キビムシロ (ムシロガイ科)

10:01

Niotha splendidula
キビムシロ-腹面

キビムシロ-背面

遠目でみると色落ちしたキヌヨフバイと勘違いしそうですが、
殻表面のツブツブがかなり大きめなので、違う種類だというのはすぐに気付きます。

よーく見ると、縫合下と体層中央付近に褐色の斑点が並んでいるのがかろうじてわかると思います。
さらに、殻口内がオレンジ色をしているのも特徴のひとつだそうです。
確かに口の奥の方がうっすら茶色くなってますね。

大きさ16mm。採集場所は人魚のいる浜です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks