--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルでもできる貝殻標本撮影! ⊂((o・⊥・o))⊃ ウッキー

22:27

極々一部からですが、熱いリクエストをいただいたので(^_^)、
今回は毎回掲載している貝殻の標本写真の撮影方法を紹介してみたいと思います。


まずはカメラです。
使っているのはニコンのD3000レンズセット。入門機なのでとっても安い。底値だった3万2千円ほどで購入しました。
レンズもレンズセット標準のレンズ18-55mmです。
三脚には3千円の安いものを。

基本、入り口ではお金をかけないというのが私のモットーです(`・ω・´)キリッ 
カメラセット

つづいて背景とライティングについてです。
■ セッティング (背景とライティング)

照明は室内の窓から入る自然光のみで撮影しています。その自然光も直接被写体には当たらないようにしています。
光が強すぎると影が濃くなってしまいますからね。私はなるべく影がなくなるような工夫をしています。

自然光は天気や時間帯によって明るさや色味が大きく変わるので、なかなか難しいところもあります。
晴れ曇りの日で、部屋全体が明るくなってる時がベストかな。

ただ、私の場合はパソコンで補正することが前提なのでそのへんはあまり気にせずガンガン行ってます。
雨の日以外はたいていOK。
カメラセット02

背景に置いている画用紙ですが、これは100円ショップで買ってきた12cm×17cmの色画用紙です。
背景に使う画用紙01

色が10色あります。使うのは数種類ですが、貝やその日の気分にあわせて選べるのがGOOD!
以外に重宝しています。
背景に使う画用紙02

そして、実は一番重要なのがレンズの後ろ?に立てたレフ板がわりの白い画用紙。
窓からの自然光は貝の上側からくるので、暗くなった下側を照らすためのものです。
レフ板がわり

これがそのレフ板なし(左)とレフ板あり(右)の撮影結果です。違いは歴然ですね。
貝の下に落ちたじゃまな影がだいぶ目立たなくなりました。貝の下の方も暗かったのがだいぶ明るくなっています。
 レフ板ありなし

ついでに貝の固定方法について説明しておきます。
私が使っているのはデッサン用の練り消しゴムです。左上の白い塊がちぎった練り消しです。
ねんどぐらいの柔らかさと粘着力があるので、小さくちぎって貝を固定することができます。
注意が必要なのは、細かい溝に残ってしまうことが時々あります。それも練り消しを残った所にペタペタ押しつければきれいに取れるのでそれほど気にしないで大丈夫かと。
練り消し-貝固定用


■ クローズアップレンズで撮影


さて、いよいよ撮影です。
ここで紹介するのはクローズアップレンズです。
カメラのレンズに取り付ける虫眼鏡みたいなもので、これで小さい貝などを大きく撮影することができます。

私が使っているのはケンコーの AC クローズアップレンズ No.4とNo.5です。
No.は1~10まであって、このNo.が大きいほど、被写体も大きく撮影することができます。
ACのほかにもMCというのもありまして、これはACのほうがよりシャープに撮れる上等なクローズアップレンズなんだそうです。
クローズアップレンズ
気になるお値段ですが、カメラのキタムラでネット会員になればACのNo.4で¥1,920円で購入できます。数万円のマクロレンズを購入することを考えれば超お得!

それでは撮影結果です。

●まずは標準レンズのみで撮影
撮影した画像を切り抜いたりしないで、そのままリサイズしています。貝の大きさは6.5mm。
レンズは最大ZOOMで、ピントが合うギリギリまで寄って撮影しています。標準ではこのへんまでしか寄れません。
通常のレンズのみ02

つづいてクローズアップレンズを装着して撮影します。
クローズアップレンズをつけると、ただズームされるだけでなくカメラ自体をより近くに寄せて撮影できます。
クローズアップレンズありとなし

クローズアップレンズのNo4を装着して撮影。貝の大きさが1.5倍ぐらいになりました。
4クローズアップレンズNo4

クローズアップレンズのNo5を装着して撮影。
No.4との違いはわずかですが、この二つを買ったことの意味は次の写真を見れば納得です。
クローズアップレンズNo5

クローズアップレンズのNo4とNo5を重ねて装着
なんとクローズアップレンズは重ねて使用することができるんです!これで約2倍の大きさになりました。
たった2倍と思うかもしれませんが、撮影した画像を大きくしてみるとその効果の違いがよくわかります。
クローズアップレンズNo4と5

それぞれの写真をトリミングして大きく表示してみましょう。まず、通常レンズのみの画像を切り抜きしたものです。
ボケもありますが、小さいものを無理矢理大きく表示したので、どうしてもノイズが目立ってしまいます。
クローズアップレンズなしのトリミング

こちらがクローズアップレンズNo4と5を重ねて装着した画像の方です。画像のクリアーさはだいぶ違うと思います。
(露出補正を忘れてたのでちょっと白っぽくなってますが、これも大丈夫。あとで補正していきます!)。
クローズアップレンズありのトリミング結果



■画像補正


さて、ここからはデジタルの本領発揮です。画像補正をしていきます。

【補正その1】

まずは、フィルターの「シャープ」機能を使って、ボケを治します。
貝のアウトラインのボケを中心に全体的にシャープになったのではないでしょうか?
補正-シャープ  

【補正その2】
ちょっと画面が全体的に暗いので、画像補正の「レベル補正」などを使って、ちょっとだけ明るくして、コントラストを強くしました。明るいところはより明るく、暗いところはより暗くなり、さらにクリアーな感じになりました。 
補正-コントラスト

【補正その3】
背景の汚れが気になりますね。貝の上の黒点を消してみましょう。
スタンプツールと言う便利な機能で、背景の綺麗なところ拾いつつ、黒点の部分に載せていきます。
貝の汚れも消したいところですが、そこまでやってしまうと嘘の写真になってしまうので補正もほどほどにしておきます。
補正-汚れ消し
とりあえずこんなところで完成です。いかがでしょうか?

【おまけ】
参考にクローズアップレンズなしで撮った方の画像補正結果はこんな感じです。
同じようにシャープを1回かけて、全体的に明るくしてみました。(シャープはあまり強くかけるとノイズが酷くなります)
かなりがんばってますが、上と比べるとボヤッと感がどうしても直りません。
クローズアップレンズなしの画像補正


この補正作業には、いつもPhotoshop(フォトショップ)を使っていますが、買うとなると結構な値段しますので、
機能限定版のPhotoshopElementsというソフトが、1万弱で購入できますので、そちらも検討してみてはいかがでしょうか?

そんなに出せない!という方!実はネットで簡単にダウンロードできるフリーソフトがあります。
私は、そちらをオススメします。
最近のフリーソフトの中には昔のフォトショップ並の機能は普通にできるものがあり、上で紹介したぐらいの作業ならフリーソフトでも十分可能です。
ちょっと調べたところでは「PhotoScape」というソフトが、リサイズやトリミング、コントラスト、シャープ、フィルターなどの画像補正のできるようです。是非試してみてください。



以上、貝殻標本の撮影方法でした。参考になったでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    sidatami さん、こんばんは。

    > 6枚目の写真の左側の画が、HPの写真 まんまだったので、笑ってしまいました。
    いや、ほら、この写真が良くないというわけではなくて、それは好みの差ですからね(^_^;;)>。

    > 陰を無くし、明るくするのはやはり手の込んだ作業だったのですね。感心です。

    人によっては両側から挟み込むように照明を当てて影を消したりしてるそうです。色々方法はあるようです。
    私もまだまだ工夫の余地ありと思ってます。日々精進ですね。

    > (お金に余裕があれば)、ずぐに試してみようと思います!
    > 貴重な情報をありがとうございました。
    基本、できるだけお金をかけないがモットーですので。ボチボチやるのがベターだと思います(^_^)。

  2. sidatami | URL | zjYrGLtU

    6枚目の写真の左側の画が、HPの写真 まんまだったので、笑ってしまいました。
    陰を無くし、明るくするのはやはり手の込んだ作業だったのですね。感心です。
    (お金に余裕があれば)、ずぐに試してみようと思います!
    貴重な情報をありがとうございました。

  3. はらはち | URL | -

    もふ さん、こんばんは。

    フラッシュやライトを使った撮影もうまくセッティングすればカッキーンとしたクリアーな写真がとれるようですが、
    わたしは自然光のほんわかした感じが大好きです。
    このへんはどちらが一番というより、好みなんでしょうね(^_^)。

    この記事を書いてから慌ててインストールしたんですが、photoscapeなかなかオススメかも。
    古いフォトショップを使ってた私にとってはとても今風のインターフェースで新鮮でした。
    操作性もそれほど悪くはないと思います。





  4. もふ | URL | gIYQI5Sw

    うーん、凄い!

    セッティングから撮影、最後の補正まで、貝への愛をひしひしと感じます!
    やっぱり貝を撮るなら太陽の光が一番なんですねー(ノ゚ο゚)ノ
    いつもフラッシュを使ってました…。

    画像の補正もしたことがなかったのですが、photoscape、ちょっと試してみようと思います。
    参考にさせて頂きます!

  5. はらはち | URL | -

    untikusai さん、こんにちは。


    コンデジも機種によりますが、わたしが持ってるコンデジの3cmマクロなら、もしかしたら一眼レフ+クローズアップレンズよりもきれいに撮れるような気がしています。
    せっかく買った一眼レフの使い道がなくなってしまうので、怖くてちゃんと試していないのですが(^-^)。

    1mm以下の貝まで守備範囲なんですか!!もう別の次元の話ですね。写真ちょっと見てみたいです。

    練り消しは貝と長く一緒においた場合、貝のほうが劣化したりしないですかね?どうなんでしょう?。

    手ぶれ解消は三脚だけではどうにもならず、なかなか難しい問題ですよね(T_T)。
    レリーズを使用するのはどうですか?コンデジ用のレリーズも売っているようです。
    PENTAXのS1というコンデジには赤外線のリモコンでシャッターが切れるレリーズが別売りですがあるそうです(個人的にはすごい興味ありです)。
    お金をかけないのであれば、タイマーシャッターとか。これは私も試したことがありますが、カメラが毎回設定しないといけない仕様だったので使わなくなってしまいました。

    photoscapeですが、勧めた手前、私も試しに使ってみました!なかなか面白いソフトです。
    シャープ機能も10段階でかけられるし、トリミングやリサイズも使い方を憶えれば簡単にできそうです。
    是非お試しあれ。

  6. はらはち | URL | -

    しんけんパパ さん、こんにちは。

    三脚は千円ぐらいのもありますし、それでも手持ちよりは遙かにブレなしで撮れると思いますよ。
    とにかくできる範囲でやってみることが重要かなーと。

  7. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボさん、こんにちは。

    参考にして頂ければなによりです。
    お手軽クローズアップレンズ。是非試してみてください。
    マクロレンズと一緒に使ったらどうなるかが気になるところですねー(期待を込めて)(^-^)。

  8. はらはち | URL | -

    それじゃでかすぎ!(^-^;)

    ミズゴマツボさん、ご指摘ありがとうございます。
    相変わらずでスイマセン(^-^)。

  9. untikusai | URL | qbIq4rIg

    一眼レフですかー

    レフ板は白い画用紙でいいんですかー。
    照明は使わず自然光だけだとか。
    何だか難しく考えていたようですね。

    問題のカメラですがやはり一眼レフですか・・・・。
    untikusaiのコンデジはマクロがありますがピントがうまく合いません。
    スタンド使っているのに何故か・・・。

    固定方法は考えましたね。
    100均でも同じようなものがありました。
    ケース内の固定にも使えそうですね。

    微小貝の撮影にデジタル顕微鏡まで買いましたが上手くいきませんでした。
    1mm以下の貝でも顕微鏡だと60倍となりはみ出てしまいます。
    全体を撮影したいのに・・・・。

    今苦労しているのはシャッターを押すときのぶれです。
    息を殺しての撮影は緊張しますね。
    それでも成功率はかなり低いです。

    画像も上手に補正されてたんですね。
    汚れなんかは消すにこしたことはないです。
    はっきりクッキリなのは最高ですね。
    photo scape 使ってみたいと思います。

    苦労されたノウハウを教えていただきありがとうございます。
    片手撮りなら自信があるんですが・・・・。
    (´Ω`)

  10. しんけんパパ | URL | -

    すばらしいです。
    反射板なんか、考えつきません。
    お金をかけない・・良い言葉ですね。
    ただ、サル以下なので(三脚すらもっていないので)、真似できませんが(笑

  11. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    詳細なご説明、ありがとうございました^^
    (大変な労作の記事ですね!!)

    いやぁ、やはり、かなり手が込んでらっしゃるのですね~
    レフ板とクローズアップレンズの効果は、抜群ですね!
    私もまねしてみます。
    (まずは、クローズアップレンズを購入しなきゃ!?)


    画像処理って、本当に効果的なんですね。
    小さ目の貝って、撮ること自体をハナからあきらめていたのですが、
    なんだか勇気を?もらえました!
    ありがとうございました^^

  12. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。