ミスガイ (ミスガイ科)

22:56

Hydatina physis
ミスガイ-腹面

ミスガイ-背面

ミスガイも実はウミウシの仲間で、貝殻を背負ったウミウシってやつです。

写真の貝殻はちょっと色落ちしてますが、口が欠けてないやつを選んでみました。
殻が薄く欠けやすいこともあって、口が綺麗な奴はなかなか拾えませんよ。

大きさ24mm。採集場所は瀬嵩の浜です。

模様の方も多少バリエーションがあるようで、
シマシマ模様の間隔がほぼ同じ奴もいれば、広くなったり狭まくなったりする奴も。
ミスガイいろいろ

お馴染みの名前の意味を調べてみました。まずは和名から。
カタカナでミスガイと書かれてもなんの事やらさっぱり。
何か不手際でもあったのか?と勘ぐってしまいそうですが、そんなことはありません。
漢字で書くと「御簾貝」で、
御簾とは宮殿や神殿などに用いる竹で作ったすだれのことだそうで、確かにすだれ模様ではありますね。

種小名ほうですが、「physis」はギリシャ語で「自然」という意味らしい。
この「physis」をラテン語にすると「natura」となり、そこから英語の「nature:ネイチャー」となったそうです。
そういわれてもねぇ。種小名で自然ってどういうこと?ですよね。
属名の「Hydatina」の意味がわかるともしかしたら、意味がわかるのかも。
それとも、もっと違う意味があるのかな?
今日はこのへんでギブアップ(T_T)。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんにちは。

    レスありがとうございます。

    私はツールドオキナワと知らずに行ってしまいました(T_T)。
    6時間半!!恐れ入りました。私は2カ所で5時間が精一杯でした。

    粘っただけあって成果がでてますね。イトカケボラにオボロセコバイとは大ヒットじゃないですか。
    ベニフもいいですねー。ベニフはちーーーさいのを拾ったことはあるんですが、
    それ以降見かけたこともなく、ちゃんとしたのを拾いたいところです。

    UP楽しみに待ってます!

  2. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    こんばんは。遅レスすみません^^;

    >先週の三連休
    >ミズゴマツボさんは行きましたか?

    はい、初日の金曜に行ってきました^^;
    (土日は、ツールドオキナワで通規制があると聞いていたので)

    雨の中、朝8時から14時半まで、ひたすら6時間半、拾い続けました。
    途中からヒザがガクガクしてきて、まともに歩けない状態だったり、
    後で思えば、趣味とはいえ良くやるなぁ~と呆れてしまいますが(爆
    (もちろん翌日は腰痛&太ももの筋肉痛でした…笑)

    おっしゃるとおり、打上げ相が変わってましたね。
    ヒットとしては、イトカケボラ、ベニフナツモモ、オボロセコバイ、クチビルノシガイでしょうか。
    ベニフナツモモは、恋焦がれていた貝でしたので、見つけた時は「ぐおぉおおお!?!」と唸り声が漏れてしまいました^^;

    拾った時の写真も撮ってきてますので、そのうちupするかもしれませんが、
    ブログの方は、まぁ気ままに行きますのですみません^^;

  3. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんばんは。

    この辺の貝は、割れてないが重要ですよね。
    私も、拾った完品をいじくりながらにやけ顔でブツブツ言ってるのに気がついて、
    ハッとするときがあります(T_T)。通報されないようにしないと(^-^;)

    話は変わりますが、
    先週の三連休の最後にA&Wの浜に行ってきました。ミズゴマツボさんは行きましたか?

    護岸の方の砂がだいぶ無くなっていました。
    打ち上げの数は相変わらずですが、種類がちょっと様変わりしてましたよ!
    台風の時とは打ち上がるものが若干変わるようです。

    結果報告は後ほど。今も会社から書き込んでます(T_T)

  4. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    >何か不手際でもあったのか?と勘ぐってしまいそうですが

    爆!
    いやぁ私も、いつも、どうしても、失敗の方のミスを連想してしまって。
    (一応、御簾は知ってはいるんですが、脳内変換がどうしてもミスの方へと…)


    ベニヤカタよりかは、あちこちで拾える気がしますが、
    割れてないのは、なかなか落ちてませんよね。
    完品だと、ヤッターと(年甲斐もなく?)嬉しくなってしまいます…(笑

  5. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは。

    ベニヤカタやミスガイは、瀬嵩にいくようになるまで長いこと拾うことができなかった種類です。
    あまり多くも無いようですし、出会いを待つしかないでしょうね。
    いつかきっと拾うことはできるでしょう。(握りつぶさない限りですが(^_^))

    ミスガイの名前の由来は想像付かない答えでしたね。
    水を連想する気持ちはよくわかります。水の中にいるわけですし。

  6. しんけんパパ | URL | -

    ミスガイ科1個ももっていません。
    ペニヤカタガイは、握り潰したし(笑
    名前の由来は、御簾なんですね。
    なぜか水を連想していました。
    御簾見たことも無いし、しかたありませんね^^

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks