ナツメガイ (ナツメガイ科)

20:43

Bulla vernicosa
ナツメガイ-腹面

ナツメガイ-背面

ナツメといっても夏目雅子のナツメではなく、木の実の方のナツメだそうです。木の実ナナとも関係ないかな(*゚‐゚)たぶん。
ナナは蛇足でしたが、夏目雅子大好きでした。「鬼龍院花子の生涯」は最高です。西遊記とか。
話が戻りませんね(^_^)。

さて、ナツメ(棗)の実がイメージ出来なかったので、検索してみました。
結構似てますね。模様はもう少し薄くなりますが、これをもっと赤くした感じです。

ナツメガイは以前紹介したコナツメガイに比べると大きくなります。
写真のやつで大きさ27mm。手持ちの最大は3.5cmですが、大きくなると5cmにもなるそうです。
ちなみにコナツメガイは大きくて3cm程度だそうです。

見分けるポイントは、ナツメガイは殻表の白い模様がまだら状になりますが、
コナツメガイは白い模様は三角形で、先だけが黒くなります。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    sidatami さん、こんばんは。

    > 貝旅から帰ってきて、整理が終了しました。
    > 北海道でも、南のほうには南の貝がいるんですね。
    そんなに違いが?と思いましたが、地図を見たら北海道の北と南は那覇と鹿児島ぐらいの差があるんですね。
    スケールでかすぎ!。でっっかいどー(^O^)。


    > HPがちょっと鮮やかになりました。嬉しいような悲しいような・・・
    本来いないものがいるようになるのは、一概に喜べないですよね。最近では温暖化問題なんかもありますから。
    沖縄でも魚なんかを筆頭に南方からの生物の侵攻はどんどん進んでいるそうです。
    素直に喜べないですね。でもやっぱり台湾とかの分布種なんかを拾ったら小躍りして喜んでしまうんだろなーと思います。

    > ついにタカラガイもGETです!
    > https://sites.google.com/site/kitanoex/koushin-rireki-1
    ほんとスゴイですね。見てびっくりしました。

    > ナツメガイ、科は違いますが似た形のブドウガイを今回の旅で採取しました。
    > 殻だけ見たら巻貝なのに、アメフラシなどの仲間なのですね。

    ブドウガイ科の貝は沖縄でもたくさんいますが、ブドウガイは北海道以南が分布域なんですね。
    北から南まで。たくましいヤツですね。

  2. sidatami | URL | zjYrGLtU

    貝旅から帰ってきて、整理が終了しました。
    北海道でも、南のほうには南の貝がいるんですね。
    HPがちょっと鮮やかになりました。嬉しいような悲しいような・・・
    ついにタカラガイもGETです!
    https://sites.google.com/site/kitanoex/koushin-rireki-1

    ナツメガイ、科は違いますが似た形のブドウガイを今回の旅で採取しました。
    殻だけ見たら巻貝なのに、アメフラシなどの仲間なのですね。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks