奇跡の打ち上げにウ~サンバッ! - 台風16号編 最終章

03:07

前回のフリはいかがでしたでしょうか?
引っ張りすぎだよとの無言の抗議が聞こえてきたのは気のせい?
本当にお待たせ致しました。台風16号での採集結果報告と参りましょう。

さっそく大物からご紹介します。
まずはイモガイ科。

ハルシャガイ×5 タガヤサンミナシ×5 ミカドミナシ×2 イボシマイモ アカシマミナシ×2
採集結果120917-01
<画像をクリックすると大きなサイズでみられます>

改めてみると、なんでこんなに拾ったんだろうってぐらい拾ってますね。
ハルシャガイはまあ、わかる。何しろ、ずっと欲しくて、まともな殻を拾うことができなかった貝なので、
ついつい手が出てしまったんだと思います。
しかし、タガヤサンミナシやイボシマイモはこんなにいらんよね。
ウハウハ状態でどうかしてたんだと思います。

以下、タガが外れたまま突っ走ります。
イモガイ科からマクラガイ科。(初物は色つきにしてみました)

ハナイモ イタチイモ フデイモ シロマダライモ(幼)? サツマビナ×5(そんなにいらないよ(´;ω;`))
キヌカツギイモ コモンイモ スソムラサキイモ ナガサラサミナシ ジュドウマクラ×2
クロザメモドキ×3 ゴマフイモ ヒラマキイモ
採集結果120917-02
<画像をクリックすると大きなサイズでみられます>

タケノコガイ科と二枚貝
ベニダケ×3 ウシノツノガイ マキザサ! ムシロタケ 
サカライマスオ  リュウキュウナデシコ ゴマフザル(=リュウキュウザルガイ?) チサラガイ
採集結果120917-03
<画像をクリックすると大きなサイズでみられます>

タマガイ科やタカラガイ科など。(ここだけ左上から下に向かって紹介します)
クチムラサキダマ モクメダマ! クチグロタマガイ
メノウチドリ×2 リスガイ → ネズミガイ 臍孔が大きく開いた不明タマガイ(タマツバキの一種?)
ムシエビ×2 スソヨツメダカラ×2 ホシキヌタ カモンダカラ コモンダカラ
マルシロネズミ ナシジダカラ コナツメガイ ナツメガイ
採集結果120917-05
<画像をクリックすると大きなサイズでみられます>

中サイズいろいろ。
ベニアラレボラ×2 イササボラ コベニフデ×3 ハナオトメフデ カバスジツクシ ミツカドボラ(幼)
トウマキ×2 シャジククダマキ トラフクダマキ ヒモカケセコバイ フトスジムカシタモト マクラソデガイ
ミツカドボラ サツマボラ チョウセンフデ! ハナワレイシ アラフデガイ クチベニアラフデ
採集結果120917-04
<画像をクリックすると大きなサイズでみられます>

中~小サイズいろいろ
キクスズメ クダマキガイ科 → メオニノツノガイ(幼貝) チヂミハマヅト ミカンレイシ(カスリミカンレイシ) イワカワフデ オキナワキヌヨフバイ ツノテツレイシ(亜成貝) レイシダマシ サラサバイ
ベッコウバイ×2 ムラサキアンボイナ ショウジョウラ×2 ジュセイラ×2 クチベニホラダマシ
キイロイガレイシ×2 オハグロオキニシ ムラサキツノマタモドキ スジグロニシキニナ×3
採集結果120917-06
<画像をクリックすると大きなサイズでみられます>

前回紹介漏れしたなかでは、ミカンレイシ(カスリミカンレイシ)はレアものじゃないかと。何しろ図鑑には載ってないです。
ネットでなんとか和名がわかった奴です。

あと、個人的にはコベニフデの大きい奴やイササボラ、チョウセンフデ、オハグロオキニシあたりも
上等品が拾えたので普通種ですがそれなりに嬉しかったです。

とにかく今回の初物の多さには1人ほくそ笑んでおります。これがあと1回来るわけですからね。
にやけずにはいられませんぜ(゚ー゚)ニヤリ。

次回、台風17号編も今週中には何とかUPできるかと思います。
お楽しみに!

数も多いと、そのぶん間違いも多くなるようです(TーT)。

さっそく、暖かいツッコミ頂きました。ご指摘頂いた箇所は修正してあります。まだまだ出てきそうな気がしますが。
毎回つたない同定で申し訳ないです。
見捨てずに、ご指摘いただきありがとうございました。
これからも精進して参りますので、末永くよろしくお願い致します。 
                                          (*´ω`)/ はらはち
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    しゅりさん、こんばんは。

    来てますね~
    来週どうしようか、早くも悩んでたりします(^_^)。

    おっ、良いですね。コーヒー飲みながら、無駄話でも。
    日曜日はいつでもOKです。時間と場所指定してください。
    はせ参じます。

  2. しゅり | URL | -

    週明けには次のが来てるよ(笑)

    また台風ですよ(^_^;)
    海も荒れてきて今週もダメみたい・・・
    あ~あ~
    コーヒーでも飲みに行きますか?

  3. はらはち | URL | -

    kudamaki さん、こんばんは。

    サカライマスオを検索してたら出てきた論文の要約によると

    「紀伊半島から四国へかけて分布するクロダヨシガイは, 殻前・中部の斜めの彫刻が後部の放射肋と斜交する点で, インド-西太平洋の熱帯域に広く分布するサカライマスオガイに酷似する。しかしながら, 日本産のものは殻が前後に長く, 後端がすぼまり, 殻表の彫刻が弱い点でサカライマスオガイと区別できる。このため, クロダヨシガイはサカライマスオガイの分布域の北東周縁部で出来た地理的亜種と考える。」

    ちゃんと読んでなかったのですが(^-^;)、南方系はサカライマスオみたいですね。
    いや、まったくもって二枚貝ややっかいです。

    > さて、もう一種、ハナオトメフデとされている貝、近海産図鑑での同定でしょうか?
    > そうでしたら、カバスジツクシに訂正されていますので。

    おわぁ!さらなるご指摘!やっぱりまだまだありましたね(^-^;)>

    久々に近海産図鑑トラップにかかってしまいました(T_T)。カバスジでしたか。
    正誤表もちゃんと見ないとだめですね。たびたびのご指摘ありがとうございます。

  4. はらはち | URL | -

    おーちゃんさん、こんばんは。

    おっ!あのヒントわかりましたか。何度か検索すれば、すぐ出てくるかと思います。

    まあ、いずれも私の知識ではなく、答えの地名を検索して、出てきたキーワードを並べただけでして。
    博識なんて恐れ多いです(^-^;)>

    次回は是非、立ち寄ってみてください。台風以外でもそこそこ拾えるはずです。

    次回は、微小貝とまでは行かないですが、小ぶりのやつもたくさん出てきますのでお楽しみに。

  5. はらはち | URL | -

    リキシマンさん、こんばんは。

    はい!楽しいです(^-^)
    沖縄に住んでて良かった!と心から思いました。

    あれは、やっぱりサカライマスオですか。擦れを考慮に入れると、さらにややこしいですね(T_T)。

    kudamakiさんの了解もありましたので、サカライマスオに訂正しておきます。
    ご指摘ありがとうございました。

  6. kudamaki | URL | SFo5/nok

    なるほど

    リキシマンさんの、長年の?経験を出されては、納得せざるをえませんね。(T_T)
    擦れていることろまで想定していなかったので、画像を拡大して見ると確かに肋が飛び出しているようにも見えます。
    和歌山あたりのこの貝では、小さな個体は肋が飛び出す特徴をもったものも出ますから、地方変異か個体変異の域を出ないものなのかもしれません。

    コナツメガイも、勇み足でしたねぇ~。
    たいへん失礼しました。

    さて、もう一種、ハナオトメフデとされている貝、近海産図鑑での同定でしょうか?
    そうでしたら、カバスジツクシに訂正されていますので。

  7. おーちゃん | URL | dhc065uE

     こんばんは、私も検索かけたりしてやっと分かり?ました。ほんとに博識ですね。
     だからA&Wなんですね。近くにハンバーガー?なんて思ってました。
     採集結果、ここまでだとは。うらやましいかぎりです。沖縄に行く前にここを知りたかった。いつも落ちてるわけではないでしょうけど。もう一度沖縄に行く機会があれば、是非訪れてみたいものです。
     次回は、微小貝もあるとのこと。目の保養に、同定の参考に、楽しみにお待ちしております。

  8. リキシマン | URL | -

    クロダヨシガイ?

    こりゃ楽し過ぎるわ。こんなに拾えるとは沖縄の特権やな。
    クロダヨシガイと違うか?というkudamakiはんのコメント、ウーーンやな。
    ワシの経験では、奄美以南じゃ「サカライマスオ」のタイプしか見たことないのやけど・・・んで、この画像も、むしろ波で角張り部分が取れて丸うなったと見るほうがええのとちゃうか?

  9. はらはち | URL | -

    kudamaki さん、こんばんは。

    そうなんですよねー。もう大物しか目が行きませんでした。
    ただし、次回17号では分け合って、小物探しにシフトチェンジしております。
    次回はもう少し小さい貝もちょこっと出てきます。

    なるほど、クロダヨシガイは「周辺の放射肋が、周辺を出ていない」で見分けられるんですね。
    む、むずかしい(T_T)論文も出ていたのでちょろっと読んでみましたが。地理的亜種になるとか。
    う~ん。

    おっしゃるとおり、リスガイはネズミガイの間違いでした (ノ▽`)アチャー。


    > ナツメガイ2個体の内、上の個体はコナツメのようですが、模様に特徴が出ていませんか?
    おっと、これは最初からコナツメにしてありますね。見間違いのようです。

    いつもご指摘ありがとうございます。
    まだまだ、若輩者ではありますが、よろしくご指導の程お願い致します(^_^)>。

  10. kudamaki | URL | SFo5/nok

    いい収穫ですね

    こんばんは。
    これだけ打ちあがっているのなら、小さい貝も気になることろです。
    拾っているときは夢中になっていたのでしょうね。
    画像気になるものがありました。
    サカライマスホウは、周辺の放射肋が、周辺を出ていないようなので、クロダヨシガイかと。
    これは他の方の意見も聞いておきたいところです。
    リスガイとされている貝は、模様も多く、ネズミガイのように見えます。
    ナツメガイ2個体の内、上の個体はコナツメのようですが、模様に特徴が出ていませんか?

  11. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんにちは。

    ジュセイラやウシノツノは難易度高いんですね。取れて良かったです(^-^)。

    ミカンレイシで良いんですか。どちらにしても初物でしたのでこれも◎です!
    内地では、普通にいくつも拾われている方がいるみたいですね。

    二枚貝は難しいですね。
    合弁か、綺麗だったり形が面白いやつは持って帰ってますが、
    なかなか本格的に集めるにはまだハードル高しです。

    臍孔がガッツリ開いたタマガイはサンドポンプもので、小さいやつはいくつも拾ってますが、
    今回は大物なんですよね。この臍孔が開いたやつって何でしょうね?
    すごい気になります。

    メオニノツノガイ幼貝。確かに色はだいぶ違いますが似た幼貝を拾ったことがあります。
    その時ハメオニノツノガイ幼貝としていました。帰ってから確認してみます。
    ご指摘ありがとうございます。

  12. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんにちは。

    初物はたとえ普通種でも嬉しいですよね。

    これだけ取れちゃうと、あとの採集が色あせて見えて、困りますよね。
    モチベーションが下がってしまいそうで、怖いです。

    私は表面のイボイボとかで見分けてます。イボイボありが確かコゲチドリでした。
    あとは気合いで!これはメノウチドリなんだあぁよおと念じれば、ねっ。

  13. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    大成果ですね!!
    ショウジョウラとジュセイラを一気にとは、すごいです!

    今回の中で、ウシノツノだけは、まだ持ってません^^;
    ずっと憧れてるんですけどね~^^

    カスリミカンレイシは、ミカンレイシの色違いで、同種だそうですよ。
    まぁいずれにしても、沖縄では少ないですよね~!
    私は、沖縄では瀬底で1個(ミカンタイプ)、瀬嵩で1個(カスリタイプ)しか拾ってません。
    (寧ろオゴクダではミカンを何個か拾った記憶があります)

    virol さんに出されたヒントは、どれも答えが分かりません(^^;
    はらはちさんの博識さに感銘を受けております。
    ミズゴマは、答えを知ってるはずなのに、かえって大混乱しちゃってます(爆

    ゴマフザルは、ミズゴマはリュウキュウザルと同種だと思っています。
    二枚貝好きの方の、ご見解をお伺いしたいところです^^

    不明タマガイは、ムクマンジュウガイ?
    うーん、これはよく分からないです^^;
    (同じものをどこかで拾ってるとおもうのですが…)

    なお、赤字の「クダマキガイ科」は、メオニノツノガイの幼貝でしょう。
    ご検討下さい。

  14. しんけんパパ | URL | -

    初ものがいっぱいですね。

    あんまり取り過ぎると、後の楽しみが無くなりますよ^^

    メノウチドリとコゲチドリの見分け方を教えてほしいんですが。完品なら区別できるんでしょうけど(T T)

  15. virol | URL | -

    ありがとうございます~✩

    リクエストに答えて頂き恐縮です・・✩キーワードを辿りながら探すのが好きで楽しみが増えました✩ありがとうございます✩気分はやっぱりここで一発でしたか~✩やっぱそうじゃなくちゃね~♫

  16. はらはち | URL | -

    virol さん、こんにちは

    きてるでしょー(^-^)。
    あまりに数が多いので、種名をチェックしながらUPしてたらこんな時間になってしまいました。
    お待たせしてスイマセンでした。

    確かにイモガイは種数、個体数ともに多かったですね。
    種類でいうと、ヒラマキイモとサツマビナは状態の良いものがゴロゴロしてる感じです。
    スソヨツメもあと一息なんですけどね~。

    一番最初に訪れた時ではなく、この日訪れたときの気分?ですよね。
    それなら、確実にここで一発!当ててやるみたいな気持ちでした。
    前回すでに、なかなかの収穫でしたので、きっとたくさん打ち上がると信じて突撃しました。

    遠回しによるリクエストにお応えしてヒントを差し上げたいと思います。
    歴史的ヒントがほしいと勝手に解釈させて頂き、以下のキーワードを挙げてみました。

    ●平安時代に起こった藤原氏による最後の他氏排斥事件。
    ●中国の鄭仁旻の時代につかわれた元号のひとつ
    ●土讃線にある駅の1つ。駅の前には海水浴場があり、県立自然公園となっている。

    これに共通する言葉がココの地名になります。ちょっと遠回りしすぎかな?
    余興としてお楽しみ頂ければと(^-^;)。

  17. virol | URL | -

    きてますね~✩

    おはようございます~✩まだかまだかと12時過ぎまで頑張ったんですが・・(;^_^Aそれにしてもなかなかの仕事っぷりでいい仕事でしたね~✩A&W浜はイモ貝系が豊富な感じ??でしょうか・・✩ここまで色々な種類が見つかれば時間も何も忘れてしまいそうで・・✩それとタカラガイではスソヨツメあと一息で完璧品ってのが惜しいせすね~✩ただここまで模様が残ってるのもいい感じで・・✩是非とも訪れてみたい場所です✩何とか自分なりにリサーチしてみたんですが多分こちら方面には1・2回程しか通った事がないので記憶も何もないんですが遠まわしなヒントって言いますかここは近くに昔の武将の名前??か何かありますか??それとこの日ここを訪れる気分としてはもう帰りしなに少し寄ってみよかそれとも次を目指して頑張ってみようかのどちらの気分でした??変な質問で恐縮ですがよろしくおねがいします✩

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks