コシラタマ (シラタマガイ科)

21:36

Niveria pilula
コシラタマ-背面

コシラタマ-腹面

終わりも近いぞ「ザ・微小貝」第6弾です。今回は大好物のシラタマガイ科。

そのなかでも、丸さと小ささでは他の追随を許さないシラタマガイ科のエース、コシラタマの登場です。
大きさは4mmちょっと。

真ん丸で他のシラタマより一回り小さいので、区別はしやすいです。

他のシラタマガイの仲間は区別がむずかしい(´・ω・`)。
私が区別しているのは赤い斑点があるバラフシラタマとこのコシラタマぐらい。
あとはまとめてひとつの袋に。いつかちゃんと名前を調べようとは思っているんですが・・・・・・。

コシラタマはシラタマガイに比べると数は少ないようです。シラタマガイがたくさん落ちていたら、がんばって探してみてください。
シラタマガイを20個ぐらい拾うと1個おまけで付いてきます(^_^)。

よく拾うのは名護のビーチ。あそこはシラタマ天国です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks