浅すぎるため刺し網にもかかりにくいというマニア泣かせの種類です。
    また、図が極端に少なく東先生の柏島目録か外国のなんちゃらにしか
    見いだせていません。
    私も打ち上げ採集から生貝採集まで20年近くかかりました。
    とにかく結構なものですね。

    3番目の画像でイモガイの幼貝とされているのはキンランイモの幼貝のように
    見えますね。

    4番目の画像のクダマキガイ科ですが、これはアミドコウシツブではとおもいます。

  11. しゅり | URL | -

    今日A&W浜に行ったよ

    主だった所は
    カバホシダカラ!とアジロダカラ、クチムラサキタマガイ、バラフシラタマ等
    約2時間半、彷徨い歩いてきました。
    あ~ぁ腰痛かった。

  12. virol | URL | -

    こんばんは~☆

    良いのが揃ってますね~☆中でもスソヨツメは抜群で☆チドリの隣は多分擦れのナシジかな・・☆あとヒログチですが多分沖縄独特のカスレピカかな??ヒログチは青灰色の下地に褐色の微細な斑点が散在し背面中央付近に大型の斑紋がでるんで此方は以前紹介のあった白色のイボダカラのような感じかな~☆この擦れてるがピカピカになってるタイプはヨツメにもあてはまるかな・・☆

  13. はらはち | URL | -

    名無しさん、こんにちは。

    > ゴマフダカラの横はアジロですね。(弘法筆の誤り)
    あちゃー。ご指摘ありがとうございます(^_^;)>。

    ヒロクチってたくさん落ちてる割にツルピカはなかなかお目にかかれないですよね。
    色はどうなんでしょう。このツルピカはとなりのがっつり摩耗したのと同じ色なのが??です。
    たまたま摩耗しなかっただけで、死んでから長いこと時間が経って退色だけ進んでるのかも?

    綺麗なツノクダマキはうらやましいですね~。私のはツノもヒレツノも丸くなった奴しか持ってないです。
    このツノクダマキ系もそうですが、ちょっと似たものがいくつもあるシリーズ物がじつは大好きです。
    たとえば、ナツモモ・シリーズとかヤタテガイ・シリーズとか。
    ついついコンプリートしたくなります(^_^)。

  14. | URL | -

    りっぱな収穫ですね。
    ゴマフダカラの横はアジロですね。(弘法筆の誤り)
    ヒロクチけっこう拾いますが、ツルピカはまだ(T_T)
    というか、もっと濃い色と思っていましたが、薄い色もいるんですね。スルーした中にツルピカもあったのかなと、ちょっとドキドキしています。
    ツノクダマキ最近綺麗なものを拾いました。角は管が押し潰されたというデザインがわかり、珍しくはないのですがお気に入りです^^

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。