--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイイロミナシ (イモガイ科)

23:34

Conus rattus
ハイイロミナシ-腹面

ハイイロミナシ-背面

ハイイロミナシ-殻頂

う~ん、ハイイロミナシという名前ですが、灰色には見えないですね。
他のサイトで紹介されている個体だとさらに明るい感じの茶色が多いようですし。
調べてみると、種小名のrattusはクマネズミ属の属名にも使われているようで(Rattus rattusはクマネズミ)、
ネズミ→ねずみ色→灰色といったかんじで付けられた名前かもしれません。

そういえば、ねずみ色って、久々使ったような気がします。
私が鼻水垂らした子供の頃は、鼻水の色は緑色だし、灰色はたいがいねずみ色って言っていたような気がします。
最近あまり聞かないような。
幼稚園などではいまだに現役だったするのかな?
使われなくなったのか、それとも世代によって使い分けされてるのか。どうでもいい話ですが。

大きさの方は21mm。まだ小さい個体で、大きくなると40mmを超える物もあるそうです。
採集場所は前回のヤナギシボリダカラと同じ北部のリーフ内。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    ミズゴマツボさん、いつもコメントありがとうございます。

    わたしも、ほどよい大きさと渋めの模様が大好きです。

    それにしても、ミズゴマツボさん、標本の数はすごいことになってないんですか?。
    ブログにも載っていたあの箪笥はもういっぱいいっぱいなんでしょうね(^-^)。

    最近週末天気が悪くて、貝拾いに行けませんね。本格的な忙しさが来る前に行きたいところです。

  2. ミズゴマツボ | URL | MVeWi886

    ハイイロミナシとは、渋いところを突いてきますね^^;

    地味なイモガイですけど、実はすごく好きな種類で、
    多少摩耗していてもついつい拾ってきてしまいます(笑

    摩耗が進むと、だんだん紫色になってくるじゃないですか。
    そういう個体は、標本としてはダメダメなんですけど、
    なんだかそこが愛らしいというか…^^;

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。