アヤメダカラ (タカラガイ科)

23:37

Cypraea poraria
アヤメダカラ-背面

アヤメダカラ-口

アヤメダカラ-殻頂

きれいなタカラガイです。

背面の星空のような模様も好きですが、個人的には口の方の淡い紫色(アヤメ色)が大好きです。
名前の由来はもちろんアヤメ(菖蒲)からでしょう。

とても良い状態で拾えたこの殻、ツヤはもちろん色も濃くお気に入りの一品なのですが、
この色も月日と共に色あせてしまうそうです。
どれだけ大事に保管しても、何年か経つと色が抜けて、淡い色になってしまうそうな。

なんだか短歌の1つでも詠んでみたい心境ではありますが、学がないため顔文字で表現してみました。

(´・_・`)

大きさ17mm。採集場所は北部よりの干潟です。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    おーちゃん さん、こんにちは

    うらやましいでしょ~(^-^)

    ツルピカは眺めてるだけで楽しいです。

    女性が宝石を見てうっとりする気持ちは、これに近いのかなと思います。
    紫色は色褪せが早いんですか!う~ん、諸行無常を感じますね。

    少しでも褪色を遅らせるためには、密閉性のビニール袋への保存、暗所保管、
    紙ラベルを一緒に保存しないなどしか手はないのかなと。

  2. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんにちは

    わたしもこれが人生初で唯一のつるぴかアヤメダカラです。
    嬉しいですよねー。

    保管方法はしんけんパパさんと同じく、ビニールのチャックつき袋に入れて保管してます。
    遮光はイマイチですが(^-^;)。

    色落ちは光と乾燥で進むようですね。
    あと、ラベルとかに使う紙は褪色を進めるそうです。植物質のものはたいがい厳しいようで、
    紙の他に、貝を保護するための綿とかも影響あるそうです。
    私もこれを聞いてから、ラベルを紙から袋の外側に貼り付けるシールに張り替えました。
    綿をつかうなら、水槽の水浄化用で使うスチールウールが良いそうですよ。

    色あせする貝ですが、どうなんでしょうかね。
    よく知らないのですが、色の濃いやつはほとんど落ちるような気がします。
    わたしはまだコレクター歴が浅いもので、実際に色落ちを実感したことがないんですよね。

  3. おーちゃん | URL | dhc065uE

     おはようございます。本当にいい状態ですね。こんなにツルピカなアヤメは拾ったことがないのでうらやましいです。
     真偽のほどは分かりませんが、貝殻の紫色は早く色褪せると聞いたことがあります。確かにアヤメの色褪せは、他のものより早いような気が。少しでも褪色を遅らせる良い方法があるのなら、私も知りたいです。よろしく御願いします。

  4. しんけんパパ | URL | -

    自分も先日ツルピカを見つけました。色はかなり濃い色です。

    口が紫で綺麗ですが、摩耗した物ばかりだったのでとっても嬉しいです。

    色あせするんですね。どのような保管方法ですか?チャック付袋に入れて遮光した箱に保管してます。

    他に色あせするものはどんなのがあるでしょう。(シボリダカラは把握してますが)

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks