アカシマミナシ (イモガイ科)

11:14

Conus generalis
アカシマミナシ-腹面

アカシマミナシ-背面

アカシマミナシ-殻頂

この前のロウソクガイにつづき、今回は元祖?ロウソクということでアカシマミナシを紹介します。

尖った殻頂や逆三角形の体層がロウソク(和蝋燭)を連想させることから、別名でロウソクイモと呼ばれています。

ただし、幼~若貝のうちは殻頂付近は平らにならず、殻頂が全体的に尖るので、同種?な感じです。

学名の「generalis」は「一般的な」という意味だそうです。となると、この貝がイモガイのスタンダードな形なんでしょうか?
模様も派手だし、形もちょっと変わった貝だと思っていたのですが。


大きさほぼ80mm。採集場所はカーミージーの潮間帯にて。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボさん、こんにちは。

    > おっ、ハイター大作戦の時の子ですね^^

    そうそう、1年前のことですね(^-^)。あのときはミズゴマツボさんにもいろいろお世話になりました。


    アカシマミナシはやっぱり少ないんですねー。手に入れられたことを感謝しないといけないですね。
    幼貝がまた違った形をしてるようなので、それも見てみたいものです。


    名前ネタは私も大好物なので、できるだけネタ探ししていきたいと思います。

  2. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    おっ、ハイター大作戦の時の子ですね^^

    アカシマミナシは、カケラを見つけただけでもテンションが少し上がるぐらい、芋の中でも好きな貝です。
    やっぱり「少ない」と思いますけど…

    >学名の「generalis」は
    へぇ、そんな学名だったとは(基本、和名やさんなので^^;)
    取り上げて頂くと、改めて勉強になります^^

  3. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんばんは。

    1度に2個ゲットとかスゴイですね。私はまだ、これ1個しか持ってないです(T_T)。
    もちろん生貝なんかは未見です。

    しんけんパパさんが採集された場所の環境がよかったのではないでしょうか。
    図鑑に少ないと書かれているぐらいですからね、どこにでもいるわけではないのでしょうね。

  4. しんけんパパ | URL | -

    アカシマミナシ、自分が持っている唯一の尖がりイモガイです^^
    1個収集後1年収集できなかったので、「沖縄の海の貝」のとおり少ないのかなと思っていました。
    が、先日同じ日に2個ゲット。
    普通種なんですかね。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks