--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貝みっけ! -岩場編 その1-

12:34

用事のついでだったり、貝殻拾いの途中だったりで、ちょこちょこ生貝の方も探してたりするのですが、
普通種ばかりだったり、1,2種類しか探せなかったりする場合が多々ありまして、
これまではお蔵入りしていることが多々ありました。

紹介するほどでもないんだけどなあと思いつつも、それをそのまま眠らせておくのももったいないし、
記録として残しておきたいというのもありまして。

これからは、内容は期待できないですが、淡々と紹介していきたいと思います。
メモ程度の内容ですので、さらっと流して呼んで頂ければ幸いです。

場所は、この前の地味貝さがしでウロウロした海岸の近くです。
はまってしまった勢いで、探索範囲を広げて探してみました。用事の途中なのに(^-^;)

ご覧の通りの岩場ですが、こちらは飛沫帯よりさらに上の方。どちらかというとオカミミガイ科のテリトリー。
ノッチ

やっぱり普通種ばかりですが(T_T)、この前とはひと味違った貝が出てきます。
大きな岩のくぼみ。
奥の方に白い貝がいくつも見えます。
岩の奥

黄色がかったツルツルの殻はツヤハマシイノミガイです。雨上がりということもあり、活発に動いています。
ツヤハマシイノミツヤハマシイノミ02

背面側は結構シワシワだし、かなり細長い豆みたいな殻ですが、これもたぶんツヤハマシイノミガイだと思います。
腹面側やっぱりツヤツヤです。こんな細長いツヤハマははじめてみました。
ツヤハマシイノミ03ツヤハマシイノミ04


ツヤハマシイノミガイに似てますが、こちらはスジハマシイノミガイ。
殻の色が黄色くないですね。それに写真ではわかりにくいですが、殻頂のところに細かいスジがたくさんはいるのが特徴です。
このスジハマ、白い個体しかみたことないですが、茶色と白のシマシマ模様のやつもいるようです。
スジハマシイノミスジハマシイノミ02

こちらはちょっと海よりの岩の上の方。前回初登場だったイシダタミアマオブネです。
イシダタミアマオブネイシダタミアマオブネ02

岩場の上の方の乾燥したところから飛沫帯近くまであちこちに分布していた貝です。
5mm程度の小さい貝です。カワザンショウガイ科のなにかです。ウスイロヘカドガイかな?
ウスイロヘソカドウスイロヘソカド02

これは左がイボタマキビで、右がクビキレガイになります。
イボタマキビクビキレガイ

リュウキュウアマオブネですね。水辺からはだいぶ離れたところにいるアマオブネの仲間です。
リュウキュウアマオブネ リュウキュウアマオブネ02

名前もかわいいですが、小さいけどトゲトゲの殻もまたよし!お気に入りのコンペイトウガイです。
コンペイトウガイコンペイトウガイ02

以上、岩場の貝達でした。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボ さん、こんばんは。

    そういって頂けると、心強いです(^-^)。続編もちょこちょこ更新していきたいと思います。

    微妙な環境なんかも探して見たいと思います。もしかして新種発見?なんてことにも(^-^)おいおい

  3. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    それぞれの生息環境がリアルに記録されていて、「教科書的」な意味でとても貴重な記事ですね^^
    「その1」とのことですので、続々と続編を!^^

    クビキレ、漂着帯などがあれば、岩場の飛沫帯でもいますけど、
    どちらかというと土っぽいところの方が多いですよね。

    是非、いろんな環境での「貝さがし」のupをよろしくお願いします^^

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。