岩場が俺を呼んでいるんだ!

23:51

前回のつづきです。まだまだ河口。
河口岩場
中央を流れる水は川の水です。そこは何もいなかったので、さっさと渡って奥の岩場へ。
アマオブネガイ科はちょっと一休み。
岩の上はアオサらしき海藻とカキがたくさん。
岩場に張り付く貝の仲間

中央の丸い貝はカキではなく、コウダカカラマツあたりかなぁと。
周りを取り囲むのはカキの仲間。
沖縄にいるカキの仲間は外来種など各種入り乱れているようで、素人の私にはアンタッチャブルな領域なので、 
華麗にスルーさせていただきます。
カキとコウダカカラマツあたりかな

岩の裏っかわに張り付いたイガイガの貝発見!
テツレイシ?01

黒い口はもしかしてテツレイシ?テツレイシは口の外側がもっとイガイガするんですが、まだお子様なのかな?
テツレイシ?02

砂粒を背負ったニシキアマオブネがウロウロしてます。
活動時間以外は砂の中に潜ってるため、出てきたときも砂だらけのままでいることが多いです。
砂を背負ったニシキアマオブネ

さらに岩場。くぼみに寄り添ってじっとしている貝を発見! おなじみのキバアマガイです。
キバアマガイ01

夜行性のこの貝は今の時間はまだお休み中です。 
キバアマガイ02

お休みのところ失礼してキバアマガイの口の方を拝見。
まさにキバッってかんじです。 口がガオーっていってますね。
キバアマガイ03

またトゲトゲの貝 。
テツレイシ01

これはきっとテツレイシでしょう。                    たぶん。
アッキガイ科は常に不安がつきまとうのはなぜでしょうか?
テツレイシ02

だいぶくたびれたというかザラザラした表面の、よく見ないと小石と間違えそうな貝を発見!
オオアマガイ01

この貝はオオアマガイですね。
お尻がすり減ってる?(ように見える)のが見分けるポイントです。 
オオアマガイ02

さらに奥へ奥へ。 岩場がこっちへおいでと誘います。

途中ポケットビーチなんかもありますが、大きな岩がゴロゴロ。波あたりも強そうです。
奥のポケットビーチへ

これまた、派手なマルアマオブネです。
マルアマオブネ01

ところが、ひっくりかえしてみると蓋が真っ黒!!こんな色の蓋をもったマルアマオブネっているんでしょうか?
私は見るのは初めてです。 蓋以外はマルアマオブネのようなんですが。
オオアマガイ02

近くにいたマルアマオブネを拾ってみると、いつものクリーム色や灰色の蓋もちゃんといました。
オオアマガイ03

もう一つ、黒い蓋の個体。さっきより一回り大きい個体です。
蓋の色以外は普通のマルアマオブネのようですが・・・・。
オオアマガイ04
とりあえず、珍しいマルアマオブネだなぁということで。


岩の上をムシロガイの仲間がコソッと移動中。
顔も出さずスーっと動いていたのが、 なんとなくコソコソ移動してるように見えたんもので(^-^)
ミスジヨフバイ01

そう言うヤツは、さっそく捕まえて、口の方を拝見。
う~ん、たぶんミスジヨフバイかと。
だいぶ黒っぽい個体ですが、体層に黒い帯状のシマシマが三本見えるような。
ということでとりあえずミスジヨフバイに。
ミスジヨフバイ02

調子に乗って岩をひっくり返したら、ナマコのお子様達?がいっっぱい。ひあぁぁー。
たくさんいると気持ち悪い。慌て岩を戻そうとしたその時・・・
ナマコの子?

わたしもナマコ!とちゃっかり紛れ込んでいた貝を発見!  危うく見逃すところでした。
ヒメテツヤタテ02

口の方。
ヒメテツヤタテですね。 ちなみに、これも当ブログ初登場!
ヒメテツヤタテ01

さらに初登場をもう一つ。
こちらはコソコソどころか、ズアーっといった感じで、とにかくすばやく逃げまくる。
カメラのピントを合わせる前に石の裏に隠れてしまうほどの速さ。 足の速さはなかなかです。
何度も石をひっくり返しながら何とか撮った一枚です。
ハナダタミ01

口の方はこんな感じ。藻がついて真っ黒ですが、綺麗にすると赤茶色がかったシマシマ模様をしています。
名前はハナダタミ。
ハナダタミ02

といったところで、今日はこのへんでおしまいです。

次回もう少しですが、河口歩きお付き合いください。まだまだアマオブネガイもでてきます。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はらはち | URL | -

    しゅりさん、こんにちわ。

    > ヒメテツヤタテはこのナマコ?ゴカイの仲間?を食べているそうですよ。
    > 此れの居ない所には、ヒメテツヤタテは居ないそうですよ。

    うわっ、そうなんですか。
    あんなの食べるんですね。貝って見かけによらないものを食べるから、驚かされます。

    > 今では珍しく自然の残っている所ですね。

    なかなか面白いところで、遠くまで行ったかいがありました。干潟の方も行ってみたいですね。

  2. しゅり | URL | -

    ヒメテツヤタテはこのナマコ?ゴカイの仲間?を食べているそうですよ。
    此れの居ない所には、ヒメテツヤタテは居ないそうですよ。

    今では珍しく自然の残っている所ですね。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks