フルヤガイ (ニシキウズガイ科)

21:54

Stomatia phymotis
フルヤガイ-腹面

フルヤガイ-背面

フルヤガイ-殻頂

地味ですね。

別に嫌いな訳じゃないです。でも、印象が薄くてどこで拾ったかもほとんど覚えてない(T_T)。
よーく見ると、変わった形をしてはいるんだけど、いかんせん地味。
クラスの目立たない子、みたいな存在です。

ただし、新鮮な貝殻だとどうやら殻の内側にアワビみたいな真珠層があるようで、
わたし脱いだらスゴインですみたいな感じ?それとも、裏地にはいい物使ってますよみたいな感じでしょうか?

とりあえず、あんまり地味なんで色違いの個体もおまけしときました。
フルヤガイ-色違い

白い方が大きさ19mm。採集場所はたぶん西原のビーチあたり。

早速、更新が滞りがちです。2月を乗り切ればなんとかなるかもしれませんが・・・・。
週末が必ず雨降りなのも痛いところです。



内側の真珠層がきれいに残った上等貝殻が拾えたので、更新しておきます。
フルヤガイ02-腹面

フルヤガイ02-背面
殻高17mm。採集場所はこちらの干潟
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボさん、こんにちわ。

    地味の中に良さを見いだすのがワビサビってことでしょうかね(^_^)。

    今日も天気悪いですね(T_T)。
    今週はさらに気温もグッとさがるようですし、ますます海が遠のいてしまいます。
    パソコンの前に座るのですら、厳しい時期になりました。

    こんな時は、用事のついでに採集が一番なんですけどねー。それすらないわたしは欲求不満気味です。
    昨日、思いあまって宜野湾のトロピカルビーチに行ってしまったのですが、焼け石に水でした(T_T)。

    ほんとうに夏が恋しいですね。

  2. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    フルヤガイ、地味ですよね~!!
    でも渋いヤツですよね^^

    あの背中のごつごつ感なんて、哀愁すら感じてしまいます。
    近縁のアシヤガマなどに比べると、酸いも甘いも噛みしめて生きてきた感じに、どうしても判官贔屓の感情を抱いてしまいます。


    >週末が必ず雨降りなのも痛いところです。

    良い天気が、なかなか休みに当たらないですよね。
    冬型が卓越しているときは、本島西岸の打ち上げが狙いというのは分かっているんですが、最近の週末は休息を取ることを優先したくて、拾いに行けてないです^^;
    (東海岸は、仕事がらみで立ち寄る機会があるのでちょくちょく行ってますが、この時期は成果が厳しいですね^^;)

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks