モクメダマ (タマガイ科)

23:13

Tanea undulata
モクメダマ-腹面

モクメダマ-背面

モクメダマ-殻頂

白や茶色の単色など、地味な殻が多いタマガイ科の中ではちょっと変わり種のモクメダマ。
なかなか拾えず、ずっと狙っていたタマガイの一つでもあります。
ここ最近で立て続けに拾えたお陰もありまして、今回ツルピカの登場と相成りました。

良いですね~ツルピカって。うっとりしちゃいますね。まあ、口が欠けてるのはご愛敬ということで。

特徴は和名からもわかるとおり、木目状のしま模様。
わたしはまだ未見なのですが、近似種にマサメダマというのもいるようで、
マサメダマの方は、この茶色のしま模様が細くしまの数も多くなっているそうです。
次のターゲットはマサメダマですね(ゝω・)。

大きさ19mm。採集場所は例のA&Wの浜です。

- おまけ -
こちらはツヤはないですが、模様の濃い個体です。大きさ19mm。採集場所は瀬嵩の浜
モクメダマ-腹面
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    きつきつぼ さん、こんばんは。

    モクメダマの蓋付きかあ~(遠い目)いいですね~。

    夜のシュノーケリング!一人ではちょっと危ないですよ。
    でも行きたくなる気持ちはわかります。十分気をつけてください。

    私も、ずっとシュノーケリングやりたいと思いつつ、行く年月が。
    有言実行と行きたいところですが。気が付けば冬。また来年に持ち越しです。

  2. きつきつぼ | URL | 3/2tU3w2

    憧れの貝

    モクメダマは私が奄美通いしている中で目標の貝です。
    奄美の地元の人に生貝の蓋付き標本を見せてもらったのが忘れられません。
    やはり、タマガイの仲間は夜探さないと見つからないようで、私のように昼間にシュノーケリングで海底の砂をほじっているようでは余程のまぐれがおきない限り採れないでしょう。
    実際地元の人も夜採集したそうで、危険が多そうですが、次回は夜間シュノーケリングを計画してみようか考えています。

  3. はらはち | URL | -

    しんけんパパさん、こんばんは。

    モクメダマも打ち上げではなかなか見つけられない種類ですよね。
    私も、最初はずっと見つけられず、やっと見つけたら穴あき、次がスレスレときてのツルピカでした。
    真っ白でも拾えたのであれば、望みはありますね。
    焦らされたぶん、拾ったときの感動も大きくなることでしょう(^_^)。

  4. しんけんパパ | URL | -

    ハイハイ 自分も持っています。

    真っ白いのを(T T)

    日にかざすと縞が見えます^^

    モクメダマ綺麗なので、完品がほしいです。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks